欧州サッカー公式ウェブサイト

セルティックやルドゴレツがリーグ王者に

掲載: 2016年5月11日(水)
ルドゴレツ・ラズグラトがブルガリア1部リーグで5年連続の優勝を確定。スコットランドではセルティック、FYRマケドニアではバルダールもリーグタイトルを手に入れたほか、スロバキアではトレンチーンがまたしても国内2冠を達成している。
セルティックやルドゴレツがリーグ王者に
ここ5年間で4度目の優勝を喜ぶバルダールの選手たち ©ekipa.mk

UEFA.com特集

何度も返り咲いた欧州の代表監督たち
  • 何度も返り咲いた欧州の代表監督たち
  • 4カ国以上のリーグを制した名将、名選手たち
  • ロナウドのUCL通算100ゴールを徹底分析
  • ロナウドのUCL名ゴール集
  • テリーの欧州カップ戦ベストゲーム5選
  • UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UCL、第2戦での大逆転劇9選
  • アーセナルとバルサに希望? 歴史的大逆転劇の数々
  • UCLラウンド16の名勝負
  • ジェラード引退:イスタンブールの英雄たちの今
1 / 10
掲載: 2016年5月11日(水)

セルティックやルドゴレツがリーグ王者に

ルドゴレツ・ラズグラトがブルガリア1部リーグで5年連続の優勝を確定。スコットランドではセルティック、FYRマケドニアではバルダールもリーグタイトルを手に入れたほか、スロバキアではトレンチーンがまたしても国内2冠を達成している。

ドイツではバイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガ4連覇を果たし、オランダではPSVアイントホーフェンが戴冠したが、欧州のその他の国でも新王者が生まれている。

ルドゴレツがリーグ5連覇
ブルガリア1部リーグでは、2位レフスキ・ソフィアがホームでロコモティフ・プロブジフに2-3と競り負けたため、ルドゴレツ・ラズグラトの5連覇が決まった。レフスキはハーフタイムの時点で2-0とリードしていたが、後半にプロブジフの反撃に遭って逆転負け。残り3試合で首位ルドゴレツとの勝ち点差が11となってしまった。ルドゴレツは2011年に初の1部昇格を果たしたばかりのチームだが、その後は毎年リーグを制覇。5年連続の優勝は、1954年から1962年に9連覇を果たしたCSKAソフィア以来の快挙となる。

セルティック、タイトル獲得でデイラ監督の花道を飾る
セルティックは8日に2位アバディーンを3-2で下し、5シーズン連続47回目のスコットランド・プレミアリーグ優勝を確定。前半にパトリック・ロバーツが2ゴールを挙げ、後半開始直後にミカエル・ルスティグの3点目でリードを広げた。セルティックとアバディーンの勝ち点差は、残り2試合で12となっている。

今季限りで退任するセルティックでの2シーズンをタイトル獲得で締めくくったロニー・デイラ監督は、「スコットランド最強チームは我々だ」と胸を張った。「本当に本当に素晴らしい成果だよ。今季は何度か大事な試合を落とし、やや暗い影を残してしまったが、リーグ戦では抜群の安定感を発揮し、2月上旬に敵地でアバディーンに敗れて以来、ここまで無敗を保ってきた」

トレンチーンが2年連続の国内2冠
スロバキアのトレンチーンは2位スロバン・ブラチスラバを4-0で一蹴し、2年連続でリーグ戦とカップ戦の国内2冠を達成。マルティン・シェベラ監督率いるチームは2ゴールを挙げたジノ・ファン・ケッセルの活躍などにより、先月のスロバキアカップでも倒した相手に圧勝した。トレンチーンとスロバンの勝ち点差は、残り2試合で8に開いている。

昨シーズンのトレンチーンにクラブ史上初の主要タイトルをもたらしていたシェベラ監督は、「もう一度、国内2冠に手が届くとは思っていなかったが、何事も可能だということを示した」と語った。「チャンピオンになりたいのであれば、チャンピオンのようにプレーしなければならない。このチームには勝者のメンタリティーが必要だった。それこそ我々が目指していたゴールであり、見事にやり遂げてくれた」

バルダールもタイトル防衛
マケドニアではバルダールが8日の試合でシュクピを2-0と退け、最終節を残してリーグ2連覇を決めた。ここ5年間で4度目、通算9度目の優勝まで勝ち点1と迫っていたバルダールは、後半に生まれたボバン・グルンカロフとホバネス・ハンバルズミアンのゴールで勝利、文句なしにこの条件をクリアした。「僕らがタイトルを獲得できたのは当然の結果だ。シーズンを通じてシュケンディヤに追走されたけど、最後は僕らのクオリティーの高さが勝った」とチーム内得点王のデヤン・ブラゼフスキはUEFA.comに話した。

©Fedja Krvavac

優勝を喜ぶズリニスキの選手たち

ズリニスキが4度目の優勝
ズリニスキはムラドストに3-0と快勝し、ボスニア・ヘルツェゴビナ1部リーグの新王者に輝いた。クラブ史上4度目のリーグ優勝を決めたあと、ビンコ・マリノビッチ監督は次のようにコメントしている。「シーズンを通して、ほぼトップコンディションを保てた。タイトル争いは激しかったが、ライバルとの直接対決で非常にいい戦いができたよ」

ザルツブルクが3連覇
ザルツブルクはシュトゥルム・グラーツと1-1で引き分け、オーストリア・ブンデスリーガ3連覇が確定した。バロン・ベリシャのゴールで先制しながら追いつかれたものの、選手たちは優勝を大いに喜んだ。UEFA.comがワンダーボーイとして紹介したコンラッド・ライマーも、興奮を隠せない様子だった。「この喜びは言葉では表せないね。とにかく最高の気分だ。今夜は優勝を大いに祝うよ。チャンピオンになるのは僕にとって2回目だけど、信じられない気分さ」

最終更新日: 16年5月11日 11.39CET

http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2362005.html