欧州サッカー公式ウェブサイト

オリンピアコスがリーグ6連覇を確定

掲載: 2016年2月28日(日), 17.25CET
オリンピアコスがギリシャ・スーパーリーグ史上初めて2月に優勝を決めたチームとなった。マルコ・シウバ監督は試合後、「我々はずば抜けていいチームだった。次の目標はギリシャカップ優勝だ」と話した。
文: バシリキ・パパントノプル(アテネ)
オリンピアコスがリーグ6連覇を確定
昨年夏からオリンピアコスを率いてきたマルコ・シウバ監督 ©AFP/Getty Images

UEFA.com特集

UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UCL、第2戦での大逆転劇9選
  • アーセナルとバルサに希望? 歴史的大逆転劇の数々
  • UCLラウンド16の名勝負
  • ジェラード引退:イスタンブールの英雄たちの今
  • クローゼが現役引退を表明
  • 復讐は甘美なり:第4節での名リベンジ
  • EUROの英雄:2012 – ジョルディ・アルバ
  • EURO歴代の名手たち:2012年:アンドレス・イニエスタ
  • EUROタイムトンネル:2012年大会
1 / 10
掲載: 2016年2月28日(日), 17.25CET

オリンピアコスがリーグ6連覇を確定

オリンピアコスがギリシャ・スーパーリーグ史上初めて2月に優勝を決めたチームとなった。マルコ・シウバ監督は試合後、「我々はずば抜けていいチームだった。次の目標はギリシャカップ優勝だ」と話した。

オリンピアコスが28日にホームでベリアに3-0と快勝し、6年連続通算43回目のギリシャ・スーパーリーグ優勝を決めた。

この日の勝利により、マルコ・シウバ監督率いるチームは残り6試合で2位AEKアテネに追いつかれる心配がなくなり、ギリシャ史上最も早く優勝を確定させた。従来の記録もオリンピアコスが打ち立てたもので、エルネスト・バルベルデ監督の下で2013年3月10日に優勝を決めていた。

ベリア戦で勝利の立役者となったのは、主将の腕章を託されていたダビド・フステルだ。今シーズンはケガに悩まされたものの、リーグ戦今季初ゴールを含む2得点と活躍。終盤に勝利を確実としたアラン・プリドの3点目も、ブロックされたフステルのシュートから生まれたものだった。

ここまで24試合を消化し、オリンピアコスが落とした勝ち点は5ポイントのみ。今シーズンは開幕から17連勝と破竹の勢いを見せた。3月2日にはPAOKとのギリシャカップ準決勝第1戦を控えており、次の目標は昨季に続く国内2冠だ。

「このチームは本当に強い。これほど早くリーグ優勝が決まったのは非常に大きいね」と話したのは、ここまで12失点しか許していないGKロベルト。「周囲が思うほど簡単なことではなかったけど、ものすごく嬉しいし、誇りに思う。でもシーズンはまだ終わっていない。またギリシャカップでも優勝したいね」

「このタイトルにはとても満足している」。昨年夏から指揮を執る38歳のシウバ監督はそう話した。「選手たちやクラブ、そして声援を送り続けてくれたサポーターにも感謝したい。我々はずば抜けていいチームだった。次の目標はギリシャカップ優勝だ」

最終更新日: 16年2月29日 4.45CET

関連情報

選手プロフィール

http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2337941.html#6