欧州サッカー公式ウェブサイト

アトレティコ、アウェーゴール差で決勝へ

掲載: 2016年5月3日(火), 22.44CET
バイエルン 2-1 アトレティコ (2試合合計:2-2、アトレティコがアウェーゴール差で勝利)
アントワーヌ・グリーズマンが後半にアウェーゴールを奪い、アトレティコをこの3年で2度目となる決勝進出に導いた。

rate galleryrate photo
1/0
counter
  • loading...

試合データ

バイエルンアトレティコ

得点2
 
1
ボール支配率(%)68
 
32
総シュート数34
 
7
シュート枠内12
 
4
シュート枠外13
 
2
シュート阻止9
 
1
ゴール枠0
 
0
CK回数12
 
2
オフサイド3
 
2
警告1
 
1
退場0
 
0
ファウル数14
 
10
被ファウル数10
 
14
パス668
 
212
パス成功591
 
154

順位表

 
掲載: 2016年5月3日(火), 22.44CET

アトレティコ、アウェーゴール差で決勝へ

バイエルン 2-1 アトレティコ (2試合合計:2-2、アトレティコがアウェーゴール差で勝利)
アントワーヌ・グリーズマンが後半にアウェーゴールを奪い、アトレティコをこの3年で2度目となる決勝進出に導いた。

  • アトレティコ・マドリーがアウェーゴール差でバイエルン・ミュンヘンを退け、この3年で2度目となる決勝進出を決めた
  • バイエルンはシャビ・アロンソのFKにより2試合合計で追いついたが、トーマス・ミュラーのPKをヤン・オブラクに阻止された
  • 後半開始後にアントワーヌ・グリーズマンが抜け出し、この日の同点ゴールをマーク
  • ホームのバイエルンはロベルト・レバンドフスキのヘディングで再び勝ち越すも、3シーズン連続で準決勝敗退
  • アトレティコは5月28日にミラノで行われる決勝でマンチェスター・シティー対レアル・マドリーの勝者と対戦する

アトレティコ・マドリーがアウェーゴール差でバイエルン・ミュンヘンを退け、この3年で2度目となるUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を決めた。両チームがPKを失敗するなか、アントワーヌ・グリーズマンが後半にアトレティコを突破へ導くゴールを奪った。

©AFP/Getty Images

今大会のホームゲーム5試合に全勝していたバイエルンは序盤から主導権を握るも、アトレティコの堅い守備をなかなか崩せない。ダビド・アラバの意表を突く浮き球のパスからチャンスが生まれたが、トーマス・ミュラーの横パスに合わせたロベルト・レバンドフスキのシュートはGKヤン・オブラクに止められた。

オブラクはその後、約30メートルの距離からフランク・リベリが狙った一撃をキャッチし損なったものの、リバウンドに詰めたレバンドフスキのフィニッシュはゴール上へ外れる。しかし、攻勢を保ち続けたホームチームは31分に均衡を破ることに。シャビ・アロンソのFKが壁に入っていたホセ・マリア・ヒメネスに当たってコースを変え、オブラクの逆を突いてゴールに吸い込まれた。

その3分後、バイエルンにリードを2点に広げるビッグチャンスが訪れる。ハビ・マルティネスが敵陣ペナルティーエリア内でヒメネスに倒され、PKを獲得。これを任されたミュラーは左へ蹴るも、オブラクにセーブされてしまった。

後半に入ってからもバイエルンは攻め続けたが、54分にゴールを奪ったのはアトレティコだった。コケのパスをアントワーヌ・グリーズマンが頭でつなぐと、これを受けたフェルナンド・トーレスは最終ラインの裏へ抜け出すグリーズマンへスルーパス。GKマヌエル・ノイアーと1対1になったフランス人ストライカーは冷静にゴールを陥れ、今大会7得点とした。

その後、オブラクはアロンソとレバンドフスキのシュートをセーブしたが、74分に再び失点する。アラバのクロスをアルトゥーロ・ビダルが頭で折り返すと、レバンドフスキが至近距離から押し込んだ。

バイエルンはこれで逆転突破まであと1点としたものの、ハビ・マルティネスがトーレスを倒してアトレティコにPKを与えてしまう。しかし、今度はノイアーがトーレスのPKをはじき出した。

それでもバイエルンは最後まであと1点が奪えず。3シーズン連続でスペイン勢に屈して準決勝敗退という結果に終わった。一方のアトレティコは、5月28日にミラノで2014年に逃したタイトルに再び挑戦することになる。

ジョーダン・マシエル記者の分析

キープレーヤー:ヤン・オブラク
バイエルンが試合を支配していた時間帯にミュラーのPKをセーブ。これが決まっていれば、ホームチームが2-0とリードしていた。オブラクは後半に入ってからも再三チームを救い、アトレティコ守備陣の最後の砦として決勝進出に大きく貢献した。

©Getty Images

オブラクがミュラーのPKを止める

アトレティコがバイエルンの猛反撃をしのぐ
ミュンヘンではよく見られる光景だが、バイエルンは容赦なく猛攻を仕掛けた。前半のうちに2試合合計で逆転されなかったアトレティコは、運にも恵まれたと言っていい。しかし、さすがのバイエルンも後半に入ると攻め疲れを見せるようになり、ほんの一瞬のすきに痛恨のアウェーゴールを奪われてしまった。

手痛いミュラーのPK失敗
アロンソのFKが決まった3分後にミュラーがPKを沈めていれば、バイエルンはこの対戦で初めて優位に立てたはずだった。バイエルンはその後も攻め続けたが、次の1点を奪って2試合合計でリードしたのはアトレティコだった。グアルディオラ監督率いるチームはシュート数で35対7と圧倒したものの、アウェーゴール差で涙をのむ結果に終わった。

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

最終更新日: 16年5月4日 12.35CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/matches/round=2000637/match=2015787/postmatch/report/index.html

ラインアップ

バイエルン

バイエルン

アトレティコ

アトレティコ

1
ノイアーマヌエル・ノイアー (GK)
13
オブラクヤン・オブラク (GK)
7
リベリフランク・リベリ
2
ゴディンディエゴ・ゴディン
8
ハビ・マルティネスハビ・マルティネス
Yellow Card84
3
フィリペ・ルイスフィリペ・ルイス
9
レバンドフスキロベルト・レバンドフスキ
Goal74
6
コケコケ
Substitution90+3
11
ドグラス・コスタドグラス・コスタ
Substitution73
7
グリーズマンアントワーヌ・グリーズマン
Goal54
Substitution82
14
シャビ・アロンソシャビ・アロンソ
Goal31
9
トーレスフェルナンド・トーレス
Penalty84
17
ボアテングジェローム・ボアテング
12
フェルナンデスアウグスト・フェルナンデス
Substitution46
21
ラームフィリップ・ラーム (主将)
14
ガビガビ (主将)
23
ビダルアルトゥーロ・ビダル
17
サウール・ニゲスサウール・ニゲス
25
ミュラートーマス・ミュラー
Penalty34
20
フアンフランフアンフラン
27
アラバダビド・アラバ
24
ヒメネスホセ・マリア・ヒメネス
Yellow Card34

控え選手

26
ウルライヒスベン・ウルライヒ (GK)
1
モヤミゲル・アンヘル・モヤ (GK)
4
タスキセルダル・タスキ
15
サビッチステファン・サビッチ
Substitution90+3
6
チアゴ・アルカンタラチアゴ・アルカンタラ
16
コレアアンヘル・コレア
13
ラフィーニャラフィーニャ
19
ルカ・エルナンデスルカ・エルナンデス
19
ゲッツェマリオ・ゲッツェ
21
カラスコヤニク・カラスコ
Substitution46
29
コマンキングスリー・コマン
Substitution73
22
パーティトーマス・パーティ
Substitution82
32
キミッヒヨシュア・キミッヒ
23
ビエットルシアーノ・ビエット

監督

ジョゼップ・グアルディオラ (ESP) ディエゴ・シメオネ (ARG)

主審

ジュネイト・チャキル (TUR)

副審

ジェム・サトマン (TUR), タリク・オングン (TUR)

第4審判員

セルカン・オク (TUR)

追加副審

フセイン・ゲジェク (TUR), バリシュ・シムシェク (TUR)

凡例

  • ゴールゴール
  • オウンゴールオウンゴール
  • ペナルティーペナルティー
  • PK失敗PK失敗
  • reds_card退場
  • yellow_cards警告
  • yellow_red_cards警告2回で退場
  • 選手交代選手交代