SSI Err
欧州サッカー公式ウェブサイト

利用規約

.

利用規約

.

UEFA 
欧州サッカー連盟 所在地:
Union des Associations Européennes de Football
Route de Genève 46
Case postale
CH-1260 Nyon 2
Switzerland

欧州サッカー連盟(以下『UEFA』、『当団体』)は、下記の諸条件とそれに言及される全ての文面に基づき(『利用規約』)、全てのサービス、コンテンツ、ソフトウェア(以下『サービス』)を含む、当団体のウェブサイトwww.uefa.comとwww.uefa.org(以下『UEFAウェブサイト』)、およびUEFAのアプリケーション(以下、『UEFAアプリ』)(以下この2種のサービスの総称として『UEFAプラットホーム』とする)をユーザーに提供するものとします。

1    条件の受諾
1.1    
ユーザーは、登録ユーザー(以下、『ユーザー』、『ユーザー自身』)であるか非登録ユーザーであるかに関わらず、UEFAプラットホームのアクセス、ダウンロード、インストール等の利用において、UEFAプラットホーム及びその内容に関する以下の法的に定められた利用規約内容を理解し、それに同意したものとみなされます。

1.2    
また、ある特定のサービスを利用する際、ユーザーとUEFA両者は、UEFAプラットホームに随時掲載される該当サービスに関する適応ガイドラインや規約に従うものとします。このガイドラインや規約は、この利用規約に反映されるものとします。本利用規約と、その他のガイドラインや規約の内容に一貫性を欠く部分がある場合は、該当する特定サービスに関しては、そのガイドライン又は規約を優先するものとします。

1.3    
当団体は、この利用規約をいつでも変更する権利を有します。ユーザーは、本条件をhttp://www.uefa.com/termsconditions/index.htmlを閲覧することによって随時確認し、全ての変更内容を常に認知しておく必要があります。

1.4   
UEFAプラットホームを利用期間中に、利用規約の新規項目追加または改訂事項等の変更が有った場合、UEFAプラットホーム上に記載された時点で、ユーザーに対して変更に関する通達義務を執行したとみなし、変更後に継続してUEFAプラットホームを利用をする場合、ユーザーはその改定後の条件を受諾したとみなします。

2    登録の義務

2.1     UEFAプラットホームの一部(以下『制限ゾーン』)は、登録が必要となります。登録することにより、ユーザーは、以下を承諾するものとします。:(i)ユーザーは、本条件にある通り、アカウントを持つ資格を有すします。(ii)ユーザーが登録プロセスの過程で提供した情報は、正確であり誤情報を含まないものとします。また、アカウントの取得は、以下のいずれかの条件を満たす方のみ可能です。:(i)18歳以上であること、もしくは居住国の法定年齢が18歳以上の場合はその国の定める法的年齢に達している事 (ii)居住国の法定年齢以下である個人の場合は、親権を持つ者又は法的後見人により許可を受け登録を行える事;又は、(iii) 組織や団体を代表する個人でUEFAプラットホームにアクセス、利用する権利を持っていること。

2.2    
制限ゾーンの利用に関して、ユーザーは、以下に同意するものとします。(i)登録フォーム上の必要事項において、正確かつ最新の個人情報(以下『登録データ』)を提供すること。(ii)登録データが常に正確で、最新の情報であり、欠落内容が無きよう随時更新すること。尚、登録データ内容は、ユーザーアカウントにログインして変更することができます。

2.3    
虚偽、不正確、又は現状の内容と異なる情報をユーザーが提供したとみなされた場合、又はUEFAがそうであると確定する妥当な根拠がある場合、又はユーザーが本条件の項目のいずれかに準拠していないとUEFAが判断した場合、UEFAはユーザーのアカウントを直ちに解除又は無効とし、UEFAプラットホーム(又はその一部)へのアクセス及び現状および将来における利用を拒否する権限を有します。

2.4   
UEFAアプリを利用する為には、ユーザーはGoogle Inc.が所有・運営するGoogle Play Storeのアカウント、又はApple Inc.が所有・運営するAppleアプリストアのApple IDを所有する必要があります。Google Play Storeの利用は、Google利用規約(http://www.google.com/accounts/TOS)、Google Play Storeサービス利用規約(http://www.google.com/mobile/android/market-tos.html)、Google Play Store事業及びプログラムポリシー(http://www.google.com/intl/en_us/mobile/android/market-policies.html)(以下これらを総称して『Google利用規約』)からなる、ユーザーとGoogle Inc.間における法的合意によって統制されものとします。Appleアプリストアの利用は、Appleウェブサイト利用規約(http://www.apple.com/legal/internet-services/terms/site.html)、iTunesストア販売条件及び諸条件(http://www.apple.com/legal/internet-services/itunes/us/terms.html#service)、Appleアプリストア販売条件及び諸条件(http://www.apple.com/legal/internetservices/itunes/appstore/jm/terms.html#SERVICE)(以下、総称して『Apple利用規約』)からなる、ユーザーとApple Inc.間における法的合意によって統制されものとする。UEFAは、各社のアカウントとユーザー間の規約や関連ルールに関する一切の責任に関与しないものとします。

2.5    
ユーザーがGoogle利用規約およびApple利用規約に従わない場合、UEFAアプリへのアクセスおよび利用できなくなる場合があります。Google利用規約およびApple利用規約との間に矛盾する事項内容がある場合には、本利用規約が優先されます。

2.6    
ソーシャルメディアのウェブサイトで運営されるUEFAのプロモーション、アプリ、及び(又は)コンペに関しては、以下の特別ルールが適用されます:
•    プロモーション、アプリ、及び(又は)コンペには、そのソーシャルメディアウェブサイトが後援・運営・関与することはない。
•    一切の情報はUEFAが保管し、ソーシャルメディアウェブサイトにその情報を提供することはない。
•    受賞者は、Eメールで通達されるものとし、ソーシャルメディアウェブサイトから直接通知を受けることはない。

3    他のアカウントを使用してログインする(Facebook、Windows Live、Google、Yahoo!)
3.1    
ユーザーが別の認証サービスプロバイダーを介してサインインしている場合は、UEFAはそのサービスプロバイダーから一部の情報を受け取ることがあります。しかしその場合も、そのサービスプロバイダーのウェブサイト上におけるコンテンツ及びその他の関連内容について、プロバイダーとユーザー間の提携内容及び関係性に関してはユーザーが責任を負うものとします。

3.2    
ユーザーがサービスプロバイダーのメンバーシップを解約した場合、及び/又はそのサービスプロバイダーとUEFAプラットホームの間のリンクを解除した場合、ユーザーからの要求が有れば、UEFAはそのサービスプロバイダーから取得したユーザーに関しての一切のデータを消去することもできます。これは、プライバシー保護方針に定義される通り、ユーザーの個人データを更新、又は消去する権利と同様に執行することができます。又そのサービスプロバイダーは利用規約に違反があった場合にアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)から受信されたデータを消去するようUEFAに求めることができます。

3.3    
そのサービスプロバイダーがUEFAプラットホームへのリンクのいずれかを無効にする事があれば、アカウントの基本情報である場合やUEFAがユーザーのデータを保持するよう明白な同意をユーザーから得ることがない限り、UEFAは、そのサービスプロバイダーのAPIの利用を通して受信されたユーザーに関するデータを一切消去するものとします。

4    会員アカウント、パスワード、セキュリティ
4.1    
何らかの登録プロセスの終了後には、必ずパスワードとアカウントの設定情報がユーザーに送信されます(第2.1項、2.2項を参照)。ユーザーはそのパスワードとアカウントを安全に保管する義務が有り、パスワードとアカウントを利用して行われる作業全般に関して自己責任を持つこととします。

4.2    
ユーザーは次に同意するものとします。:(i)パスワードやアカウントの不正使用やセキュリティー違反があれば速やかにUEFAに通告する。(ii)セッション終了後は毎回必ずアカウントをクローズする。UEFAは、この第4項にユーザーが準拠しなかったことによって生じる損失や損害に対して一切責任を負うことはない。

5    児童のアクセス
UEFAは、ユーザーの安全とプライバシーに関して、特に居住国において法定年齢に達していないユーザーに対し配慮を怠らぬよう心掛けています。UEFAプラットホームに児童のアクセスを許可する親権者/保護者は、本条件をよく読み、アカウント設定などの作業を指導、チェックし、UEFAプラットホームへのアクセスを監督するよう強く要請します。UEFAプラットホームへのアクセスを許可する事で児童はUEFAプラットホーム全体の機能の利用が可能になり、不特定多数の外部のユーザーとのコミュニケーション機能等も含まれるプラットホームの監督下にない児童のみによる利用は、適切でない場合があります。従って保護者には、UEFAプラットホーム全般及び/又はUEFAプラットホームやアプリケーション・プログラミング・インターフェース(以下『UEFAのAPI』)により提供される情報、データ、文章、ソフトウェア、音楽、サウンド、写真、画像、動画、メッセージ、フィード(以下『UEFAのフィード』)、及びその他のUEFAプラットホーム上の素材全て(以下『UEFAのコンテンツ』)が児童に適当な内容であるかどうかを判断する責任があります。この件に関してUEFAは一切の責任を負わないものとします。

6    コンテンツ
UEFAプラットホームの内容構成は以下の通りです:(i)UEFAによって提供されるコンテンツ(以下『UEFAのコンテンツ』)(ii)UEFAプラットホームユーザーによりアップロード、投稿、提出、又は送信されたコンテンツ(以下『ユーザーコンテンツ』)(iii)第三者によりアップロード、投稿、提出、又は送信されたコンテンツ(以下『第三者コンテンツ』)

6.1   
UEFAのフィードを含むUEFAのコンテンツは、全てUEFAが所有し、ライセンス権を保有します。UEFAのコンテンツは公開時の状態のままユーザーに提供され、UEFAプラットホームへのアクセスや利用以外の目的での使用、転載、流通、送信、放映、表示、販売、ライセンス権販売などを禁止します。本規約に従い、かつ非営利の個人使用目的に限り、UEFAは制限付き・解約可能・非独占的条件下にて、ライセンスを、ユーザーに許可するものとします。

(ii)    ユーザーからの提供内容
6.2  
 ユーザーは、UEFAプラットホームに提供する一切の内容対して全権利を所有します。又、ユーザーは自身の提供内容及びそれをアップロードすることにより生じる事象に関して一切の責任を負うものとします。本利用規約の重要な部分である「コミュニティー利用規約」(http://www.uefa.com/communitytermsconditions.html)をあわせて参照してください。

6.3   
UEFAプラットホームはユーザーの提供内容に検閲無しでアクセスを提供する場合があります。UEFAは、ユーザーのコンテンツ発信の場としてのプラットホーム機能を提供しているが、当団体は、その投稿されたコンテンツが知的所有権の侵害、名誉棄損、プライバシーの侵害、わいせつ物領布罪等に問われた場合もUEFAは責任を負うことはできず、そのようなコンテンツを制御することも不可能であることを理解し、同意します。UEFAは、ユーザーの提供内容を制御する義務を負うことができず、また、負うことはありません。その性質がゆえ、UEFAプラットホーム上のユーザーの投稿内容は頻繁に変更され、その記述が場合によっては不正確な表示や実情を伴わない内容の表示である場合もある。UEFAは、ユーザーの投稿内容に関していかなる保障や、連携表明、含意することも一切行いません。

6.4    
ユーザーは、自身の提供内容に関して以下を保証し、実行するものとします。:(i)著作権、特許、商標、企業秘密、その他の知的財産権、公表及びプライバシーの権利を一切侵害しないこと;(ii)法律や規制を一切侵していないこと;(iii)中傷・営業妨害行為をしないこと;(iv)わいせつ物及びポルノグラフィーを含んでいないこと;(v)自身又は他者に関する不完全、虚偽、又は不正確な情報を含んでいないこと。(vi)ウイルス、トロイの木馬、ワーム、時限爆弾、キャンセルボット等のシステム、データ、個人情報等のダメージ、干渉、情報の搾取を意図した悪質なコンピュータープログラムを含んでいないこと。又ユーザーは、自身の提供内容が実在の人物に関する情報である場合、その人物の許可を得ていることを文書で証明できなくてはなりません。

6.5    
ユーザーはUEFAに対し、UEFAプラットホーム上の提供コンテンツに関し、制限を求めない非独占的かつ半永久的なアクセスの権限を与え、著作権を放棄し、二次ライセンスの提供、複製、再配布、再加工、引用、又その表示を許可するものとします。又、全てのメディア媒体においてUEFAプラットフォーム、UEFA及びその関連業者が、その営業プロモーション目的にそのコンテンツを制約なく利用することを許可するものです。ユーザーは又、UEFAプラットホーム上で他のユーザーが互いの提供コンテンツに許可なしにアクセスできることを了承しなくてはなりません。

6.6    UEFAはどのユーザーに対してもコンテンツ投稿を強制しません。又UEFAは、独自の判断において、ユーザーの投稿内容を編集、削除、又は消去する場合もしくは事前の承諾なしにユーザーのUEFAプラットホームへのアクセス権をキャンセルする場合があります。これはユーザー投稿内容が他者の知的財産権を侵害した場合や本利用規約のいずれかに準拠していないと判断した場合に執行されます。UEFAは、UEFAプラットホームの機能や構成、デザインの最終決定権、及びユーザー提供コンテンツ内容の校正や再加工に関する権利を保有するものとします。

(iii)    第三者コンテンツ
6.7    
関連商品又はサービスに対する支払や配信、及びUEFAプラットホーム上の一切の広告主や業者との商取引、又は彼らの宣伝への参加に関する一切の条件、規約、保証を含む商取引等は、ユーザーとその広告主や業者との間でのみ行われます。ユーザーは、以下に同意するものとします;(i)UEFAは、そのような商取引の結果、またはそのような広告主や業者がUEFAプラットホーム上に存在している結果生じる損失や損害に対する一切の責任や義務を負わない;(ii)UEFAプラットホーム上の(オンラインショップを含む)ユーザーからの注文、及び商品詳細や商品の在庫に関する情報は、該当広告主や業者の販売規約に従うものとする。

6.8    
第三者は、別のウェブサイトや情報源から、また逆にその情報源に対してAPI、リンク、フィードを受理又は提供する場合があり、UEFAプラットホーム上にそれらの情報が表示されることがあります。UEFAはそのようなサイトや情報源に対する制御できないため、ユーザーは、UEFAがそのような外部サイトやコンテンツに対する承認はせず、責任や義務は負わないことをご了承ください。ユーザーは、UEFAが間接的・非間接的どちらの場合でも、第三者のウェブサイトや情報源、またそれに対するAPI、リンクフィードを介してユーザーが利用する情報コンテンツ、商品、サービスなどがもとで生ずる損害や損失に対して、責任や義務を負わないことを承諾し、同意するものとします。

6.9    
ユーザーがUEFAプラットホームへリンクを貼る場合は、以下に同意しなければなりません;(i)他のウェブサイトのフレームにUEFAプラットホームを含まない;(ii) 第三者である団体とUEFAプラットホームを関連づけない;(iii)UEFAへのリンクがUEFAプラットホームに参照されるよう確認する;(iv)UEFAがその他のウェブサイトの運営内容や、企業、組織を承認し、その後援しているかのような誤解を生む表現を含まないこと。また虚偽の、不明確で他社を中傷するような表現を用いて、UEFAの評判を著しく傷つけ、UEFAの団体名を悪用しないこと。

6.10  
 ユーザーが第三者コンテンツに関連する不正使用、及びそれに伴う問題の可能性に関して第6.9節で規約を厳守すべきであると述べましたが、また、事前の文書による承諾がない限り、UEFAプラットホームへリンクを貼るにあたって、ユーザーはUEFA及び第三者のコンテンツ、名称、ロゴ、写真、商標を使用する権限を持つことはできません。

6.11   
UEFAは、UEFAプラットホームに対する一切のリンクを除去するようにいつでもユーザーに要求できる権利を保有します。

6.12    
ユーザーのウェブサイト上でUEFAのフィード/UEFAのAPIを使用又は表示を希望する場合、ユーザーは以下の点に同意しなくてはなりません:
(a)    譲渡不可、特許権を持たない、非独占的なライセンスをUEFAから取得しその承認を事前に文書で受け取る必要が有る。又ユーザーのウェブサイトにこれらのフィードを表示するには次の点を厳守しなければならない;
(b)    UEFAがその他のウェブサイトの運営内容や、企業、組織を承認し、その後援しているかのような誤解を生む表現を含まないこと。また虚偽の、不明確で他社を中傷するような表現を用いて、UEFAの評判を著しく傷つけ、UEFAの団体名を悪用しないこと。
(c)    UEFAのフィードがUEFAに帰属することを明確にし、誤用及び誤解を招く表現を避けること。
(d)    可能な限りユーザーは、UEFAのフィードの関連項目に該当するUEFAの元記事やその他のコンテンツに機能的にリンクさせること。

7    ゲームへのアクセス
UEFAプラットホーム上のゲームへの参加は、本利用規約及び以下のルールに従うものとします:

7.1   
UEFAのゲーム(以下、『ゲーム』)に加入及び参加する際ユーザーは、これらの利用規約、及びUEFAプラットホーム上に表示されたゲームのルール(以下『ルール』)賞与の一覧及びその他のゲームに関連する項目に準じてゲームを実行しなければなりません。

7.2  
 ゲームへ参加をする個人(以下、『参加者』)は参加申し込みにあたり登録データをゲームのウェブサイト(以下、『ゲームウェブサイト』)上にある公式オンライン申し込みフォームに入力しなければなりません。申し込みは指定の様式に従ってください。参加と申し込みは無料です。特別にルールの記載がない限り、賞与は、そのサッカー協会がUEFAのウェブサイト上の公式加盟国一覧に記載のあるUEFA加盟国(以下『管轄地域』)に法的に有効な居住権および市民権を保持する参加者にのみ帰属する。居住国/住所が加盟国以外にある参加者は、娯楽としてゲームに参加することはできますが、賞品を獲得する資格は与えられません。

7.3    
参加者一人あたり申し込みは一回のみです。

7.4    
13歳未満の児童のゲームへの参加は許可されません。実年齢が13歳以上18歳であり、且つ(又は)法定居住国/住所において法定年齢に達していない(以下『未成年者』)参加者は、本利用規約に基づき、ゲームへの申し込み、及び参加をする前に、保護者の許可を得ることが必要となります。UEFAは、保護者の承諾なしに13歳未満の児童、及び13~18歳の未成年者のゲーム参加登録を、いかなる場合も許可することはありません。

7.5  
 オンライン上の申し込み登録データを以て正式な参加申請としてみなします。所定の様式と異なる申請書、不正確および不完全な申請書については、全て無効となります。UEFAは、送信中において喪失又は遅延された申請データや結果に対して責任を負いません。

7.6   
UEFAは、UEFA独自の判断で不適切、又は攻撃的とみなされる申請ネームの受諾を拒否する権利を保有します。不適切な名称は消去され、申請者のネームはUEFAが自動的に選択するネームで表示されます。申請時にネームを選択する際は十分に考慮して下さい。

7.7    
ゲームへの申し込みを受け付けるか否かは、UEFAの独自の判断によります。登録が承認された申し込み者全員には、UEFAが受領確認電子メッセージによって通知する。電子メッセージが「送信不可」又は「不達状態のまま」の状態で申込者に届かない場合は、その申請を無効とし、ゲームへの参加資格も取り消しとなります。UEFAは何らかの理由で申込受領確認電子メッセージが不達、誤送信され申込者に届かない場合の一切の責任を負わないものとします。

7.8    
勝者は、ルールに従って決定され、Eメールで通知されます。賞品に関する詳細、特にその帰属や使用に関する条件は、全て勝者に直接通知という形で提供されます。このEメールにおいて、賞品の贈呈にあたり必要な個人情報の提供を依頼する場合もあります。この必要な情報を勝者が提供しない場合は、Eメールでリマインダー通知が送信されます。勝者がそのリマインダーEメールを受領してから24時間以内に返信で必要な情報を全て提供しなかった場合、適用法に準じて、その参加者の受賞権利を取り消し、UEFAは別の参加者にその賞品を授与することのできる権利を保有します。

7.9    
全ての賞品に対し、一切利息は支払われません。UEFAから事前に書面で同意を得ていない限り、賞品は譲渡する事はできません。又賞品の現金化や代替品を要求することはできません。UEFAは独自の判断により、何らかの理由でいずれかの賞品が入手不可能になり予定していた物品が提供できなくなった場合、当初の商品の価値以上又は同等の代替品に変更する権利を保有します。

7.10    
それぞれの参加者は1ゲームにつき1回まで賞品を勝ち得ることが可能で、この時賞品の授与は一家庭あたり1品までとします。

7.11    
賞品内容の一覧はゲームのウェブサイト上に表示されています。ゲーム上で表示されている賞品の画像は、参考画像であり、実際の商品とは異なる場合があります。UEFAは、ゲームのウェブサイトの「賞品」欄に特記されていない経費や料金に対する責任を一切負わないものとします。

7.12    
未成年者が賞品に当選した場合は、ゲームの参加資格の再確認後、賞品はその当選者の親権者または法的保護者によって受理される必要があります。また、賞品が試合のチケットである場合は、当選者である未成年者は、親権者または法的保護者(1名)に付き添われなければなりません。UEFA独自の判断により、未成年者が当選した賞品を変更する権利、および提供しない権利を保有します。

7.13    
適用法に準じ、申し込みを行った段階で参加者は、UEFA及びUEFAが認可した第三者業者に対し、出版目的で参加者の氏名及び写真を使用することに同意するものとします。特にUEFAは、受賞者の氏名と、入手可能な場合は受賞者の写真をゲームのウェブサイトのホームページ上で公表することがあります。ゲームに参加するにあたり個々の参加者は、ゲームに勝った際UEFAからの要請があれば自分の氏名と場合によっては写真が公開されることに、申し込み時に同意したということになります。

8    商標と著作権の情報
8.1   
UEFAのロゴ、記章、UEFA大会のマスコット、UEFAのイベントのマーク、および商品やサービスの名称は、UEFAの商標及び著作物(以下、『UEFAの商標』)とみなします。

8.2   
UEFAプラットホーム上には、現在の規約で許可しているもの以外に、UEFA及び第三者コンテンツ、名称、写真、商標の使用ライセンスや権利を許可するものは存在しません。

8.3    
該当する権利保有者から事前に書面での同意がない限り、フレーミング等の方法を含む、第三者コンテンツ(例:写真、画像、ゲーム、コミュニティー/ソーシャル用ツール、インタラクティブ機能の文章、翻訳、通訳、ビデオ、音声、サッカーのデータコンテンツ/編集要素)の二次的な公開や流通は、禁止されています。UEFAは、第三者コンテンツの一切のエラーや遅延、およびそれが要因となる一切の行動に対し責任を負いません。詳細情報は、該当する権利保有者のウェブサイトを参照して下さい。

9    著作権と著作権代理人
UEFAは、他者の著作権を尊重します。UEFAプラットホーム上で、何らかの形であなたの著作権が侵害されたと見受けられる場合は、UEFAまで氏名、住所、メールアドレス、著作権侵害の内容詳細(日付、時間等)を記入の上、このリンクの指定フォームから申告を行ってください。(http://www.uefa.com/community/feedback/index.html

10    サービスの変更
UEFAは、UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツ、ユーザーの提出内容、第三者コンテンツ(又はそれらの一部)を通知の有無にかかわらず一時的又は永久に修正又は中断する権利を保有します。ユーザーは、UEFAがUEFAプラットホーム、サービス、UEFAコンテンツ、ユーザー提出内容、第三者コンテンツの修正、中断、中止に関してユーザー又は第三者に対して責任を負わないことに同意するものとします。UEFAは、UEFAプラットホーム、サービス、UEFAコンテンツが最新のものであるよう随時チェックを行っていますが、いずれかがあるタイミングにおいて情報が更新されていない場合がありますが、UEFAにはそれを更新する義務はありません。

11    サービスの無提供
特記されていない限り、UEFAプラットホームの内容は情報提供のみを目的としています。UEFAは、スイス以外の法管轄地域において、UEFAプラットホーム上の内容が適切であるかどうか、利用が可能であるかの判断を表明していません。他地域にてUEFAプラットホームにアクセスするユーザーは、自らの判断とリスク責任においてこれを行い、自身の管轄地域の法律や規制を遵行してください。

12    プライバシー保護方針
UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツを利用する場合、ユーザー又はそのユーザーのアカウントへのアクセスを許可された第三者は全て、UEFAへの登録データを含む個人データやユーザーに関係するその他の情報の提供を求められる場合があります。UEFAプラットホームにアクセス又は利用する、又はUEFAプラットホームに個人情報を提出することで、ユーザーは、http://www.uefa.com/privacypolicy.htmlに書かれたUEFAのプライバシー保護方針(以下『プライバシー保護方針』)に従ってそのデータをUEFAが使用することに同意するものとみなします。

13    免責事項
13.1    
ユーザーは当団体のプラットホームへのアクセス、使用を全て自己責任によって行うものとします。UEFAプラットホーム、サービス、又はUEFAのコンテンツは、「表示されている通り」、「利用可能な形式で」提供されます。UEFAは、明示的か黙示的かを問わずいかなる種類の保証、市場性、特定の目的に関する適合性、非侵害性に関し明確に否認し、ユーザーも権利を放棄するものとします。

13.2   
UEFAは、以下について保証および表明を行いません:(i)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツがユーザーの要求を満たすこと(ii)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツは中断されず、時宜を得て、安全で、間違いないものであること(iii)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツを使用することで得られる結果は正確かつ信用性があること (iv)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツを介してユーザーが購入または取得した商品、サービス、情報、その他の物の品質がユーザーの期待に沿うものであること(v)コンテンツの間違いが訂正されること。

13.3   
UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツを介した全てのデータや素材のダウンロード(もしくは他の方法で取得)は、ユーザーの自己判断とリスク責任によって行うものとみなします。ユーザーは、それらのそれらをダウンロードすることによって発生する自身のコンピューターシステムの故障、データの損失などに対しすべて自己責任を負うものとします。

13.4   
UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツ上に投稿されたコメント等の内容記事は信用性の保証はありません。口頭か文面かに関わらず、ユーザーがUEFAから又はUEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツを介して取得した情報に対し、保証価値や規約条項に記述の無い義務が生じる事はなく、UEFAは、UEFAプラットホームの利用者、又はUEFAのサービスやコンテンツのいずれかによって情報を得た他者に対し、その情報の信用性に関わる諸問題の責務を一切負わないものとします。

14    免責
ユーザーは、UEFA、その子会社、関連会社、ライセンサー、ライセンシー、職員、代理人、ブランド共同管理者、その他のパートナー、及び従業員に対し、義務、損失、損害、主張、罰則、罰金、経費、費用に関する責務が無い事を承諾するものとします。これは次の事項によって生じうる弁護費用を含みます:(i)全てのコンテンツやユーザーの提供内容を含む、UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツの使用及びアクセス及び接続 (ii)諸規約のいずれかの条項にユーザーが準拠しなかった場合。(iii)第三者による、ユーザーの提供内容のいずれか、又はUEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツのユーザーの使用によって侵害された著作権、その他の所有権や第三者のプライバシー権、又は第三者に対して他の要因によって損害を与えたという何らかの主張。

15    責任制限
ユーザーは、UEFAが、直接的、間接的、偶発的、特殊、結果的、又は典型的な損害、利益の損失、善意、使用、データ等の無形損失の損害を含む(UEFAがそのような損害の可能性を認知していた場合も含む)全ての事象に対し責任を負わないことを明白に理解し、承諾するものとみなします。この損害は以下の要因により発生する場合とします:(i)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツの使用、又は使用が不可能である場合 (ii)UEFAプラットホームを介して、又はそこから購入又は入手された全ての商品、データ、情報、サービス、又は受信されたメッセージや入力された取引から発生した代替賞品手続きやサービスの費用。(iii)ユーザーのデータ送信への不正アクセスや不正修正。(iv)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツ上のいずれかの第三者の陳述や行動。 (v)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツの結果、また、それにリンクされたUEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツのいずれか、及びそれに投稿された一切の素材。(vi)UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツに関連したその他の問題。

ユーザーは、それに反した一切の規則や法律に関わらず、UEFAプラットホーム、サービス、UEFAのコンテンツの使用に基づく訴訟及び反動はその対象となる事象が発生してから1年以内に提出することに同意するものとします。

16    例外と制限
管轄地域によっては、偶発的、又は結果的な損害に対する特定の保証の除外や、責任の制限、除外が許可されない場合があります。これに伴い第14項及び第15項にある制限の一部は、適用されない可能性があります。

本規約の内容は、消費者の法的権利に影響を与えたり、UEFAの怠慢や不正行為から発生した死傷や人的傷害、また適用法のもとで除外や制限ができない一切の責任に対して除外および制限するものではありません。

17    利用の停止
UEFAは、独自の判断により、理由の有無に関わらず、ユーザーに対する責務無しに、特にユーザーが本条約、Google利用規約、Apple利用規約に従わなかった場合に、いつでも、(i)ユーザーのUEFAプラットホーム(全体又は一部)へのアクセスを(制限の有無に関係なく)停止することがあります。(ii)ユーザーのアカウントのいずれか、またそのアカウント上の関連情報やファイル全て、及びユーザー提供内容を無効又は削除することがあります。

18    通知
ユーザーへの通知はユーザーがUEFAに提供したメールアドレス、又は該当Eメールアドレスへの投稿を介して定期的に送信されます。

19    一般条項
19.1    
本規約(一部のサービスに適用される特定の規約を含む)は、該当する内容に関連して、口頭・文面に関わらずユーザーとUEFA間の契約、保証といったいかなる事前の合意内容も失効させ、それに代替するものとします。尚、関連サービス、第三者コンテンツ、第三者ソフトウェアの利用時には追加の条約が適用され、それに遵行するものとします。

19.2   
UEFAが規約内容を執行し得なかった場合にも、その条項や権利の保有を放棄したことにはなりません。

19.3    
規約のいずれかの条項が無効とみなされた場合も、関係者は、その条項に書かれた本来の意図に基づき実践可能な範囲でその条約の有効性を可能にする事、また規約の他の条項の有効性には影響を及ぼさない事とします。尚、条約のセクションの題名は利便性のみを目的としたもので、法的又は契約上のを意味を持ちません。

19.4    
ユーザーは、本規約に基づき、自身の権利や義務を付与又は譲渡したり、また自身の義務の遂行を一切受け渡すことはできません。但しUEFAは、ユーザーの同意なしに、いつでも第三者に本規約に基づき、権利や義務を付与又は譲渡すること、また一切の義務の遂行を受け渡すことを可能とします。
 
19.5    
本規約は、英語で草稿され、他言語に翻訳されたものです。英語版と翻訳版に相違がある場合は、英語の文章が優先され、解釈の問題を解決するために使用されます。

20    適用法と管轄地域
ユーザーとUEFA間の諸条件と関係は、スイスの実体法により統治されるものとし、本条約に関する提訴は、全てスイス、ニヨン管轄地域でのみ提出を受け付けるものとします。


http://jp.uefa.com/news/newsid=689821.html