ユナイテッドがリンデロフを獲得した理由とは?

マンチェスター・ユナイテッドはUEFAチャンピオンズリーグ復帰に備えた今夏の補強第1弾として、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフをベンフィカから獲得した。好ましい戦力を手にしたと、UEFA.comはみている。

ビクトル・リンデロフはユナイテッドと4年契約を交わした
ビクトル・リンデロフはユナイテッドと4年契約を交わした ©Getty Images

「彼を欲しいと思っているのかどうか、それを言うつもりはない」。ジョゼ・モウリーニョ監督が少し前にこうコメントしていたため、マンチェスター・ユナイテッドがベンフィカのDFビクトル・リンデロフに関心を寄せているとの噂は消えずに残った。ユナイテッドの指揮官は結局リンデロフを手にしたが、この新戦力には果たしてどんな魅力があるのか。UEFA.comが説明する。

名前:ビクトル・リンデロフ
クラブ:マンチェスター・ユナイテッド
ポジション:ディフェンダー
国籍:スウェーデン
生年月日:1994年7月17日
利き足:右足
身長:187cm

現在の通算成績
代表戦:出場12試合、1ゴール
UEFA主催クラブ大会:出場12試合、0ゴール
国内1部リーグ:出場61試合、2ゴール

評価
「能力がなければ、あるいは自信しかないなら、選手は(セットプレーを)進んで蹴ろうとはしないものだ。(スポルティングCP戦でインパクトのあるFKを決めて)チャンスをものにしたのは、ハードワークを重ねているからであり、我々も協力しているからだ。才能が開花する前は練習を実践に生かす機会が来なかったが、彼は非常に素晴らしいセットプレーのキッカーだ」
ベンフィカのルイ・ビトリア監督

ベンフィカで得点して喜ぶリンデロフ
ベンフィカで得点して喜ぶリンデロフ©AFP/Getty Images

「彼の実力は誰も否定できない。突如としてシーンに現れ、クラブでも代表でも非常に素晴らしいプレーをしている。一緒にプレーするたびに、すごく感銘を受けているよ。今や僕らスウェーデン代表チームにとって重要な選手であり、それこそ彼が成熟した証拠だ。実力があるだけでなく、冷静で思慮深い頭脳も持ち合わせている。人間性も謙虚で、今後の成長が楽しみだよ」
スウェーデン代表のセバスティアン・ラーション

「(スウェーデンのメディアは)彼がベンフィカで残してきた実績に驚いていた。まるでベテランのようだが、ベンフィカのトップチームでは数年しかプレーしていない。トップに上がった当初の試合でも、まるで決勝のようにプレーしていた。彼のパフォーマンスもすごく印象に残っているよ。冷静沈着なリーダーであり、クラブでも代表でも主将になれる器だと確信している」
元ベンフィカで元スウェーデン代表のアンデルス・アンデション氏

「あれほど早くレギュラーとして定着したのは、素晴らしいサプライズだった。屈強なフィジカルの持ち主で、空中での競り合いに強く、非常に冷静で集中力がある。彼はチャンスに備え、訪れたチャンスを最大限に生かした」
現役時代にベンフィカでプレーし、引退後に監督も務めたトニ氏

バックグラウンド
出発点は地元のクラブであるベステロスで、チームのスウェーデン2部リーグ昇格に貢献。2011年11月に17歳でベンフィカに入団した。2015年UEFA U-21欧州選手権でスウェーデン代表としてタイトルを手にするが、 当時イーグルス(ベンフィカの相性)ではトップチームでの出場機会がほとんどなく、ミドルスブラへの移籍話も出た。しかし、2016年の初めに故障者の多発により出場が増えると、才能を開花させる。スウェーデンA代表にも選出され、ベンフィカがそのシーズンに獲得した2つのタイトルのうちの1つ目を手にした。

プレースタイル
足元に優れたCBとして定評があり、大柄だが高いスキルを併せ持つ。タックルは激しいだけでなくタイミングが絶妙で、昨季ベンフィカで出場した46試合で警告を1度しか受けていない。スピードもあり、代表では右サイドバックとしても試されているが、本職はCBだ。“アイスマン”という愛称について、本人はこう説明している。「ある監督とチームメート数人から、そう呼ばれるようになったんだ。僕がすごく冷静で、落ち着いているからだと思うよ」

ユナイテッドの新戦力はスウェーデンのラファエル・バラン?
ユナイテッドの新戦力はスウェーデンのラファエル・バラン?©AFP/Getty Images

タイプの似た選手
ファウルが少なく、カードをめったに貰わないレアル・マドリーのラファエル・バランは読みも非常に優れており、似た部分が多い。また、ブロンドの髪とセットプレーのスキルは、ロナルト・クーマンをほうふつさせる。

本人のコメント
「世界最高の選手の1人になって、最高のレベルでプレーしたい」

「試合に出られていて、いいプレーができていると自分で思う。このクラブに来て4シーズン目になるけど、選手としても人間としても大きく成長できた。周りにいる優秀なプロたちのおかげで、日々一歩ずつ前進できていると感じるよ」

「この数年間の練習がなければ、今のようなサッカー選手には決してなれていなかっただろうね。ベンフィカにはとても感謝している」

「(スウェーデン代表チームに帯同中、ユナイテッド移籍の噂を否定し)僕についていろいろ書かれていることは知っているけど、それを読むのが自分にとっていいことだとは思わない。噂話を読むことは、自分にふさわしくない。今は代表チームでの仕事に集中している。そのあと休みに入るから、どうなるかはそのときのお楽しみだね。でも僕には(ベンフィカとの)契約があるから、今は移籍のことは考えていない。これが僕の答えさ」