欧州サッカー公式ウェブサイト

ボスニア・ヘルツェゴビナが初の本大会出場

掲載: 2013年10月15日(火), 21.02CET
リトアニア 0-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
後半に決まったベダド・イビシェビッチの1点で、ボスニア・ヘルツェゴビナが敵地カウナスで競り勝ち、主要大会で初の本大会出場を決めた。
文: バイドタス・ヤヌシュカ(Sダリウス・Sジレナス)
ボスニア・ヘルツェゴビナが初の本大会出場
歴史的なゴールに歓喜するボスニア・ヘルツェゴビナの選手たち ©Fedja Krvavac
掲載: 2013年10月15日(火), 21.02CET

ボスニア・ヘルツェゴビナが初の本大会出場

リトアニア 0-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
後半に決まったベダド・イビシェビッチの1点で、ボスニア・ヘルツェゴビナが敵地カウナスで競り勝ち、主要大会で初の本大会出場を決めた。

ボスニア・ヘルツェゴビナが、後半に決まったベダド・イビシェビッチの1点でリトアニアに勝利。来夏にブラジルで行われる2014 FIFAワールドカップへの切符を手にし、主要大会では初の本大会出場を果たすことになった。

試合はリトアニアのGKギエドリウス・アルラウスキスが60分以上にわたって奮闘。ミラレム・ピアニッチのFKも幾度となく防いだが、68分、エディン・ジェコからのボールをイビシェビッチに決められ、ついにゴールを割られた。この1点で勝利したボスニア・ヘルツェゴビナは、得失点差でギリシャを抑えてグループGの首位通過を確定。4年前の予選とUEFA EURO 2012の予選では、どちらもプレーオフでポルトガルに屈したが、今回はそこに回ることなく、悲願の本大会行きを決めた。

ボスニア・ヘルツェゴビナは最初のFKで先制点に迫ったが、ピアニッチが蹴った落ちるシュートはGKアルラウスキスの見事なセーブに阻まれた。サフェト・スシッチ監督率いるアウェーチームは攻勢を続けたものの、リトアニアの堅守をなかなか崩せない。逆に前半の半ばには、ミンダウガス・カロナスのボレーがGKアスミル・ベゴビッチに好セーブを強いる。続くピアニッチのFKも、アルラウスキスに阻止された。

リトアニアの守護神は後半序盤にもピアニッチのFKをセーブ。切り返しからのエルミン・ビチャクチッチのシュートはクロスバーの上に抜けていった。66分にはペナルティーエリア内でジェコがイビシェビッチにパス。低いシュートはまたしてもアルラウスキスの素晴らしいセーブに遭った。しかし2分後、同じコンビがついに先制点を生み出す。ジェコ左サイドからエリア内に進入して低いクロスを入れると、ゴール前のイビシェビッチが押し込み、応援に駆け付けたアウェーのファンを歓喜に導いた。

これで攻めざるを得なくなったリトアニアは、カウンターからカロナスがシュートを放ち、ベゴビッチのセーブを引き出す。終盤にはグラタス・シルゲダスもFKでベゴビッチの手を煩わせたが、そのままボスニア・ヘルツェゴビナが歴史的な勝利。リトアニアは隣国ラトビアを抑えて4位で予選を終えた。

最終更新日: 15年6月5日 7.15CET

http://jp.uefa.com/news/newsid=2011006.html

UEFA.com特集

何度も返り咲いた欧州の代表監督たち
  • 何度も返り咲いた欧州の代表監督たち
  • 4カ国以上のリーグを制した名将、名選手たち
  • ロナウドのUCL通算100ゴールを徹底分析
  • ロナウドのUCL名ゴール集
  • テリーの欧州カップ戦ベストゲーム5選
  • UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇
  • UCL、第2戦での大逆転劇9選
  • アーセナルとバルサに希望? 歴史的大逆転劇の数々
  • UCLラウンド16の名勝負
  • ジェラード引退:イスタンブールの英雄たちの今
1 / 10