マドリーが首位浮上、バイエルン快勝

レアル・マドリーが黒星を喫したバルセロナをかわし、スペイン・リーガの首位に再浮上。バイエルンは同クラブでのブンデスリーガ100ゴールを達成したロベルト・レバンドフスキの活躍などでアイントラハト・フランクフルトに快勝し、モナコも勝利を収めた。

Deportiva Barça
©Getty Images

ラウンド16第2戦:3月14日(火)
ユベントス (第1戦:2-0) ポルト
ユベントス 2-1 ACミラン(ベナティア 30分、ディバラ 90+7分PK;バッカ 43分)
ユベントスは試合のラストキックでパウロ・ディバラがPKを沈めるという劇的な形でミランに競り勝ち、ホームでの連勝を31試合に伸ばした。ビアンコネーリ(ユベントスの愛称)はダニ・アウベスのパスからメディ・ベナティアが加入後初ゴールをマークして先制したが、追いつかれていた。そして後半ロスタイム、ミランのホセ・ソサが退場となったのち、ディバラがPKで決勝点を奪った。

アロウカ 0-4 ポルト(ダニーロ 15分、ソアレス 25分 86分、ジオゴ・ジョタ 71分)
ゴールを量産しているフランシスコ・ソアレスがまたしても2得点と活躍し、ポルトは難なくリーガ9連勝。1月に加入したソアレスは、出場した6試合すべてでゴールをマークしており、今回3度目の1試合2ゴールを記録したことにより、通算9得点となった。

Francisco Soares (Porto)
ポルトで毎試合ゴールを決めているソアレス©AFP/Getty Images

レスター (第1戦:1-2) セビージャ
レスター – 週末の試合はなかったが、クレイグ・シェイクスピア暫定監督がシーズン末までチームを指揮することが12日に決まった。

セビージャ 1-1 レガネス(ヨベティッチ 43分;ガブリエウ・ピレス 3分)
スペイン・リーガで首位バルセロナを追う3位セビージャだが、敵地で1-1と引き分けた6日のアラベス戦に続き、再び勝ち点2を取りこぼした。現在、首位レアル・マドリーとの差は勝ち点5に開いている。

3月15日(水)
アトレティコ・マドリー (第1戦:4-2) バイヤー・レバークーゼン
グラナダ 0-1 アトレティコ(グリーズマン 84分)
降格の危機に瀕しているチームを相手に引き分けで終わるかと思われたアトレティコだったが、終盤にコケのクロスからアントワーヌ・グリーズマンが決めて辛くも勝利。すぐ上の3位セビージャとの勝ち点差を5ポイントに詰めた。

レバークーゼン 1-1 ベルダー・ブレーメン(フォラント 7分;ピサロ 79分)
タイフン・コルクト新監督が初采配を振るったレバークーゼンは、連敗を3でストップ。90分にベンデウが退場となったものの、後半ロスタイムにPKを獲得し、勝ち点3を奪う絶好機を得たが、エメル・トプラクが蹴ったボールはGKフェリックス・ビートバルトにセーブされてしまった。

モナコ (第1戦:3-5) マンチェスター・シティー
モナコ 2-1 ボルドー(ムバッペ 68分、モウチーニョ 74分;ロラン 84分)
モナコは2月にマンチェスター・シティーに3-5と敗れてからの4試合で4勝目をマーク。キリアン・ムバッペは今季リーグ1での10点目を挙げた。フランス・リーグ1の首位を走るモナコは2位のパリ・サンジェルマンに対する3ポイントのリードを保っている。

Sergio Agüero & David Silva (Manchester City)
敵地リバーサイド・スタジアムでシティーのゴールを挙げた選手たち©Getty Images

ミドルスブラ 0-2 マンチェスター・シティー(シルバ 3分、アグエロ 67分)
シティーはアウェーで6試合無失点とし、FAカップ準決勝に駒を進めた。パブロ・サバレタの折り返しをダビド・シルバが押し込み開始早々に先制すると、あとは危なげない戦いを披露。セルヒオ・アグエロが出場した5試合で6点目となるゴールを追加し、4月のウェンブリー行きを確実とした。  

準々決勝進出が決定したチーム
バイエルン・ミュンヘン 3-0 アイントラハト・フランクフルト(レバンドフスキ 3分 55分、ドグラス・コスタ 41分)
ロベルト・レバンドフスキがバイエルンでの通算99点目と100点目を決め、チームの勝利に貢献。首位バイエルンは2位ライプツィヒとの勝ち点差を10に広げた。後半にはジェローム・ボアテングが、カルロ・アンチェロッティ監督の下で最後に敗れたグループステージ第5節、敵地で2-3と競り負けたロストフ戦以来の出場を果たしている。

ヘルタ・ベルリン 2-1 ボルシア・ドルトムント(カルー 11分、プラッテンハルト 71分;オーバメヤング 55分)
ピエール=エメリク・オーバメヤングが好調を維持し、4試合で8点目を挙げた。ガボン代表のFWは今季ブンデスリーガで22ゴールとし、得点ランキングでレバンドフスキに1ゴール差の首位。2016-17シーズンのブンデスリーガで5敗目を喫したドルトムントだが、3位の座はキープしている。

Cristiano Ronaldo (Real Madrid)
ロナウドはまたしても新たな節目に到達©AFP/Getty Images

デポルティボ・ラ・コルーニャ 2-1 バルセロナ(ホセル 40分、ベルガンティーニョス 74分;ルイス・スアレス 46分)
UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16で驚異的な逆転突破を果たしたバルセロナだが、スペイン・リーガでは昨年10月以来となる黒星を喫した。ネイマールを欠いたルイス・エンリケ監督は、パリ・サンジェルマンとの第2戦から先発メンバー5人を変更。この試合を落としたバルサは、首位から転落した。

レアル・マドリー 2-1 レアル・ベティス(ロナウド 41分 ラモス 81分;ナバス OG 25分)
ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームは、消化試合数が1つ少ないながらもリーガ首位に返り咲いた。この日はクリスチアーノ・ロナウドが決めたほか、セルヒオ・ラモスがまたしても得点している。マドリーはGKケイロル・ナバスのオウンゴールでベティスにリードを許したものの、ロナウドがジミー・グリーブスの記録に並ぶ欧州五大リーグでの366点目を決め、同点に追いつく。さらにDFラモスが今季公式戦10ゴール目を奪い、ホームチームを勝利に導いた。