コメントと戦績:ドルトムント vs モナコ

ボルシア・ドルトムントとモナコがUEFA主催大会で顔を合わせるのは今回が初めて。しかし両陣営とも興奮が高まっており、特にピエール=エメリク・オーバメヤングにとっては古巣との対戦になる。

ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤングは2010-11シーズンにモナコでプレーしていた
ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤングは2010-11シーズンにモナコでプレーしていた ©Getty Images

試合日程
第1戦、ドルトムント:4月11日(火)
第2戦、モナコ:4月19日(水)

対戦成績
今回が初対戦

トリビア

  • ドルトムントはフランス勢に対し6勝5分け5敗。ホームでは4勝3分け1敗と、1度しか敗れていない。フランスでは2勝2分け4敗。
  • ドルトムントは昨季の開幕以来、UEFA主催大会のホームゲーム12試合で1敗しかしていない(9勝2分け1敗)。
  • トーマス・トゥヘル監督率いるチームは欧州カップ戦のアウェーゲームでも昨季開幕からの12試合で3敗のみ(7勝2分け3敗)。
  • モナコは今季すでにドイツで敗れている。第6節でバイヤー・レバークーゼンとのアウェー戦を0-3で落としホームでは1-1で引き分けた。ドイツ勢に対して通算7勝5分け4敗で、アウェーでは4勝3分け2敗、ホームでは3勝2分け1敗。
  • モナコは今大会のホームゲーム6試合で無敗(5勝1分け)。
  • ドルトムントのオーバメヤングは2010-11シーズン前半に期限付きでモナコでプレー。23試合に出場し、2ゴールを挙げた。

各チームの反応
ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督

非常に難しくはあるが、エキサイティングな対戦だ。モナコはスペクタクルな2試合の末にマンチェスター・シティーを破った。非常にまとまりのあるチームで、個のクオリティーが高く、際立つ手腕を持つ監督に恵まれている。彼らを退けるには、2試合でベストのパフォーマンスを見せるしかない。

ドルトムントの主将マルセル・シュメルツァー
僕らにとって面白い挑戦だけど、すごく厳しいタスクにもなりそうだ。モナコは個の質が高いだけでなく、チームとしてコンパクトで、絶対に勝つという気持ちを共有している。うちとしても、勝ち上がるには2試合を通してまさにそういうクオリティーを示す必要がある。ただ、僕らにそれができることは過去のチャンピオンズリーグで証明済みだ。

モナコの主将バレール・ジェルマン
最高の対戦になるだろうね。僕らは名高いスタジアムで、あの黄色い壁に挑むことになる。第1戦がアウェーで良かった。僕はドルトムントと当たると予想していたよ。彼らのほうがこういう戦いに慣れているけど、五分五分だと思う。欧州屈指のチームとも互角にわたり合えることはシティー戦で証明した。オーバメヤングと会えるのは僕らにとって嬉しいことだよ。

モナコのレオナルド・ジャルディム監督
ドルトムントは多様なクオリティーを備えたチーム。そしてチャンピオンズリーグの準々決勝で戦うことに慣れている。