ベルギー大勝、スイスも全勝キープ

ベルギーが8点を奪ってエストニアに大勝し、ポルトガルはクリスチアーノ・ロナウドの2ゴールなどでラトビアに勝利。スイスとオランダも勝ち点3を積み上げた。

Cristiano Ronaldo (Portugal)
©AFP/Getty Images
  • ベルギーはエストニアに8-1と大勝し、グループHで単独首位に浮上
  • ポルトガルがラトビアを4-1と下した試合では、クリスチアーノ・ロナウド代表通算67、68点目をマーク
  • グループB首位のスイスは全勝を保った
  • オランダは敵地でルクセンブルクに苦戦しながらも3-1で勝利
  • 下記グループの次の試合:2017年3月25日(土)

グループA
ルクセンブルク 1-3 オランダ
途中出場のメンフィス・デパイが代表戦初の1試合2得点をマークし、オランダはルクセンブルクに苦戦しながらも勝ち点3を手にした。アウェーチームは36分にデイビー・クラーセンの巧みなアシストからアリエン・ロッベンが先制。しかし前半終了前、ジョシュア・ブレネットがペナルティーエリア内でダニエル・ダ・モタを倒すと、ルクセンブルクに与えられたPKをマキシム・シャノが沈めて同点とした。

Memphis Depay (Netherlands)
2得点したオランダのデパイ©AFP/Getty Images

それでもオランダは後半から出場したデパイが58分にダニー・ブリントのクロスを押し込み、勝ち越しに成功。代表公式戦で2014年FIFAワールドカップ以来となるゴールを決めたデパイは、終盤にもFKからの2点目でとどめを刺した。

ブルガリア 1-0 ベラルーシ
イベリン・ポポフが10分に決めたゴールが試合唯一の得点となり、ブルガリアはベラルーシに辛勝した。アウェーのベラルーシはボールを支配し、CK数で8対1とブルガリアを圧倒。シュート数でも上回ったが、相手GKブラディスラフ・ストヤノフを脅かすことはほとんどできなかった。終了間際にアレクサンドル・フレブを退場で失ったベラルーシは、この手痛い黒星で4位ブルガリアとの差が4ポイントに広がり、早くも厳しい状況に立たされている。

Switzerland player celebrate
スイスはまたしても勝利©AFP/Getty Images

グループB
スイス 2-0 フェロー諸島
スイスはフェロー諸島を下し、グループBで開幕4連勝とした。ホームチームは27分に先制。ファロン・ベーラミから浮き球のパスを受けたエレン・デルディヨクが、相手GKグンナー・ニールセンの股間にフィニッシュを流し込んだ。終盤にはアドミル・メフメディのミドルシュートがポストをたたいたあと、シュテファン・リヒトシュタイナーがヘディングでネットを揺らし、スイスの勝利を締めくくった。

ポルトガル 4-1 ラトビア
クリスチアーノ・ロナウドの活躍などにより、ポルトガルは勝ってスイスを追走した。前半にPKを決めたロナウドは、後半再び与えられたPKをポストに当ててしまったが、それだけでは終わらなかった。

Cristiano Ronaldo (Portugal)
ポルトガルを勝利に導いたロナウド©AFP/Getty Images

ポルトガルはその後、アルトゥルス・ジュジンスの得点で追いつかれたものの、わずか3分後にウィリアム・カルバーリョが頭で代表初ゴールを決めて勝ち越しに成功。さらにロナウドがボレーシュートを突き刺し、代表通算得点ランキングで4位に浮上すると、終了間際にブルーノ・アウベスが4-1とした。

ハンガリー 4-0 アンドラ
ハンガリーはアンドラに圧勝し、2連勝とした。ホームチームが前半に奪った2点は、いずれもバラージュ・ジュジャークが右サイドから入れたクロスによって生まれたもの。まずはゾルターン・ゲラが相手GKジョセップ・ゴメスのこぼしたボールを押し込み先制すると、続いてアダーム・ラングがリードを広げた。73分にはゲラがアシスト役に回り、アダーム・ジュルチョが得点。最後はアダーム・サライが巧みなヒールシュートでネットを揺らし、ハンガリーの勝利を締めくくった。

Romelu Lukaku (Belgium)
ルカクはベルギーの8点目を決めた©AFP/Getty Images

グループH
ベルギー 8-1 エストニア
ドリース・メルテンスとロメル・ルカクが2点ずつを決めるなど、ベルギーは2005年9月以来となる大差でエストニアに勝利を収めた。トーマス・ムニエルの代表初ゴールで幸先よく先制したホームチームは、メルテンスとエデン・アザールも得点し、25分までに3点をリード。しかし前半のうちにヘンリ・アニエルに1点を返された。

後半に入るとヤニク・カラスコがベルギーのリードを広げ、さらにメルテンスのクロスをクリアしようとしたラグナル・クラバンが自軍のネットを揺らして、スコアは5-1に。間もなくしてメルテンスは巧みなチップキックで自身の2点目を決めた。終盤にもルカクの2ゴールで突き放したロベルト・マルティネス監督のチームは、これで開幕4連勝。4試合で計21ゴールを奪っている。

Giorgos Tzavellas (Greece)
ギリシャは勝ち点1を確保©AFP/Getty Images

ギリシャ 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ヨルゴス・ツァベラスが土壇場で同点ゴールを挙げ、ギリシャに貴重な勝ち点1をもたらした。この結果、2位のギリシャはボスニア・ヘルツェゴビナに対する3ポイントのリードを維持している。アウェーチームはミラレム・ピャニッチのFKがポスト、そしてGKオレスティス・カルネジスの背中に当たってゴールを割り、1点を先行。その後エディン・ジェコとキリアコス・パパドプロスが退場処分を受け、共に10人となった。そして後半ロスタイムの終了間際、バウンドしたボールに合わせてツァベラスが鮮烈なシュートをたたき込み、試合をドローに持ち込んだ。

キプロス 3-1 ジブラルタル
ジブラルタルはこの試合までの公式戦で常に3点差以上で敗れていたが、この日は敵地ニコシアでキプロスを相手に奮闘した。コスタス・ライフィスのゴールで前半に先制したキプロスに対し、アウェーチームはリー・カシアロが決めて試合を振り出しに戻す。しかし、キプロスはピエロス・ソティリウ、そしてバレンティノス・シエリスが得点し、ホームゲーム最近14試合でようやく2勝目を挙げ、グループHで初めて勝ち点を獲得した。ジブラルタルは終盤にジェイス・マスカレーニャス=オリベロが退場となっている。