欧州予選24日:イタリアとスペインが無敗維持

FIFAワールドカップ欧州予選第5節の初日には、スペインが4得点を挙げてイスラエルに快勝。ただし、イタリアもアルバニアに2-0で勝利を収めたため、グループGの上位2強が同じ勝ち点で並ぶ状況は変わっていない。また、セルビアとクロアチアも大きな勝利を収めた。

チーム4点目を決めて喜ぶスペインのイスコ
チーム4点目を決めて喜ぶスペインのイスコ ©AFP/Getty Images
  • グループG上位2強のイタリアとスペインはそれぞれアルバニア、イスラエルに勝利し、勝ち点で並ぶ状況は変わらず
  • イタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンは自らの公式戦1000試合出場を無失点で飾った
  • ユベントス所属の守護神はカシージャスを抑え、欧州代表戦における最多出場記録を更新
  • グループIでは首位のクロアチアがここまで無敗のウクライナを破り、2位との勝ち点差を3ポイントに広げた
  • セルビアはジョージアに3-1で勝利し、得失点差でアイルランドを抜いてグループD首位に浮上
  • グループD、G、Iの次戦は6月11日(日)
  • 各試合のハイライトはこちら

グループD
オーストリア 2-0 モルドバ(アルナウトビッチ 75分、ハルニク 90分)
オーストリアは初戦以来となる勝利で、FIFAワールドカップ出場の望みがよみがえった。この日の試合はチャンスの少ない展開となったが、マルコ・アルナウトビッチのゴールでオーストリアが先制。左サイドから入れたクロスが誰にも触られず、そのままファーサイドのネットに突き刺さった。終了間際にはマルティン・ハルニクの追加点が生まれ、オーストリアの勝利を決定づけている。

オーストリアはホームでモルドバに快勝
オーストリアはホームでモルドバに快勝©Getty Images

ジョージア 1-3 セルビア(カチャトラバ 6分;タディッチ 45分PK、ミトロビッチ 64分、ガツィノビッチ 86分)
セルビアは先制を許したものの、ドゥシャン・タディッチが今予選4点目となるゴールに加えて2アシストと活躍。逆転でジョージアを下し、予選5試合で3勝目を挙げた。ホームのジョージアは、相手DFアレクサンダル・コラロフの緩いバックパスをさらったニカ・カチャトラバが先制。しかしその後に逆転を許し、今予選ではいまだに勝利に見放されている。

アイルランド 0-0 ウェールズ
アイルランドはウェールズとスコアレスドローに終わり、この日勝利したセルビアに得失点差でグループ首位の座を明け渡した。次第に緊張感が増す展開のなか、アイルランドは終盤に主将シェイマス・コールマンが重傷を負うアクシデントにも見舞われた。コールマンは担架に乗せられてピッチを去り、このときのプレーでウェールズのニール・テイラーが一発退場となった。

イタリアの2点目を決めたインモービレ(右)
イタリアの2点目を決めたインモービレ(右)©AFP/Getty Images

グループG
リヒテンシュタイン 0-3 FYRマケドニア(ニコロフ 43分、ネストロフスキ 68分 73分)
FYRマケドニアが今予選で初の勝ち点を獲得する一方、敗れたリヒテンシュタインはこれで5連敗となった。FYRマケドニアはイバン・トリチュコフスキのクロスに左足で合わせたボバン・ニコロフの見事なボレーシュートで先制。さらにイリヤ・ネストロフスキが2点を挙げたが、後半ロスタイムのPKはGKペーター・イェーレに阻まれ、ハットトリック達成とはならなかった。

イタリア 2-0 アルバニア(デ・ロッシ 12分PK、インモービレ 71分)
ジャンルイジ・ブッフォンが公式戦出場1000試合の節目を無失点で飾ったこの一戦で、ジャン・ピエロ・ベントゥーラ監督率いるイタリアは快勝。グループ首位のスペインと勝ち点13で並ぶ状況をキープした。イタリアは序盤、アンドレア・バルザーリがミギエン・バシャに倒されてPKを獲得。これをダニエレ・デ・ロッシが決めて先制したが、その後は追加点が遠く、71分にチーロ・インモービレがダビデ・ザッパコスタのアーリークロスを頭で沈めてようやく勝利を確実にした。

スペイン 4-1 イスラエル(シルバ 13分、ビトロ 45+1分、ジエゴ・コスタ 51分、イスコ 88分;レファエロフ 76分)
スペインは4ゴールとイスラエルを圧倒し、グループ首位をキープ。まずはダビド・シルバがジョルディ・アルバのパスを受けて先制すると、チアゴ・アルカンタラがハーフタイムを挟んで2点目と3点目をアシスト。2点目のシーンではビトロのシュートがGKオフィル・マルシアーノの身体の下を抜いてネットを揺らし、さらに後半に入るとジエゴ・コスタがチアゴのCKを頭で押し込み3-0とする。終盤にはイスラエルもリオール・レファエロフのゴールで1点を返したが、スペインはイスコがマルシアーノの逆を突くシュートで再び3点差とした。

クロアチアはグループIで首位をキープ
クロアチアはグループIで首位をキープ©AFP/Getty Images

グループI
クロアチア 1-0 ウクライナ (N・カリニッチ 38分)
クロアチアはイバン・ラキティッチが巧みなボールタッチでウクライナのDF陣をかわし、これを受けたニコラ・カリニッチのシュートがGKアンドリー・ピアトフを破って先制。結局これが決勝点となり、勝利を収めたクロアチアは後続に勝ち点3差のグループ首位を守った。敗れたウクライナはアイスランドに抜かれて3位に転落し、4位のトルコにも勝ち点8で並ばれた。

コソボ 1-2 アイスランド(ヌヒウ 52分、シグルダルソン 25分、G・シグルドソン 35分PK)
アイスランドはギルフィ・シグルドソンが全得点に絡み、グループIのアウェーマッチで初勝利を収めた。まずはシグルドソンのシュートのこぼれ球をビョルン・シグルダルソンが押し込んで先制。さらにビルキル・サエバルソンがエリア内で倒されて得たPKでは、このスウォンジー所属のMFがGKサミル・ウイカニの逆を突いてネットを揺らす。コソボもアデ・ヌヒウのヘディングシュートで1点を返したが、反撃もここまで。コソボはUEFA加盟後の公式戦で1分け4敗となり、待望の初勝利はまたしてもお預けとなった。

トルコ 2-0 フィンランド(ジェンク・トスン 9分 13分)
ファティフ・テリム監督率いるトルコは、2連勝と調子を取り戻しつつある。まずはオルジャイ・シャハンが逸らしたボールに反応し、ジェンク・トスンが至近距離から力強く決めて先制。トルコ代表で2016年3月以来の得点を記録したジェンク・トスンは、その後にセルチュク・イナンのCKを頭で合わせて2-0とした。