25日の欧州予選の見どころ

主力のCBを2人欠いてブルガリアとのアウェー戦に臨まなければならないオランダ、EUROの再現となるハンガリー対ポルトガル、そしてこれまでに続く大勝を狙うベルギーなど、25日のFIFAワールドカップ欧州予選の注目ポイントをまとめた。

©Sportsfile

新人に頼らざるを得ないオランダ
グループAは上位4チームが4ポイント差のなかにひしめく混戦状態にある。今節は首位フランスと3位スウェーデンがそれぞれ下位の2チームと対戦。一方、ブルガリアにとってはオランダとの直接対戦に勝ち、順位で相手を抜くチャンスだ。しかもオランダは、ジェフリー・ブルーマとビルヒル・ファン・ダイクというCBのレギュラー2枚を欠いてソフィアに乗り込まなければならない。

代役候補としてはラツィオのウェスリー・ホートやアヤックスのマティス・デ・リトなどが考えられるが、デ・リトはエールディビジでまだ7試合しか出場経験がない。そのため先発で出場する可能性は低いが、もし途中からでもピッチに立てば、過去86年間で最も若いオランダ代表選手の誕生となる(17歳255日)。
ブルガリア vs オランダ、20時45分

グループAその他の試合
スウェーデン vs ベラルーシ、18時
ルクセンブルク vs フランス、20時45分

EURO 2016ハイライト:ハンガリー 3-3 ポルトガル
EURO 2016ハイライト:ハンガリー 3-3 ポルトガル

欧州王者がハンガリーと再戦
グループBでは2位ポルトガルが3位ハンガリーをホームに迎えるが、この両者はUEFA EURO 2016でも激突。リヨンでの試合は白熱の展開となり、先制点をアシストしたポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドが、その後2本の同点ゴールを奪って勝負を3-3の引き分けに持ち込んだ

あれからハンガリー代表の平均年齢は1.5歳若くなり、今回の試合には代表経験のないマールトン・エッペル、ダービド・ホルマン、クリスティアーン・アドルヤーン、パウロ・ビニシウスらが招集された。ハンガリーはこの若きチームで対ポルトガル初勝利を目指す。過去11試合の戦績は4分け7敗。スイスがここまで4戦4勝で首位を独走していることもあり、今回は何としてもその悪い流れを断ち切りたいところだ。
ポルトガル vs ハンガリー、20時45分

グループBその他の試合
スイス vs ラトビア、18時
アンドラ vs フェロー諸島、18時

ハイライト:ベルギーがエストニアから8点を奪って大勝
ハイライト:ベルギーがエストニアから8点を奪って大勝

5連勝を狙うベルギー
今回の欧州予選、ベルギーはここまで21ゴールと合計得点で他チームに大差をつけている。ロベルト・マルティネス監督率いるチームは、グループHのライバルたちを次々と一蹴し、失点も8-1で圧勝した11月のエストニア戦での1点のみにとどめている。欧州予選で8連勝中のベルギーに対し、2位ギリシャも公式戦ここ5試合で負けておらず(4勝1分け)。ドイツ人のミヒャエル・スキッベ監督に率いられたチームは、UEFA EURO 2016でのふがいない成績は一度限りのスランプであったことを証明しようと意気込んでいる。
ベルギー vs ギリシャ、20時45分

グループHその他の試合
ボスニア・ヘルツェゴビナ vs ジブラルタル、18時
キプロス vs エストニア、18時

キックオフ時間はすべて中央欧州標準時