グアルディオラ監督、欧州100試合の節目に到達

マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督は、敵地でモナコに挑んだUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦で、指揮官としてUEFA主催クラブ大会100試合目に到達した。このスペイン人監督の成績を過去の名将たちと比較してみた。

©Getty Images

マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督は、敵地でモナコに挑んだUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦で、指揮官としてUEFA主催クラブ大会100試合目に到達。さらに100試合終了時点の成績で歴代最高を塗り替えた。

グアルディオラ監督が率いるクラブはシティーで3つ目。バルセロナで4シーズン、バイエルンで3シーズンを過ごしたあと、昨夏シティーに加入した。これまでの欧州通算99試合では、61勝23分け15敗という素晴らしい成績を記録してきた(ベンチ入り禁止処分でティト・ビラノバ監督に指揮を任せたバイエルンとの2008-09シーズン準々決勝第2戦は除く)。

モナコには敗れたが、これでグアルディオラ監督はルイス・ファン・ハール氏が残した過去最高成績(100試合で61勝22分け17敗)を上回った。欧州通算100試合到達時の成績でグアルディオラ監督に続く名将たちをUEFA.comが調べ上げた。

これまでの最高成績はファン・ハール氏
これまでの最高成績はファン・ハール氏©Getty Images
1999年にUCL優勝杯を掲げるファーガソン監督
1999年にUCL優勝杯を掲げるファーガソン監督©Getty Images

UEFA主催クラブ大会100試合到達時の各監督の成績
ジョゼップ・グアルディオラ 61勝23分け16敗
ルイス・ファン・ハール 61勝22分け17敗
ラファエル・ベニテス 60勝22分け18敗
ユップ・ハインケス 58勝20分け22敗
バレリー・ロバノフスキー 56勝23分け21敗
ジョバンニ・トラパットーニ 56勝22分け22敗 
ファビオ・カペッロ 54勝27分け19敗
スベン=ゴラン・エリクソン 54勝26分け20敗
ジョゼ・モウリーニョ 54勝25分け21敗
カルロ・アンチェロッティ 51勝27分け22敗 
エルンスト・ハッペル 54勝18分け28敗
アレックス・ファーガソン 49勝32分け19敗
マヌエル・ペレグリーニ 48勝32分け20敗
ジョルジ・ジェズス 51勝22分け27敗
オットー・レーハーゲル 52勝19分け29敗
ボビー・ロブソン 50勝25分け25敗
オットマール・ヒッツフェルト 50勝24分け26敗
ディック・アドフォカート 48勝29分け23敗
ルチアーノ・スパレッティ 51勝19分け30敗
ウナイ・エメリ 47勝29分け24敗
ロベルト・マンチーニ 47勝27分け26敗
オレグ・ロマンツェフ 46勝23分け31敗
ギ・ルー 46勝23分け31敗
トーマス・シャーフ 44勝24分け32敗
クリスティアン・グロス 44勝23分け33敗
フース・ヒディンク 43勝26分け31敗
アーセン・ベンゲル 42勝29分け29敗
ミルチェア・ルチェスク監督 42勝25分け33敗
ユーリ・セミン 39勝23分け38敗

グアルディオラ監督のチャンピオンズリーグ大冒険
グアルディオラ監督のチャンピオンズリーグ大冒険