UEFA主催クラブ大会の歴史的大逆転劇

バルセロナはUEFAクラブ大会において4点差で第1戦を落としながら逆転で突破した史上4チーム目となった。2試合制の勝負における大逆転劇の数々をUEFA.comが振り返った。

Neymar of Barcelona celebrates after scoring a goal during their UEFA Champions League round of 16 second leg against Paris
Neymar of Barcelona celebrates after scoring a goal during their UEFA Champions League round of 16 second leg against Paris ©AFP/Getty Images

バルセロナは欧州チャンピオンズカップ/UEFAチャンピオンズリーグで第1戦を4点差で落としながら勝ち抜けた史上初のチームとなった。UEFAクラブ大会では史上4チーム目の快挙となる。これを記念し、欧州カップ戦の歴史に刻まれてきた、2試合制の勝負における大逆転劇の数々をUEFA.comが振り返った。

  • 欧州カップ戦における4点差からの逆転劇

ラ・ショー・ド・フォン 6-2 レイショエス
レイショエス 5-0 ラ・ショー・ド・フォン
1961-62シーズン、UEFAカップウィナーズカップ1回戦
1961年のポルトガルカップ決勝で近隣のライバル、ポルトに2-0と勝利したことで有名になったレイショエスは、この快挙により欧州カップウィナーズカップへの出場権を獲得。フィリポ・ヌニェス監督率いるチームは、欧州カップ戦でのデビュー戦となったスイスのラ・ショー・ド・フォンとの第1戦で2-6と大敗したが、本拠地カンポ・デ・サンタナで大逆転を果たす。オスバウド・シウバの2ゴールで前半のうちに2-0とリードすると、第1戦でも2得点を挙げたオリベイリーニャが、バンジーニョの1点を挟んでまたしても2得点をマーク。現在でも欧州カップ戦史上唯一、アウェーゴール差に頼らず4点差を覆したチームとなっている。

クイーンズ・パーク・レンジャーズ 6-2 パルチザン
パルチザン 4-0 クイーンズ・パーク・レンジャーズ
1984-85シーズン、UEFAカップ2回戦
アラン・ムラリー監督率いるQPRは、本来のホームスタジアムであるロフタス・ロードが人工芝だったため、当時アーセナルのホームだったハイバリーで行われた第1戦で6ゴールを挙げて大勝。3回戦進出は確実に見えた。しかしベオグラードでの第2戦ではドラガン・マンツェ、ドラガン・カリカニン、ミオドラグ・イェシッチ、ズボンコ・ジブコビッチの得点でパルチザンに勝負をひっくり返されることに。当時のQPRでMFとしてプレーしていたガリー・ワドックは「第2戦ではひどい敗戦を喫した」と振り返っている。「第1戦で大きなリードを奪ったから、突破は確実だと思っていたよ。こちらも十分に準備をしたつもりだったけれど、この結果は欧州カップ戦の第2戦で序盤につまずくと、何が起きるかをまざまざと示している」

©Getty Images

ボルシア・メンヘングラッドバッハ 5-1 レアル・マドリー
レアル・マドリー 4-0 ボルシア・メンヘングラッドバッハ
1985-86シーズン、UEFAカップ3回戦
のちにバイエルンで指揮を執るユップ・ハインケス監督の下、メンヘングラッドバッハは第1戦でマドリーに圧勝。しかし第2戦では開始17分でホルヘ・バルダーノが2ゴールを挙げ、ルイス・モロウニー監督率いるチームが息を吹き返す。さらに終盤にはカルロス・サンティジャーナが2点を加え、マドリーが大逆転で突破。彼らはその後、決勝でケルンを破って優勝している。FWのフアニートはこの逆転劇をこう振り返った。「自分はスペイン代表でプレーし、ワールドカップも2度経験している。マドリーでは何度もタイトルを獲得したが、一番記憶に残っているのはこの逆転劇だ。僕の人生で最もうれしかった日だよ」

バルセロナの大逆転劇を観よう
バルセロナの大逆転劇を観よう

パリ・サンジェルマン 4-0 バルセロナ
バルセロナ 6-1 パリ・サンジェルマン
2016-17シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16
バルセロナは欧州最高峰のクラブ大会で史上初めて、4点のビハインドを覆した。UEFA主催クラブ大会全体で第1戦を0-4で落としたケースは過去に59回あったが、アウェーゴールのルールすら適用することなく逆転して勝ち抜けたのは、今回が初となる。バルセロナは50分までに3ゴールを返したが、60分を回ったところでエディンソン・カバーニにアウェーゴールを決められ、突破にはさらに3点が必要となってしまった。88分になっても状況は同じだったが、ここでネイマールのFKが決まり、事態は急展開。ネイマールはロスタイムにPKを沈めた上、セルジ・ロベルトの決勝点もアシストした。「思わずひざまずいたよ」とルイス・エンリケ監督はコメントしている。

  • 欧州カップ戦における5点差からの逆転劇

ホンベード 5-2 パナシナイコス
パナシナイコス 5-1 ホンベード

1987-88シーズン、UEFAカップ3回戦
パナシナイコスはギリシャでの第2戦で3点のビハインドをひっくり返した。しかしこの逆転劇が語り継がれてきたのは、第1戦でパナシナイコスが一時的に0-5とリードされていたからだ。勝負のどの段階であれ、一旦5点差をつけられたチームが2試合合計で勝ち上がった例はほかにない。