欧州サッカー公式ウェブサイト

マドリー、PK戦を制し戴冠

掲載: 2016年5月28日(土), 23.30CET
レアル・マドリー 1-1 アトレティコ・マドリー(レアル・マドリーがPK戦に5-3で勝利)
マドリーがPK戦の末にまたしてもアトレティコを破り、11回目の欧州制覇を果たした。
文: アンドリュー・ハスラム(スタディオ・サン・シーロ)

rate galleryrate photo
1/0
counter
  • loading...

試合データ

レアル・マドリーアトレティコ

得点1
 
1
ボール支配率(%)46
 
54
総シュート数25
 
18
シュート枠内8
 
4
シュート枠外6
 
11
シュート阻止11
 
3
ゴール枠0
1
CK回数7
 
6
オフサイド0
2
警告6
 
2
退場0
 
0
ファウル数18
 
16
被ファウル数15
 
17
パス557
 
627
パス成功497
 
543

順位表

 
掲載: 2016年5月28日(土), 23.30CET

マドリー、PK戦を制し戴冠

レアル・マドリー 1-1 アトレティコ・マドリー(レアル・マドリーがPK戦に5-3で勝利)
マドリーがPK戦の末にまたしてもアトレティコを破り、11回目の欧州制覇を果たした。

  • レアル・マドリーが通算11回目、ここ3シーズンで2回目の欧州制覇を達成
  • クリスチアーノ・ロナウドが優勝を決めるPKを沈めた
  • アトレティコは後半開始から投入したヤニク・カラスコのゴールで同点に
  • レアル・マドリーの先制点を挙げ、この試合のUEFAマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのは、やはりアトレティコと対戦した2014年の決勝で同点ゴールを決めたセルヒオ・ラモス
  • アトレティコは47分にアントワーヌ・グリーズマンのPKがクロスバーに嫌われた

レアル・マドリーがPK戦の末にアトレティコ・マドリーを下し、ここ3シーズンで2度目のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた。

序盤にレアル・マドリーの先制点を挙げたのは、アトレティコを下した2年前の決勝で同点ゴールを決めたセルヒオ・ラモス。アトレティコも途中出場のヤニク・カラスコが79分に決めて追いつくと、迎えた延長戦でも両者譲らず勝負はPK戦へ。4人目のキッカー、フアンフランのシュートがポストの根元をたたいたアトレティコに対し、レアル・マドリーはクリスチアーノ・ロナウドが確実に決めて栄冠を手にした。

アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は「非常に緊迫した戦いになるだろう」と予想していたが、試合は両チームが序盤から攻め合う展開に。まずはレアル・マドリーが右サイドで得たFKからチャンスを迎え、ガレス・ベイルのボールに合わせてカゼミロがシュート。アトレティコのGKヤン・オブラクに難しいセーブを強いた。

するとレアル・マドリーは15分、その反対側のサイドからトニ・クロースが入れたFKで均衡を破る。マークを外したベイルが頭で後方にボールを流すと、ステファン・サビッチの前にうまく身体を入れたラモスがオブラクの足下を破った。

キックオフ前に行われたアリシア・キーズのパフォーマンスを観よう

しかし、アトレティコも後半からペースを上げると、ペナルティーエリア内でペペのファウルを受けたフェルナンド・トーレスがPKを獲得。キッカーを務めたアントワーヌ・グリーズマンはコースよりパワーを選択したが、シュートは無情にもクロスバーをたたいた。

レアル・マドリーは70分以降、追加点のチャンスを再三つくったが、カリム・ベンゼマとクリスチアーノ・ロナウド、さらにベイルが決定機で決めきれない。アトレティコの同点ゴールが生まれたのは、サビッチがベイルのシュートをライン上でブロックした直後だった。ガビとのパス交換からフアンフランがクロスを入れると、後半開始から投入されていたカラスコがUCL初ゴールで試合を振り出しに戻した。

アンドリュー・ハスラム記者の分析

UEFAマン・オブ・ザ・マッチ:セルヒオ・ラモス
アトレティコとしては、ラモスの顔を見るのも我慢ならないはずだ。このレアル・マドリーの主将は今シーズン、ここまでわずか2ゴールと得点が多かったわけではなく、UCLでも2年間にわたってネットを揺らしていなかった。しかし、UCLで最後にゴールを奪ったのが2014年の決勝で、今回も2年前と同じ大舞台で得点をマーク。異なる2大会のUCL決勝でゴールを挙げたのは、ラモスで史上5人目となり、DFとしては史上初の快挙だ。

ヨアン・ルペスク技術部長は、ラモスがアレックス・ファーガソン氏を含めたUEFAテクニカル・オブザーバーズのUEFAマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたことを発表した。「守備での際立ったプレー、チームを引っ張るリーダーシップ、そしてもちろん1点目を奪った攻撃面での貢献」をその理由に挙げている。

©Getty Images

またしても決勝で敗れたアトレティコ
欧州チャンピオンズカップ時代を含め、この大会の決勝で初出場から3連敗を喫したチームはアトレティコが初めて。過去2連敗していたチームはユベントスとバルセロナだけだが、どちらも3度目の挑戦(それぞれ1985年と1992年)で栄冠を手にしていた。今回のアトレティコもその例に倣いたいところだったが、レアル・マドリーはこの大会の決勝で1981年から無敗を維持しており、欧州最強クラブを決める大一番での強さを改めて証明する恰好となった。

今回もナバスの牙城を崩せなかったグリーズマン
グリーズマンは昨年10月に行われたリーガの一戦に続き、レアル・マドリーからPKで得点を奪うことができなかった。8カ月前にグリーズマンのPKを阻止していたナバスは、精神的な駆け引きでこのフランス代表FWに勝利。今シーズンのグリーズマンは2本のPKを沈めており、この日のPK戦ではネットを揺らしたものの、チームを勝利に導くことはできなかった。

称賛に値するアトレティコの気迫
シメオネ監督率いるチームは2014年の決勝以降、レアル・マドリーとの10試合で1敗にとどまる(昨シーズンのUCL準々決勝のみ)。この日もリードを許す苦しい展開だったが、強い気持ちを失うことなく反撃して追いついた。

カラスコがベルギー人選手初の快挙
シメオネ監督は今シーズン、試合に大きな影響を与える選手としてカラスコを信頼してきたが、ここまで期待に応えたことはなかったと言ってもいい。的確な判断でドリブル勝負を挑み、レアル・マドリー守備陣を押し込んだだけでなく、豪快な同点ゴールも奪ってみせた。この大会の決勝でゴールを決めたベルギー人選手は、カラスコが初めてだった。

©Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

©Getty Images

©AFP/Getty Images

©AFP/Getty Images

©Getty Images

最終更新日: 16年5月29日 13.38CET

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/matches/round=2000638/match=2015789/postmatch/report/index.html#pk

ラインアップ

レアル・マドリー

レアル・マドリー

アトレティコ

アトレティコ

1
ナバスケイロル・ナバス (GK)
Yellow Card47
13
オブラクヤン・オブラク (GK)
3
ペペペペ
Yellow Card112 延長
2
ゴディンディエゴ・ゴディン
4
ラモスセルヒオ・ラモス (主将)
Goal15
Yellow Card90+3
3
フィリペ・ルイスフィリペ・ルイス
Substitution109 延長
7
ロナウドクリスチアーノ・ロナウド
6
コケコケ
Substitution116 延長
8
クローストニ・クロース
Substitution72
7
グリーズマンアントワーヌ・グリーズマン
Penalty48
9
ベンゼマカリム・ベンゼマ
Substitution77
9
トーレスフェルナンド・トーレス
Yellow Card61
11
ベイルガレス・ベイル
12
フェルナンデスアウグスト・フェルナンデス
Substitution46
12
マルセロマルセロ
14
ガビガビ (主将)
Yellow Card90+3
14
カゼミロカゼミロ
Yellow Card79
15
サビッチステファン・サビッチ
15
カルバハルダニ・カルバハル
Yellow Card11
Substitution52
17
サウール・ニゲスサウール・ニゲス
19
モドリッチルカ・モドリッチ
20
フアンフランフアンフラン

控え選手

13
カシージャキコ・カシージャ (GK)
1
モヤミゲル・アンヘル・モヤ (GK)
6
ナチョナチョ
5
チアゴチアゴ
10
ハメス・ロドリゲスハメス・ロドリゲス
16
コレアアンヘル・コレア
18
ルーカス・バスケスルーカス・バスケス
Substitution77
19
ルカ・エルナンデスルカ・エルナンデス
Substitution109 延長
20
ヘセヘセ
21
カラスコヤニク・カラスコ
Substitution46
Goal79
22
イスコイスコ
Substitution72
22
パーティトーマス・パーティ
Substitution116 延長
23
ダニーロダニーロ
Substitution52
Yellow Card93 延長
24
ヒメネスホセ・マリア・ヒメネス

監督

ジネディーヌ・ジダン (FRA) ディエゴ・シメオネ (ARG)

主審

マーク・クラッテンバーグ (ENG)

副審

サイモン・ベック (ENG), ジェイク・コリン (ENG)

第4審判員

ビクトル・カッサイ (HUN)

追加副審

アンソニー・テイラー (ENG), アンドレ・マリナー (ENG)

凡例

  • ゴールゴール
  • オウンゴールオウンゴール
  • ペナルティーペナルティー
  • PK失敗PK失敗
  • reds_card退場
  • yellow_cards警告
  • yellow_red_cards警告2回で退場
  • 選手交代選手交代