欧州サッカー公式ウェブサイト

マドリー、シティーを退け決勝進出

掲載: 2016年5月4日(水), 22.47CET
レアル・マドリー 1-0 マンチェスター・シティー(2試合合計:1-0)
ガレス・ベイルのクロスがフェルナンドに当たって入った20分のゴールが決勝点となり、ホームチームが通算14回目の決勝に進出。同じ街のライバル、アトレティコと対決することになった。

rate galleryrate photo
1/0
counter
  • loading...

試合データ

レアル・マドリーマンチェスターC

得点1
 
0
ボール支配率(%)53
 
47
総シュート数15
 
4
シュート枠内5
 
0
シュート枠外5
 
4
シュート阻止5
 
0
ゴール枠1
 
1
CK回数5
 
3
オフサイド5
 
2
警告1
 
3
退場0
 
0
ファウル数5
 
10
被ファウル数10
 
5
パス553
 
454
パス成功498
 
394

順位表

 
掲載: 2016年5月4日(水), 22.47CET

マドリー、シティーを退け決勝進出

レアル・マドリー 1-0 マンチェスター・シティー(2試合合計:1-0)
ガレス・ベイルのクロスがフェルナンドに当たって入った20分のゴールが決勝点となり、ホームチームが通算14回目の決勝に進出。同じ街のライバル、アトレティコと対決することになった。

  • レアル・マドリーがマンチェスター・シティーに競り勝ち、ここ3年で2度目のUEFAチャンピオンズリーグ決勝へ進出
  • ガレス・ベイルのクロス(20分)がフェルナンドに当たってそのままゴールとなり、この1点で決着がついた
  • マドリーは今大会のホームゲームで6戦6勝、19得点0失点
  • 通算14回目の決勝進出を果たしたマドリーに対し、シティーはクラブ史上初めての準決勝で敗退
  • ミラノで5月28日に行われる決勝では、2014年の決勝に続いてレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーが顔を合わせる

レアル・マドリーがマンチェスター・シティーに競り勝ち、通算14回目の決勝進出を確定。2016年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝は再びマドリード勢対決となった。

スコアレスドローに終わった先週の第1戦ではシティーの守備陣が健闘したものの、この日は開始早々の10分に主将バンサン・コンパニが負傷交代。重圧を背負っていたシティーの最終ラインにとっては最も避けたかったことが現実となり、20分にはついにゴールを奪われた。

ガレス・ベイルが相手ペナルティーエリアの右からクロスを入れると、フェルナンドに当たったボールはGKジョー・ハートの頭上を越え、ファーポスト際に吸い込まれていった。その後もマドリーは追加点のチャンスを迎えたが、マルセロのシュート気味のクロスはファーサイドへ抜け、セルヒオ・ラモスのゴールもオフサイドの判定で取り消された。

セルヒオ・アグエロが前線で孤立したシティーはなかなかチャンスをつくれなかったものの、44分にようやくゴールを脅かす。フェルナンジーニョがペナルティーエリア手前でケビン・デ・ブルイネのパスを受けると、ダニ・カルバハルをかわしてシュート。これは決まったかと思われたが、ボールは右ポストの外側をたたいて外れた。

後半に入ると再びマドリーがゴールに迫り、ベイルの浮き球に反応したルカ・モドリッチがオフサイドトラップを突破。ハートと1対1になる決定機を迎える。クロアチア代表MFは鋭いシュートを放ったが、ハートが左手でこれを阻止した。

その後、ヘセ・ロドリゲスのクロスにクリスチアーノ・ロナウドが頭で合わせるも、シュートはハートの正面へ。シティーの背番号1は、ルーカス・バスケスのスルーパスで抜け出したロナウドのシュートも阻止する。さらにベイルのヘディングシュートがハートに襲い掛かったが、これはクロスバーに当たって事なきを得た。

効果的な攻撃を繰り出せないにもかかわらず、追加点を与えることなくどうにか踏みとどまっていたシティーは、終了間際にアグエロの際どいシュートでマドリーを凍りつかせる。しかしこれも得点には至らず、1-0で逃げ切ったマドリーが決勝へ進出。2014年の大一番に続いてアトレティコ・マドリーと対戦することになった。

ジョセフ・ウォーカー記者の分析

キープレーヤー:ガレス・ベイル
好調を維持するウェールズ代表は、この日も素晴らしいパフォーマンスを披露。タイミングのいい飛び出しからのクロスはフェルナンドに当たってハートを破り、マドリーをここ3年間で2度目のUCL決勝に導くゴールとなった。その後もクロスバー直撃のヘディングシュートを放ったほか、持ち前のスピードとゴールに直結した動きでシティー守備陣に脅威を与え続けた。

©AFP/Getty Images

好調をキープしているナバス

鉄壁のナバス
今大会のケイロル・ナバスは、出場したすべてのホームゲーム(ここまで5試合)で無失点を維持。この日はシティー攻撃陣に怖さがなく、ゴールを脅かされる場面がほとんどなかったが、マドリーがミラノでの決勝へたどり着けたのも、これまで2ゴールしか奪われていないナバスの存在が大きいはずだ。

ペレグリーニ監督の戦術を無効化
ペレグリーニ監督はカゼミロの欠場を最大限に生かそうと考え、4-1-4-1のフォーメーションを採用。しかし中盤を制圧したのはマドリーで、モドリッチ、イスコ、トニ・クロースがピッチの中央から試合をコントロールした。故障から復帰し、攻撃的MFの位置に入ったシティーのヤヤ・トゥーレも、この3人の激しいプレッシャーを受けて思うようなプレーができず。シティーの最終ラインにボールが入ると、今度はベイルとロナウド、ヘセの3トップが前線から積極的にプレスを掛けた。

©Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

最終更新日: 16年5月23日 16.26CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/matches/round=2000637/match=2015788/postmatch/report/index.html

ラインアップ

レアル・マドリー

レアル・マドリー

マンチェスターc

マンチェスターC

1
ナバスケイロル・ナバス (GK)
1
ハートジョー・ハート (GK)
3
ペペペペ
3
サニャバカリ・サニャ
4
ラモスセルヒオ・ラモス (主将)
4
コンパニバンサン・コンパニ (主将)
Substitution10
7
ロナウドクリスチアーノ・ロナウド
6
フェルナンドフェルナンド
Goal20
Yellow Card71
8
クローストニ・クロース
10
アグエロセルヒオ・アグエロ
11
ベイルガレス・ベイル
15
ヘスス・ナバスヘスス・ナバス
Substitution69
12
マルセロマルセロ
17
デ・ブルイネケビン・デ・ブルイネ
Yellow Card30
15
カルバハルダニ・カルバハル
22
クリシガエル・クリシ
19
モドリッチルカ・モドリッチ
Substitution88
25
フェルナンジーニョフェルナンジーニョ
20
ヘセヘセ
Substitution56
30
オタメンディニコラス・オタメンディ
Yellow Card90+4
22
イスコイスコ
Substitution67
42
トゥーレヤヤ・トゥーレ
Substitution61

控え選手

13
カシージャキコ・カシージャ (GK)
13
カバジェーロウィリー・カバジェーロ (GK)
2
バランラファエル・バラン
7
スターリングラヒーム・スターリング
Substitution61
10
ハメス・ロドリゲスハメス・ロドリゲス
Substitution67
11
コラロフアレクサンダル・コラロフ
16
コバチッチマテオ・コバチッチ
Substitution88
14
ボニウィルフリード・ボニ
18
ルーカス・バスケスルーカス・バスケス
Substitution56
Yellow Card83
18
デルフファビアン・デルフ
23
ダニーロダニーロ
20
マンガラエリアキム・マンガラ
Substitution10
29
マジョラルボルハ・マジョラル
72
イヘアナチョケレチ・イヘアナチョ
Substitution69

監督

ジネディーヌ・ジダン (FRA) マヌエル・ペレグリーニ (CHI)

主審

ダミル・スコミナ (SVN)

副審

ユレ・プラプロトニク (SVN), ロベルト・ブカン (SVN)

第4審判員

ボヤン・ウル (SVN)

追加副審

マテイ・ユグ (SVN), スラブコ・ビンチッチ (SVN)

凡例

  • ゴールゴール
  • オウンゴールオウンゴール
  • ペナルティーペナルティー
  • PK失敗PK失敗
  • reds_card退場
  • yellow_cards警告
  • yellow_red_cards警告2回で退場
  • 選手交代選手交代