ノルウェー新監督にラーゲルベック氏

FIFAワールドカップ欧州予選でグループ5位と出遅れているノルウェーは、経験豊富なラーシュ・ラーゲルベック氏を新監督に任命。68歳のベテラン指揮官は「心を突き動かされるチャレンジだ」と抱負を述べた。

©Getty Images

アイスランドをUEFA EURO 2016準々決勝に導いたラーシュ・ラーゲルベック氏が、新たにノルウェー代表の監督に任命された。

ノルウェー・サッカー協会(NFF)は1日に記者会見を開き、ラーゲルベック氏の監督就任を発表した。2019年までの契約にサインした68歳は、これまでスウェーデン代表やナイジェリア代表でも実績を残している。

ノルウェーは2018年FIFAワールドカップ欧州予選グループCで5位と出遅れており、首位ドイツに勝ち点9差をつけられている。しかし2位北アイルランドと3位アゼルバイジャンとは4ポイント差だ。

「心を突き動かされるチャレンジだ」とラーゲルベック氏は語った。「ワールドカップ予選で苦戦を余儀なくされているので、我々はその現実を直視しなければならない。しかし、私はこのチームに可能性を見出している」。この新監督は3月26日に敵地ベルファストで初采配を振るうことになる。

ラーゲルベック氏はスウェーデン代表を率い、これまで5つの主要国際大会に出場。しかし指導者として最大の偉業といえば、ヘイミル・ハルグリムソン監督との双頭体制で率いたアイスランドを昨夏のEURO 2016でベスト8へ導いたことだろう。その道中にはイングランドを2-1で下す大金星を挙げている。

アイスランドが歴史的勝利を収めたUEFA EURO 2016のイングランド戦をハイライトで振り返る
アイスランドが歴史的勝利を収めたUEFA EURO 2016のイングランド戦をハイライトで振り返る