SSI Err
SSI Err
SSI Err
SSI Err 
欧州サッカー公式ウェブサイト

ドルトムント、アヤックスねじ伏せ首位通過

掲載: 2012年11月21日(水), 23.01CET
AFCアヤックス 1-4 ボルシア・ドルトムント
ドイツ王者ドルトムントが前半の3ゴールなどでアヤックスを圧倒し、グループD首位でのベスト16進出を確定した。

文: デレク・ブルックマン(アムステルダム・アレナ)
ドルトムント、アヤックスねじ伏せ首位通過
マリオ・ゲッツェのゴールを喜ぶドルトムントの選手たち ©Getty Images
SSI Err
掲載: 2012年11月21日(水), 23.01CET

ドルトムント、アヤックスねじ伏せ首位通過

AFCアヤックス 1-4 ボルシア・ドルトムント
ドイツ王者ドルトムントが前半の3ゴールなどでアヤックスを圧倒し、グループD首位でのベスト16進出を確定した。

ボルシア・ドルトムントが敵地アムステルダム・アレナでAFCアヤックスに4-1と快勝し、UEFAチャンピオンズリーグ・グループDの首位通過を決めた。

ドイツ王者は前半のうちに3点を先取する素晴らしい戦いを見せた。まずマルコ・ロイスがペナルティーエリア内から冷静に蹴り込んで開始8分に先制。その後はアヤックスがボールを支配したものの、ゴールを脅かすことはできず、マリオ・ゲッツェに低い弾道の一撃で追加点を許した。さらにゲッツェのシュートをGKケネス・フェルメールが弾いたところを、ロベルト・レバンドフスキに押し込まれ、3点目。このポーランド代表ストライカーは、67分にも自身の2点目を追加した。

アヤックスは途中出場のダニエル・ホーセンが終盤に1点を返すのがやっとだった。この結果、ドルトムントは1節を残してグループDの首位通過が確定。アヤックスはこれでベスト16進出の望みがなくなり、最終節ではマンチェスター・シティーFCを抑えてUEFAヨーロッパリーグに回れるグループ3位を目指すことになった。

ホームのアヤックスは、リズムをつくる前に見事な一撃でリードを奪われる。右サイドを猛スピードで駆け上がったロイスがゲッツェとのパス交換からフェルメールの股間を破った。アヤックスが反撃の形をつくったのは、それから15分が経過してから。クリスティアン・エリクセンがペナルティーエリア端からカーブをかけて狙った一撃が、GKロマン・バイデンフェラーの守るゴールをわずかに外れた。

ユルゲン・クロップ監督率いるドルトムントはアヤックスにボールを持たせ、カウンターを狙う作戦に出たが、これが30分を回ったところで奏功する。マッツ・フンメルスがFKを素早く左サイドにいたゲッツェに送る。リカルド・ファン・ラインをかわしたゲッツェは低い弾道の一撃をニアポスト内側に押し込み、自身のUEFAチャンピオンズリーグ初ゴールを記録した。その5分後、フランク・デ・ブール監督率いるアヤックスは、さらに追加点を許す。またしてもゲッツェが絡み、ボレーシュートを放つとトビー・アルデルベイレルトに当たって方向が変わる。フェルメールはこれを弾くことしかできず、レバンドフスキに押し込まれた。

後半から気持ちを切り替えてきたアヤックスは、エリクセンがすぐにバイデンフェラーにこの日初めてのセーブらしいセーブを強いる。ドルトムントの守護神は、狙いすましたシュートを低い位置でブロックした。続いてクリスティアン・ポウルセンに代わって入っていたラッセ・シェネも、枠内シュートを打つ。しかしその直後に点差はさらに開く。またしても演出したのはゲッツェで、レバンドフスキがこのドイツ代表アタッカーのクロスをうまくコントロールし、ダイブしたフェルメールの下を通す低い一撃を蹴り込んだ。ドルトムントは終盤にエリクセンの巧みなプレーからホーセンに1点を返されたものの、チームの見事な戦いぶりを堪能したアウェーサポーターたちの気分に水を差すことはできなかった。

最終更新日: 12年11月22日 1.13CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2013/matches/round=2000347/match=2009558/postmatch/report/index.html

ラインアップ

アヤックス

アヤックス

ドルトムント

ドルトムント

1
フェルメールケネス・フェルメール (GK)
1
バイデンフェラーロマン・バイデンフェラー (GK) (主将)
3
アルデルベイレルトトビー・アルデルベイレルト
4
スボティッチネベン・スボティッチ
4
モイサンデルニクラス・モイサンデル
Yellow Card85
6
ベンダースベン・ベンダー
Substitution63
5
C・ポウルセンクリスティアン・ポウルセン
Substitution46
8
ギュンドアンイルカイ・ギュンドアン
6
エノーエヨン・エノー
Yellow Card19
Substitution64
9
レバンドフスキロベルト・レバンドフスキ
Goal41
Goal67
8
エリクセンクリスティアン・エリクセン
10
ゲッツェマリオ・ゲッツェ
Goal36
Yellow Card53
Substitution70
10
S・デ・ヨングシーム・デ・ヨング (主将)
11
ロイスマルコ・ロイス
Goal8
Substitution79
17
ブリントダリー・ブリント
15
フンメルスマッツ・フンメルス
21
ブーリフターデルク・ブーリフター
Substitution73
19
グロスクロイツケビン・グロスクロイツ
24
ファン・ラインリカルド・ファン・ライン
26
ピシュチェクウカシュ・ピシュチェク
27
ルコキジョディ・ルコキ
29
シュメルツァーマルセル・シュメルツァー

控え選手

22
シレッセンヤスパー・シレッセン (GK)
20
ランゲラクミチェル・ランゲラク (GK)
19
サナトビアス・サナ
7
ライトナーモリッツ・ライトナー
20
シェネラッセ・シェネ
Substitution46
16
ブワシュチコフスキヤクブ・ブワシュチコフスキ
Substitution70
23
ホーセンダニー・ホーセン
Substitution64
Goal87
23
シーバーユリアン・シーバー
Substitution79
33
フェルトマンヨエル・フェルトマン
24
レーベクリス・レーベ
35
ディユクスミッチェル・ディユクス
27
フェリペ・サンタナフェリペ・サンタナ
39
フィッシャービクトル・フィッシャー
Substitution73
44
ペリシッチイバン・ペリシッチ
Substitution63

監督

フランク・デ・ブール (NED) ユルゲン・クロップ (GER)

主審

ペドロ・プロエンサ (POR)

副審

チアゴ・トリゴ (POR), ベルティーノ・ミランダ (POR)

第4審判員

ベナンシオ・トメ (POR)

追加副審

ドゥアルテ・ゴメス (POR), ジョアン・カペラ (POR)

凡例

  • ゴールゴール
  • オウンゴールオウンゴール
  • ペナルティーペナルティー
  • PK失敗PK失敗
  • reds_card退場
  • yellow_cards警告
  • yellow_red_cards警告2回で退場
  • 選手交代選手交代