欧州サッカー公式ウェブサイト

ユベントスが5年連続のセリエA優勝

掲載: 2016年4月25日(月), 17.30CET
25日のセリエAで2位ナポリが3位ローマにアウェーで0-1と敗れたため、ユベントスのリーグ5連覇が確定した。
文: パオロ・メニクッチ(ミラノ)
ユベントスが5年連続のセリエA優勝
24日にフィオレンティーナ戦の勝利を喜ぶポール・ポグバとロベルト・ペレイラ ©AFP/Getty Images

UEFA.com特集

UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UCL、第2戦での大逆転劇9選
  • アーセナルとバルサに希望? 歴史的大逆転劇の数々
  • UCLラウンド16の名勝負
  • ジェラード引退:イスタンブールの英雄たちの今
  • クローゼが現役引退を表明
  • 復讐は甘美なり:第4節での名リベンジ
  • EUROの英雄:2012 – ジョルディ・アルバ
  • EURO歴代の名手たち:2012年:アンドレス・イニエスタ
  • EUROタイムトンネル:2012年大会
1 / 10
掲載: 2016年4月25日(月), 17.30CET

ユベントスが5年連続のセリエA優勝

25日のセリエAで2位ナポリが3位ローマにアウェーで0-1と敗れたため、ユベントスのリーグ5連覇が確定した。

25日のセリエAで2位ナポリがローマに敵地で0-1と屈したため、ユベントスの5年連続となるスクデット獲得が確定。黄金時代を築いた1930年代初頭のチームに並ぶ偉業を成し遂げた。

24日の試合でフィオレンティーナにアウェーで2-1と勝利していたユーベは、3試合を残してナポリとの勝ち点差が12となった。第10節終了時点で首位に11ポイント差の12位に落ち込んでいたことを考えると、これほど早く王座防衛を決めたことは見事な快挙と言える。マッシミリアーノ・アッレグリ監督率いるチームは、その後の25試合で勝ち点73を獲得。引き分けたのは2月のボローニャ戦だけで、あとの24試合すべてに勝利を収めた。

転機となったのは、ロスタイムのゴールでトリノを下した昨年10月のダービーだった。「トリノ戦の95分に決勝点を奪った瞬間がまさしくターニングポイントだった」と主将のジャンルイジ・ブッフォンは振り返る。「あれで自信を得て、それまで考えることすらできなかった目標に手が届くかもしれないと思えるようになった」

©AFP/Getty Images

チームの主柱であるGKブッフォン

アントニオ・コンテ監督の下、5連覇のスタートとなった2011-12シーズンは無敗優勝を達成。アッレグリ監督の就任1年目だった昨季は歴代最高の102ポイントを記録したが、ブッフォンによれば今季の優勝はそれらをも勝るという。「個人的にこれまでのスクデット獲得を振り返ると、最初と今回の優勝が最も印象深い」と38歳の守護神は明かす。「今季はクレイジーで信じられないシーズンだった。この優勝はテクニックと気概の両面で僕らの強さを証明するものだ」

「忘れられないシーズンだね」とアッレグリ監督も続ける。「我々はスタートにつまずき、優勝は無理だと誰もが思った。多くの人がクラブは私を解任すべきだと考えていたが、我々は見事に復活した。25試合で24勝するという、不可能に近いことをやってのけたんだ」

ユーベは開幕10試合で9失点を喫したが、それ以降の25試合も同じ9失点で乗り切った。一方、得点ではパウロ・ディバラがチームの復調に大きく貢献し、ここまでリーグ戦だけで16ゴールを挙げている。「ユーベに来たのはトロフィーを手にしたかったから。ここでそれができると確信していたよ」と22歳のストライカーは話した。

ビアンコネーリ(ユベントスの愛称)は5月21日にACミランとのコッパイタリア決勝を控えており、2シーズン連続の2冠達成も十分に狙える。

最終更新日: 16年4月26日 2.41CET

http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2357510.html#5a