2017-18シーズンUCLの暫定シード順位が決定

2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場チームについて、暫定のシード順位が決定。レアル・マドリーは8月24日に行われるグループステージ組み合わせ抽選会でポット1に入ることが決まった。ほかにもスパルタク・モスクワ、シャフタール・ドネツクなどの計8チームがポット1に入る。

UCLグループステージ組み合わせ抽選会の会場となるモナコのグリマルディ・フォーラム
UCLグループステージ組み合わせ抽選会の会場となるモナコのグリマルディ・フォーラム ©Getty Images for UEFA

8月24日にモナコで行われる2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会について、現時点で出場が確定している22チームのシード順位が決まった。3日の決勝で連覇を遂げたばかりのレアル・マドリーは8チームからなるポット1に入る。ほかにはスパルタク・モスクワが久々のポット1入りを果たしたほか、カーディフでの決勝の結果により、シャフタール・ドネツクもポット1に滑り込んだ。

2015-16シーズンから導入されたシステムに従い、ポット1には前季のUCL優勝チームと、2015-16シーズン終了時のUEFA各国協会係数ランキング(2017-18シーズンのアクセスリスト設定時)で上位7協会の国内リーグ王者が入る。だが、今回はレアル・マドリーがUCLとスペイン・リーガの両方で優勝したため、空席になった1枠に係数ランキング8位の協会ウクライナの優勝チーム、すなわちシャフタール・ドネツクが入ることになった。

残り3ポットに入るチームは、2016-17シーズンシーズン終了時のUEFAクラブ係数に基づいて決められる。

2017-18シーズン、グループステージ抽選会のポット1構成チーム
前回覇者:レアル・マドリー
ドイツ:バイエルン・ミュンヘン
イングランド:チェルシー
イタリア:ユベントス
ポルトガル:ベンフィカ
フランス:モナコ
ロシア:スパルタク・モスクワ
ウクライナ:シャフタール・ドネツク

グループステージに出場する予定の他チームの現在の係数
バルセロナ(スペイン)151.999
アトレティコ・マドリー(スペイン) 142.999
パリ・サンジェルマン(フランス) 126.333
ボルシア・ドルトムント(ドイツ) 124.899
マンチェスター・シティー(イングランド) 100.192
ポルト(ポルトガル) 98.866
マンチェスター・ユナイテッド*(イングランド) 95.192
トッテナム・ホットスパー(イングランド) 77.192
バーゼル(スイス) 74.415
アンデルレヒト(ベルギー) 58.840
ローマ(イタリア) 53.666
ベシクタシュ(トルコ) 45.840
フェイエノールト(オランダ) 23.212
RBライプツィヒ(ドイツ) 15.899

*UCL覇者のレアル・マドリーが、国内リーグの成績でグループステージ出場を決めていたため、UEFAヨーロッパリーグの優勝チームであるマンチェスター・ユナイテッドがプレーオフ出場から繰り上がり、UCLグループステージ出場権を得た。

今後決定する出場枠
プレーオフの勝者:10チーム

  • すべての出場チームが確定し、出場が認められたあとでアクセスリストの調整が必要になった場合、UCL出場権は、国内王者に優先的に与えられる(アクセスリストで定められた出場ステージに従う)。調整後のリストは、UEFAにより発表される。
  • クラブ係数ランキングは、過去5シーズンのUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAヨーロッパリーグの成績に基づいて決められている。
  • UCLを制したレアル・マドリーが国内リーグも首位で終えたため、ランキング8位の協会の国内王者(ウクライナのシャフタール・ドネツク)がポット1の8番目の枠に入った。

すべての情報はUEFAの最終承認を要する。