欧州で最も信頼できるPKキッカーは誰?

今週のラウンド16第2戦ではロベルト・レバンドフスキやリオネル・メッシがPKを決めた。しかし彼らの成功率などはどのくらいなのだろう。欧州主要クラブでPKキッカーを務める選手の成績をUEFA.comが比較した。

Lionel Messi (Barcelona)
©Getty Images

今季のUEFAチャンピオンズリーグで成功したPK数は3分の2に満たない。これもPKが見た目ほど、簡単ではないという証拠だろう。UEFA.comが成功率75%以上を誇る現役選手をリストアップする。

ファビーニョ(モナコ)

現時点での連続成功数:16本
今シーズン:8本/8本
キャリア通算成功率:100% – 成功16本、失敗0本

ジョナス(ベンフィカ)
現時点での連続成功数:10本
今シーズン:1本/1本
キャリア通算成功率:95% – 成功20本、失敗1本

パウロ・ディバラ(ユベントス)
現時点での連続成功数:13本
今シーズン:4本/4本
キャリア通算成功率:93% – 成功13本、失敗1本

Robert Lewandowski (Bayern)
アーセナル戦でPKを決めたバイエルンのレバンドフスキ©AFP/Getty Images

ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
現時点での連続成功数:12本
今シーズン:9本/9本
キャリア通算成功率:89% – 成功24本、失敗3本

エデン・アザール(チェルシー)
現時点での連続成功数:4本
今シーズン:2本/2本
キャリア通算成功率:85% – 成功35本、失敗5本

ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)
現時点での連続成功数:0本
今シーズン:2本/3本
キャリア通算成功率:87% – 成功68本、失敗10本

アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)
現時点での連続成功数:4本
今シーズン:10本/12本
キャリア通算成功率:85% – 成功22本、失敗4本

クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
現時点での連続成功数:6本
今シーズン:8本/10本
キャリア通算成功率:84% – 成功94本、失敗18本

Relive Panenka's penalty from 1976
1976年にパネンカが決めたPKを観よう

エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
現時点での連続成功数:9本
今シーズン:8本/8本
キャリア通算成功率:82% – 成功41本、失敗9本

アンドレ・シウバ(ポルト)
現時点での連続成功数:4本
今シーズン:6本/8本
キャリア通算成功率:80% – 成功12本、失敗3本

ネイマール(バルセロナ)
現時点での連続成功数:3本
今シーズン:6本/7本
キャリア通算成功率:80% – 成功32本、失敗8本

リオネル・メッシ(バルセロナ)
現時点での連続成功数:7本
今シーズン:6本/6本
キャリア通算成功率:79% – 成功71本、失敗19本

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティー)
現時点での連続成功数:1本
今シーズン:5本/8本
キャリア通算成功率:79% – 成功30本、失敗8本

Pierre-Emerick Aubameyang (Dortmund)
ドルトムントのストライカー、オーバメヤング©Getty Images

ピエール=エメリク・オーバメヤング(ボルシア・ドルトムント)
現時点での連続成功数:0本
今シーズン:2本/4本
キャリア通算成功率:77% – 成功14本、失敗4本

ラダメル・ファルカオ(モナコ)
現時点での連続成功数:0本
今シーズン:5本/7本
キャリア通算成功率:76% – 成功34本、失敗11本

*クラブと代表での記録