SSI Err 
欧州サッカー公式ウェブサイト

ボアテングの2発でミランが勝ち抜ける

掲載: 2013年8月28日(水), 22.40CET
ACミラン 3-0 PSVアイントホーフェン(2試合合計 4-1)
ケビン・プリンス・ボアテングがマリオ・バロテッリのゴール前後に2得点を挙げ、7度の優勝を誇るミランが通算17度目のグループステージ進出を決めた。
文: パオロ・メニクッチ(スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)
ボアテングの2発でミランが勝ち抜ける
先制ゴールに喜ぶミランのケビン・プリンス・ボアテング ©AFP/Getty Images
SSI Err
掲載: 2013年8月28日(水), 22.40CET

ボアテングの2発でミランが勝ち抜ける

ACミラン 3-0 PSVアイントホーフェン(2試合合計 4-1)
ケビン・プリンス・ボアテングがマリオ・バロテッリのゴール前後に2得点を挙げ、7度の優勝を誇るミランが通算17度目のグループステージ進出を決めた。

ケビン・プリンス・ボアテングが2得点、マリオ・バロテッリが1得点したACミランが、PSVアイントホーフェンを退け、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージへ進出した。2試合合計4-1でプレーオフを制し、過去12シーズンで11度目となるグループステージに挑む。

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでの第2戦では、PSVにも決定機は何度もあったが、ミランのGKクリスティアン・アッビアーティが、ボアテングの先制ゴール前後に好セーブを連発。その構図は、バロテッリが後半の早い時間帯にロッソネーリ(ミランの愛称)の追加点を挙げるまで続いた。フィリップ・コクー監督率いる若いチームの反撃への希望は残り13分、ミランがチームのいい連係からボアテングの自身2点目でリードを広げたシーンで完全に消滅した。

両チームとも4-3-3のフォーメーションで臨んだため、序盤はスペースがなかなか見つからない。8分、最初のチャンスはPSVで、ティム・マタウシュが正確なヘディングを放つが、アッビアーティに横っ飛びでセーブされた。その1分後、ボアテングが25メートルから右足で狙ったシュートがGKイエルーン・ズートの守るゴール下隅に決まり、ミランが先制する。

その後もアッビアーティが体を一杯に伸ばしてのセーブで、PSVのこの日、そして2試合合計での同点ゴールを阻む。さらに、ゴール上隅に決まりそうだったアダム・マヘルの鮮やかなボレーも、ミランの守護神は手のひらで防いだ。ホームチームも攻撃を続け、ボアテングの絶妙なパスを受けたリッカルド・モントリーボが右足で狙うも、枠をとらえきれない。マッティア・デ・シリオの低いクロスに合わせたステファン・エル・シャーラウィは一層ゴールに近づいたものの、強烈な一撃はバーに弾かれた。

PSVも41分、イェトロ・ビレムスの左ウイングから対角を狙ったシュートが枠に嫌われる。後半開始直後にも、アウェーチームは同点ゴールの大きなチャンスを迎えた。左からの低いセンタリングが、誰にも触れないままノーマークでファーポスト付近にいたヒョルヒニオ・バイナルドゥムへ。しかし、このMFの至近距離からのシュートはアッビアーティにブロックされてしまった。

すると55分、ミランがようやくひと息つく。エル・シャーラウィのCKをフィリップ・メクセスが頭で落とし、最後はバロテッリが至近距離からボレーで沈めた。アッビアーティがスタイン・スハールスの危険なシュートにまたもファインセーブを見せ、忘れられない一夜を締めくくると、ミランの勝利の最後を飾ったのはボアテング。バロテッリとアンドレア・ポーリが絡んだ鋭いカウンター攻撃から、低く正確なシュートをファーポスト付近に決めた。


最終更新日: 13年9月6日 1.55CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/round=2000478/match=2011757/postmatch/report/index.html#2