欧州サッカー公式ウェブサイト

1982-83シーズン:マガトの一撃がユーベを粉砕

掲載: 1983年5月25日(水), 15.09CET
6年間続いたイングランド勢による欧州チャンピオンズカップ独占を終わらせたのは、名将エルンスト・ハッペル監督率いるハンブルガーSVだった。アテネで行われた決勝ではフェリックス・マガトが序盤に得点し、ユベントスを沈めた。
1982-83シーズン:マガトの一撃がユーベを粉砕
チャンピオンズカップ優勝を喜ぶハンブルクの選手たち ©Getty Images
掲載: 1983年5月25日(水), 15.09CET

1982-83シーズン:マガトの一撃がユーベを粉砕

6年間続いたイングランド勢による欧州チャンピオンズカップ独占を終わらせたのは、名将エルンスト・ハッペル監督率いるハンブルガーSVだった。アテネで行われた決勝ではフェリックス・マガトが序盤に得点し、ユベントスを沈めた。

ハンブルガーSV 1-0 ユベントス
(マガト 9分)
OACAスピロ・ルイス、アテネ

6年間続いたイングランド勢の支配も、いつか終わりの時を迎えなければならなかった。その「いつか」が来たのがは、1982-83シーズンのUEFAチャンピオンズカップ準々決勝だ。前大会覇者のアストン・ビラFCが、ワールドカップ・イタリア大会の優勝メンバー6人を擁するユベントスにアウェーで敗れたことに不思議は無い。しかし、リバプールFCのウィジェフ・ウッジ戦での敗北は人々を驚かせ、ポーランドを興奮させた。

ゴール量産のロッシ
ユベントスは、そのウィジェフと準決勝で顔を合わせた。この対戦で特筆すべきは、ズビグニエフ・ボニエクにとって古巣との再会だったこと、そしてパオロ・ロッシがまたしても得点したことだ。ユベントスは2試合合計4-2で勝利。だが、アズーリ(イタリア代表チームの愛称)のスター、ロッシのゴールは、この試合で底をついてしまった。準決勝までの各ステージでゴールを挙げてきたロッシ、そしてそのチームメートは、ハンブルガーSVの偉大な戦略家エルンスト・ハッペル監督の前に、決勝では攻撃力を発揮できなかった。

マガトの活躍
ユベントスのミシェル・プラティニは決勝でマーカーに抑え込まれ、中盤はフェリックス・マガトが支配した。1977年のUEFAカップウィナーズカップ決勝で得点し、ハンブルクを優勝に導いていたドイツ代表MFは、この試合でも強烈なシュートでGKディーノ・ゾフを破る。追う展開を強いられたユベントスに対し、ハンブルクはこの1点を最後まで守り抜き、その戦いぶりにふさわしい勝利を達成。1回戦のディナモ・ベルリンからオリンピアコス・ピレウスFC、FCディナモ・キエフ、そして準決勝のレアル・ソシエダまで、強豪をことごとく退けてきたハンブルクは、決勝でも金星を挙げた。さらに、ドイツ・ブンデスリーガ1部でも連覇を果たした彼らは、まさに偉大なる穴馬チームといえよう。

最終更新日: 10年5月10日 21.57CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=1982/overview/index.html#1982+83

最終結果

決勝 - 1983/5/25
ハンブルク1-0ユベントス
西ドイツ西ドイツ
 
イタリアイタリア
  • スタジアム: OAKAスピロス・ルイス
  • 都市: アテネ (GRE)
準決勝出場チーム
ビジェフポーランドポーランド
レアル・ソシエダスペインスペイン
 
 

日程表

予選

決勝トーナメント

決勝