バルサ、9人のアスレティックに苦杯

スペイン国王杯3連覇を狙うバルセロナはリオネル・メッシがネットを揺らしたにもかかわらず、敵地で行われたアスレティック・クラブとのラウンド16第1戦を1-2で落とした。

Lionel Messi & Neymar (Barcelona)
©AFP

1月5日

アスレティック・クラブ 2-1 バルセロナ(アドゥリス 25分、ウィリアムス 28分;メッシ 52分)
スペイン国王杯3連覇を狙うバルセロナは、2015年の決勝で3-1と下したアスレティックにラウンド16第1戦で敗北。今シーズンの準々決勝へ勝ち進むには、第2戦での逆転勝利が必要になった。ホームのアスレティックはアリツ・アドゥリスとイニャキ・ウィリアムスが前半の4分間で立て続けに得点し、2点を先行。これで主導権を握ったものの、後半開始早々にリオネル・メッシのFKで1点差に詰め寄られる。終盤にはラウール・ガルシアとアンデル・イトゥラスペがこの日2度目の警告で退場処分となり、メッシのシュートがポストをたたく場面もあったが、アスレティックは9人でどうにか逃げ切った。

1月4日

レアル・マドリー 3-0 セビージャ(ハメス・ロドリゲス 11分 44分PK、バラン 29分)
スペイン国王杯ラウンド16第1戦に臨んだレアル・マドリーがセビージャを圧倒。特に前半はジネディーヌ・ジダン監督も「ほぼ完璧」と称える圧巻のパフォーマンスを披露した。クリスチアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマを温存したこの日のマドリーでは、ハメス・ロドリゲスが2016-17シーズンの自身3点目と4点目をマーク。7日のスペイン・リーガの試合で降格圏に沈むグラナダと引き分け以上に終われば、スペインのクラブとしては新記録となる39試合無敗を達成する。

クラブ・アフリカーン 0-3 パリ・サンジェルマン(エンクンク 19分、ディ・マリア 90+1分、オーギュスタン 90+3分)
チュニジアで行われたこの親善試合では、ユリアン・ドラクスラーがパリ移籍後初出場を果たした。ウナイ・エメリ監督率いるパリは前半、19歳のクリストファー・エンクンクのゴールで先制。試合を圧倒的に支配したものの追加点が遠い展開に。しかし後半ロスタイムに入り2ゴールが決まり、最終的には内容を反映したスコアとなった。

1月3日

ボーンマス 3-3 アーセナル(ダニエルズ 16分、ウィルソン 20分PK、フレイザー 58分;サンチェス 70分、ペレス 75分、ジルー 90+2分)
体調不良のメスート・エジルが遠征に参加しなかったアーセナルは70分の時点で3点をリードされていたが、そこから反撃。最後はオリビエ・ジルーが体をひねりながらグラニト・ジャカのクロスに頭で合わせて3-3とし、83分にサイモン・フランシスを退場で失ったボーンマスから勝ち点をもぎ取った。

ラス・パルマス 0-2 アトレティコ・マドリー(コケ 24分、グリーズマン 51分)
コケの右足のフィニッシュで先制したアトレティコは、後半開始早々にアントワーヌ・グリーズマンも得点。スペイン国王杯準々決勝へ大きく前進した。

モレイレンセ 1-0 ポルト (フランシスコ・ジェラウデス 49分)
ポルトはダニーロ(79分)とヤシン・ブライミ(85分)の退場が響き、9月27日以来となる黒星を喫した。ポルトがポルトガル・リーグカップのグループBで1勝もできないまま敗退に終わった一方、モレイレンセはベスト4に入った。

Gaël Clichy (Manchester City)
2日の試合でシティーの先制点を決めたクリシ(左)©AFP/Getty Images

ベンフィカ 4-0 ビゼラ(ミトログル 27分、リサンドロ・ロペス 48分、ジョナス 57分 60分)
ベンフィカは12月29日のパソス・フェレイラ戦に続いてホームで勝利を収め、ポルトガル・リーグカップのグループDで単独首位に立った。10日に行われるビトリアSCとのアウェー戦を引き分け以上で終えれば、準決勝に駒を進めることができる。

1月2日

マンチェスター・シティー 2-1 バーンリー(クリシ 58分、アグエロ 62分;ミー 70分)
ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティーは、フェルナンジーニョの退場により60分間を10人で戦ったものの、後半の5分間に奪った2ゴールにより、中位のバーンリーに競り勝った。クリシのゴールはアーセナル時代を含め、プレミアリーグ通算301試合でわずか3点目。シティーは2位リバプールに勝ち点2差と詰め寄っている。

Riyad Mahrez (Leicester) & Marten de Roon ()
ミドルスブラ守備陣を崩しにかかるレスターのマフレズ©Getty Images

ミドルスブラ 0-0 レスター・シティー
レスターはまたしても敵地で勝てず、4月を最後にプレミアリーグのアウェー戦で12試合未勝利となった。試合はチャンスらしいチャンスがほとんどないまま終了。リヤド・マフレズに加え、体調不良でこの試合を欠場したイスラム・スリマニは、ガボンで行われるアフリカ・ネーションズカップにアルジェリア代表として出場するため、しばらくチームを離れる。