現時点での来季UCL出場チームの顔ぶれは?

欧州の主要リーグが折り返し地点を迎えたことを受け、UEFA.comでは仮に今、シーズンが終わった場合、来季のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージはどんな顔ぶれになるのか、出場チームをまとめてみた。

Leipzig players celebrate
©Getty Images

欧州の主要国内リーグが仮に今終わった場合、2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージにはどのようなチームが出場することになるだろうか? 現在の状況を以下にまとめた。*

グループステージ出場枠のうち10枠については2017年夏の予選で決まるほか、今季のUCLならびにUEFAヨーロッパリーグの優勝チームがどこになるかということも、来季の出場チームに影響を与える。とはいえ、現時点の成績で見ると、以下に挙げる21チームが来季のUCLグループステージに出場できることになる。

スペインレアル・マドリー、セビージャ、バルセロナ
ドイツバイエルン・ミュンヘン、RBライプツィヒ、ヘルタ・ベルリン
イングランドチェルシー、リバプール、トッテナム・ホットスパー
イタリアユベントス、ローマ
ポルトガルベンフィカ、ポルト
フランスニース、モナコ
ロシアスパルタク・モスクワ
ウクライナシャフタール・ドネツク
ベルギークラブ・ブリュージュ
オランダフェイエノールト
トルコイスタンブール・バシャクシェヒル
スイスバーゼル

Mario Balotelli (Nice)
マリオ・バロッテリは好調ニースのキーマンになっている©AFP/Getty Images

これらの21チームには、おなじみの顔ぶれも数多く見受けられる一方で、ライプツィヒとイスタンブール・バシャクシェヒルはこのままの順位を維持すればUCL初挑戦となる。また、ニースは欧州チャンピオンズカップで準々決勝に進んだ1959-60シーズン以来の出場となるほか、ヘルタ・ベルリンにとっては、初出場以来18年ぶり2度目のUCLとなる。

上記のなかで今季グループステージに出場していないのは次の10チーム:チェルシー、フェイエノールト、ヘルタ、イスタンブール・バシャクシェヒル、ライプツィヒ、リバプール、ニース、ローマ、シャフタール、スパルタク

*すべての出場予定チームは現時点での順位に基づくもの。来季UEFAチャンピオンズリーグの出場チームは、今夏にUEFAによる確認を経て最終決定する。