欧州サッカー公式ウェブサイト

UEFA理事会、人種差別行為への罰則を強化

掲載: 2013年5月23日(木), 14.29CET
UEFA理事会はロンドンで会合を開き、人種差別行為に対する罰則を強化する方針を承認。さらに八百長の取り締まりにあたる部門により強力な権限を与えたほか、アンチドーピング規制をさらに強化した。
UEFA理事会、人種差別行為への罰則を強化
今回のUEFA理事会では、人種差別的行為に対する規制がメインの議題となった ©Sportsfile
掲載: 2013年5月23日(木), 14.29CET

UEFA理事会、人種差別行為への罰則を強化

UEFA理事会はロンドンで会合を開き、人種差別行為に対する罰則を強化する方針を承認。さらに八百長の取り締まりにあたる部門により強力な権限を与えたほか、アンチドーピング規制をさらに強化した。

UEFA理事会は24日に開催される第37回UEFA定例総会に先立つ22日と23日の2日間、ロンドンで会合を開き、人種差別行為に対する処罰の強化を承認。この方針を盛り込んだUEFA規律規則の最新版は2013年6月1日付けで発効する。

人種差別との戦い
改定されるUEFA規律規則は、罰則の強化を特徴とする。これはサッカーの試合における人種差別行為を効率的に取り締まるためのもので、UEFAのゼロ・トレランス(絶対に許さない)の方針とも合致している。この方針は、2013年3月27日、プロサッカー戦略評議会(PFSC)のソフィアでの会合で採択された決議でも強調されている。さらにこれとは別の反人種差別を掲げる決議が、24日のUEFA定例総会にも提出される。

新しい規律規則は、人種差別的な行動が発生した場合について、以下の罰則を定めている。

  • 観客によるもの:初回はスタジアムの一部閉鎖、2度目の違反の場合にはスタジアムの全面閉鎖および5万ユーロの罰金。
  • 選手あるいはチームスタッフによるもの:最低でも10試合の出場(ベンチ入り)停止。

サッカーの本質の保護
審判員への侮辱行為に対する出場停止処分の試合数が最低で2試合から3試合に。審判員への暴力行為は、従来の10試合から最低でも15試合の出場停止と改められた。

UEFAの規律機関に与えられる権限もさらに強化された。サッカーの本質を損なう行為、特に八百長や贈収賄、ドーピングといった違反について、UEFA加盟の各国サッカー協会が処罰を行わない、またはその処罰が不適切な場合には、UEFAの規律機関がしかるべき措置をとることが可能になる。

UEFA理事会は同時に、贈収賄や八百長行為についてはあらゆる時効を撤廃すると定めた。これにより、こうした規約違反行為については発生時期を問わず、処罰を科すことが可能になった。

主要クラブ大会の決勝会場が決定
また、今回の理事会では、2015年に開催されるUEFA主催クラブ大会決勝の会場が決まった。UEFAチャンピオンズリーグの決勝はベルリンのオリンピアシュタディオン、UEFAヨーロッパリーグの決勝はワルシャワ国立競技場で開催される。

アンチドーピング計画
UEFA理事会では、新しいアンチドーピング計画を承認。これには2008年以降、UEFA主催大会に参加した900人近くの選手を対象とした、遡及的なステロイド検査も含まれる。この調査研究の目的は、過去のドーピング検査で得られたデータを用い、欧州サッカー界でステロイドが蔓延した事実があったかどうかを突き止めることにある。この研究は集団としてのデータを見るもので、個々のデータは匿名化されており、この結果、判明した事実により特定の選手がアンチドーピング規約違反と認定されることはない。

この研究の結果に基づいて、UEFAのアンチドーピング・プログラムの一環として、将来的にステロイドの生物学的パスポートを特定するプログラムの実施が検討される可能性がある。さらに、UEFA理事会では、通常の尿検査に加え、2013-14シーズンからはUEFA主催大会における血液検査の開始も決定した。これまで、血液検査が実施されたのは、UEFA欧州選手権の本大会のみだった。

大会規約の承認
最後に、以下に挙げる大会の規約が承認された:
2013-14シーズンUEFA U-19欧州選手権、2013-14シーズンUEFA U-17欧州選手権、2013-14シーズンUEFA U-19女子欧州選手権、2013-14シーズンUEFA U-17女子欧州選手権

次回のUEFA理事会は2013年9月19日と20日の2日間、クロアチアのドブロブニクで開催が予定されている。

最終更新日: 13年5月24日 16.25CET

http://jp.uefa.com/news/newsid=1955480.html#uefa

UEFA.com特集

ロナウドのUCL通算100ゴールを徹底分析
  • ロナウドのUCL通算100ゴールを徹底分析
  • ロナウドのUCL名ゴール集
  • テリーの欧州カップ戦ベストゲーム5選
  • UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UCL、第2戦での大逆転劇9選
  • アーセナルとバルサに希望? 歴史的大逆転劇の数々
  • UCLラウンド16の名勝負
  • ジェラード引退:イスタンブールの英雄たちの今
  • クローゼが現役引退を表明
  • 復讐は甘美なり:第4節での名リベンジ
1 / 10