復讐は甘美なり:第4節での名リベンジ

UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節では、前節で対戦したチームがホームとアウェーを入れ替えて再び相まみえる。これまでに第3節で大敗しながらも、直後にリベンジを果たした主なチームをUEFA.comが紹介する。

After six clubs were beaten by three goals or more on matchday three we highlight some of the teams in the past that suffered the same fate but turned the tables with victory on matchday four.

マンチェスター・シティー、PSVアイントホーフェン、レギア・ワルシャワ、ルドゴレツ・ラズグラトは、今季のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で大敗を喫したが、これらのチームにとって心強いデータがある。第3節で3点差以上の敗北を喫したチームのうち、14チームが大敗から立ち直り、リターンマッチとなる第4節でリベンジを果たしているのだ。そのうち7つのケースをUEFA.comが紹介する。

第3節:チェルシー 6-0 マリボル
第4節:マリボル 1-1 チェルシー
2014-15シーズン、グループステージ

マリボルはチェルシーとのリターンマッチで勝ち点1をもぎ取った
マリボルはチェルシーとのリターンマッチで勝ち点1をもぎ取った©AFP/Getty Images

15年ぶりにグループステージに出場したマリボルは、グループGの最初の2試合でスポルティング、シャルケと引き分けた。しかし、第3節では敵地スタンフォード・ブリッジで洗礼を受ける。ホームのチェルシーは、ディディエ・ドログバのUCLでは2012年決勝以来となるゴールなどにより、大会でのクラブ史上最多得点差勝利を挙げた。

だが、マリボルのアンテ・シムンジャ監督は落胆せず、こう述べた。「ホームならもっとチャンスをつくれるだろうし、自信を持ってプレーできるようになるだろう。チームとしてもっと良くなるはずだ」。チームは指揮官の見方が正しかったことを証明し、スロベニアで1-1と善戦。終盤にPKを与えてしまったが、エデン・アザールが蹴ったボールはGKヤスミン・ハンダノビッチが止めた。

第3節:アーセナルFC 5-1 FCシャフタール・ドネツク
第4節:FCシャフタール・ドネツク 2-1 アーセナルFC
2010-11シーズン、グループステージ

本拠地ドンバス・アレナにガナーズ(アーセナルの愛称)を迎える第4節を前に、シャフタールのミルチェア・ルチェスク監督は、「私のチームが今度はもっと勇敢に自信を持ってプレーしてくれるよう望む」と語っていた。北ロンドンに赴いた第3節では5失点の大敗を喫した上、古巣への帰還を果たしたエドゥアルドのゴールで1点を返すにとどまっていたからだ。

こうして迎えたドネツクでの第4節でも、シャフタールは開始10分にセオ・ウォルコットの先制ゴールを許してしまった。しかし、コースが変わったドミトロ・チグリンスキーのヘディングシュートで追いつくと、エドゥアルドが前節に続くゴールを決めて逆転に成功。ピットメン(シャフタールの愛称)はそのまま逃げ切り、クラブ史上初となるラウンド16進出に大きく前進した。

この逆転勝利に手応えを感じたルチェスク監督は、「この試合の前に、ロンドン(での第3節)の結果は何ら関係ないと言ったが、それが証明された」と語っている。

第3節:チェルシーFC 4-0 レアル・ベティス・バロンピエ
第4節:レアル・ベティス・バロンピエ 1-0 チェルシーFC
2005-06シーズン、グループステージ

チェルシーからゴールを奪ったダニ
チェルシーからゴールを奪ったダニ©Getty Images

ベティスはジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーに対し、敵地ロンドンでは序盤のチャンスを生かせず大敗を喫した。

しかし、気持ちが折れていなかったベティスのロレンソ・セラ・フェレール監督は、リターンマッチの直前に「サッカーでは、力のあるチームが必ず勝利を収めるわけではない」と発言。「それ以前のことは関係なく、本当に勝ちたいと強く望んだチームが勝つこともある」と語っていた。

途中出場のダニは相手DFウィリアム・ギャラスをかわすと、そのシーズンのグループステージで無失点を維持していたGKペトル・チェフから値千金の決勝点を奪った。

第3節:ASモナコFC 5-0 SKシュトゥルム・グラーツ
第4節:SKシュトゥルム・グラーツ 2-0 ASモナコFC
2000-01シーズン、グループステージ

マルコ・シモーネが前半にハットトリックを達成したフランス王者は、本拠地スタッド・ルイ2世での第3節でシュトゥルム・グラーツに圧勝し、2連敗スタートの出遅れを取り戻した。モナコのクロード・ピュエル監督も試合後、「チームが落ち着きを取り戻すとともに、グループステージ突破の可能性を広げる結果だ」と語っている。

しかし、モナコは気を緩めすぎてしまったのかもしれない。イビツァ・オシム監督率いるシュトゥルムは、第4節の40分に相手GKステファヌ・ポラトのミスに乗じたMFマルクス・ショップがロングシュートを決めて先制。試合終了2分前にも再びショップがネットを揺らし、大敗した前節の借りを返した。

第3節:ローゼンボリBK 6-1 ヘルシンボリIF
第4節:ヘルシンボリIF 2-0 ローゼンボリBK
2000-01シーズン、グループステージ

トロンハイムでの第3節では、フローデ・ヨンセンのハットトリックとロアール・ストランの2発、さらにスティグ・ヨハンセンのオウンゴールでノルウェー王者が圧勝した。しかし、ラデ・プリカのゴールで1点を返すのが精一杯だったスウェーデンの覇者も、その翌月にホームでリベンジを果たす。ヘルシンボリは10人となったローゼンボリに対し、前後半にイェスペル・ヤンソンとブラジル人FWアウバロが1点ずつを奪ってグループステージ初勝利を挙げた。

バイエルン戦でゴールを挙げて喜ぶパリの選手たち
バイエルン戦でゴールを挙げて喜ぶパリの選手たち©Getty Images

第3節:FCディナモ・キエフ 4-0 RSCアンデルレヒト
第4節:RSCアンデルレヒト 4-2 FCディナモ・キエフ
2000-01シーズン、グループステージ

アンデルレヒトは敵地でマンチェスター・ユナイテッドFCに1-5の惨敗を喫した第1節に続き、ウクライナでも敗北。終了間際にゲオルギ・デメトラーゼの2ゴールを許し、再び大差で敗れてしまった。

しかし地元ベルギーに戻った第4節では、カハ・カラーゼのゴールで序盤に先制されたアンデルレヒトの怒りがついに爆発。まずはウラジスラフ・バスチュクのオウンゴールで追いつくと、トマス・ラジンスキの2発とアリン・ストイカのゴールで前半に4点を奪い返す。ディナモは終盤にワレンチン・ベルケビッチが1点を返すにとどまった。

第3節:FCバイエルン・ミュンヘン 5-1 パリ・サンジェルマン
第4節:パリ・サンジェルマン 3-1 FCバイエルン・ミュンヘン
1997-98シーズン、グループステージ

ジオバネ・エウベルとカルステン・ヤンカーが共に2ゴールを挙げ、さらに主将トーマス・ヘルマーの追加点でとどめを刺したバイエルンは、パリの反撃をマルコ・シモーネの1点に抑えて第3節で圧勝。

敵地に乗り込んだ第4節でも、マルクス・バッベルのゴールでフランク・ガバの先制点を帳消しとする。しかし、パリは後半にフロリアン・モーリスと途中出場のジェローム・ルロワがネットを揺らし、前節の借りを返すことに成功した。