欧州サッカー公式ウェブサイト

苦難を経てミランで輝くボアテング

掲載: 2012年3月26日(月), 12.58CET
ACミランのMFケビン・プリンス・ボアテングが『チャンピオンズ』誌のインタビューに応じ、幼少期の困難な環境や兄から受けた影響、自身のヒーローなどについて語った。
苦難を経てミランで輝くボアテング
UEFA.comのインタビューに応じるケビン・プリンス・ボアテング ©UEFA.com
 
 
 
掲載: 2012年3月26日(月), 12.58CET

苦難を経てミランで輝くボアテング

ACミランのMFケビン・プリンス・ボアテングが『チャンピオンズ』誌のインタビューに応じ、幼少期の困難な環境や兄から受けた影響、自身のヒーローなどについて語った。

UEFAチャンピオンズリーグの公式マガジン『Champions』誌の最新号で、ACミランのケビン・プリンス・ボアテングがベルリンで過ごした幼少期や自身のアイドルなどについて語った。

ベルリンではどのような環境で育ちましたか?

ベルリンはロンドン、中でもトッテナムに似ていると思う。多くの失業者がいて、犯罪が多発しているんだ。でも、誰の人生にも苦難の時期はあると思う。僕の場合はベルリンの中でも治安の悪い地域で過ごした頃さ。そのおかげでプロサッカー選手になることができたし、彼らのアイドル、そして模範になることができた。ベルリンでは小さな子供でさえ僕を尊敬してくれているんだ。困難な環境で育っても目標を達成することはできる。それを示すのが自分の使命さ。

いつもプロになりたいと思っていましたか?

そうでもないよ。若いうちは何になりたいなんて考えないものだ。とにかく楽しいからサッカーをしていた。16になって、初めてサッカー選手になることを夢見るようになったよ。

成長期に誰から最も大きな影響を受けましたか?

僕の家族には、常にサッカーがあった。父、兄と弟、それに母も昔はプレーしていたよ。僕が一番影響を受けたのは兄だね。彼はいつも僕を励ましてくれた。時には厳しすぎるくらいにね。それというのも、兄自身は才能には恵まれていたけど、選手として大成しなかったからなんだ。そんな風に育ったおかげで、僕はプロサッカー選手になれたのさ。

あこがれの選手は?

多くの選手を見てきたけど、ペレが一番のヒーローだよ。黒人でたくさんゴールを決め、驚異的な成功を収めたからね。リバウドも好きだった。プレースタイルが僕と似ていると昔から思っていたんだ。

サッカー以外で尊敬する人物は?

一番のアイドルはモハメド・アリ。そしてやっぱりマイケル・ジョーダンだね。尊敬するスポーツマンはたくさんいるけど、二人は本当にすごいよ。

サッカー以外の趣味は?

バスケットは好きなスポーツの一つで、プレーするのもテレビ観戦するのも大好きだよ。あと、歌とダンスも好きだね。

昨シーズン、セリエA優勝祝賀イベント中に数千人のファンの前でムーンウォークを披露していましたが、マイケル・ジャクソンもあなたのアイドルですか?

僕の青春時代のヒーローであり、今も僕の人生に欠かせない存在だ。今でも彼の音楽を聴いているからね。僕にとって、彼は最高のシンガーであり、作詞家であり、ダンサーなんだ。すべてが最高だよ。誰もが彼を真似ている。どのシンガーもどの作詞家も、誰もがマイケル・ジャクソンの影響を受けている。亡くなった時はショックだったね。苦しい時、彼の歌に何度も救われた。彼の詩にはそういう力があるのさ。リーグ優勝したらムーンウォークをするって、控え室で冗談を言ったんだ。そしたら、その話が新聞に載ってしまった。でも、やって良かったと思っているよ。

ミランが今季もセリエAで優勝したら、今度は何をやってくれますか?

もう何も約束はしないよ! 見てのお楽しみだ。まずは優勝しなくちゃね。それが何よりも大事なことだから。

UEFAチャンピオンズリーグの公式マガジン『Champions』誌第52号は現在販売中。購読はこちらから(英語版)

最終更新日: 12年5月22日 14.13CET

関連情報

選手プロフィール

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1773965.html

  • © 1998-2014 UEFA . 著作権所有
  • Champions LeagueおよびUEFA Champions Leagueの表記、UEFAチャンピオンズリーグのロゴ、トロフィー、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のロゴは、UEFAのトレードマーク、登録商標として保護されている。これらのトレードマークを営利目的で使用することは許されていない。 UEFA.comを使用する者は、その使用条件とプライバシー・ポリシーに同意したものとみなされる。