プレビュー:レアル・マドリー vs ナポリ

現在好調なナポリを迎える王者レアル・マドリーは、ホームでの圧倒的な強さを改めて見せたいと考えている。

Real Madrid players train
©Getty Images
  • 王者マドリーは7シーズン連続の準々決勝進出を目指す
  • ゴールを量産しているナポリは公式戦で18試合無敗を継続中
  • マドリーはUCLのホームゲーム直近33試合で28勝4分1敗と圧倒的な勝率を誇る
  • ナポリのドリース・メルテンスは最近11試合で14ゴール
  • ナポリは全選手が出場可能な状態に
  • 15日に試合するチームの練習風景はこちらから
  • 試合をマッチセンターでフォロー

予想先発メンバー
レアル・マドリーナバス;カルバハル、ラモス、バラン、マルセロ;クロース、カゼミロ、モドリッチ;バスケス、ベンゼマ、ロナウド
欠場:ベイル(調整中)

ナポリレイナ;ヒサイ、クリバリ、アルビオル、グラム;ジエリンスキ、デイアワラ、ハムシーク;カジェホン、メルテンス、インシーニェ
あと警告1回で出場停止:クリバリ

放送局リスト
2016-17シーズンUCL各国放送局リストはこちら

Zinédine Zidane (Real Madrid)
レアル・マドリーのジダン監督©Getty Images

マドリーのジネディーヌ・ジダン監督
この第1戦の舞台は我々のホームだ。アドバンテージを生かし、相手の希望を打ち砕きたい。とはいえ、我々が逆にやられる可能性もある。戦う準備はできているよ。ナポリはいいサッカーをするチームで、結果が示すようにサッリ監督はとても素晴らしい仕事をしている。最高な試合になるだろう。

誰もがチャンピオンズリーグ優勝を目指しているが、長く険しい道のりが待っている。その道中にいること自体が素晴らしいね。(第1戦に間に合わなかったガレス・ベイルを除く)全選手が戦列に復帰している。

ナポリのマウリツィオ・サッリ監督
守備的にプレーするのか、あるいはいつも通りにプレーするのか。いずれにせよリスクを冒すことに変わりはなく、戦い方を変えるべきだという意見には同意できない。大事なのは自分たちらしく戦うこと、そして相手が欧州王者であることを意識して戦う必要はあるものの、ワールドクラスのチームを相手にどこまで勝負できるのかを見定めることだ。まずはサンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーと戦えることの素晴らしさを意識しなければ。

Maurizio Sarri (Napoli)
ナポリの練習を見守るサッリ監督©AFP/Getty Images

怯えながらプレーすることだけは我慢ならない。多くの人にこのスタジアムの感想を求められるが、ここは戦いにくくて神秘的な雰囲気がある上、力のあるチームだけがプレーできる場所だ。マドリーはホームで何度となく勝利を収めてきたが、それは彼らが素晴らしいチームだからであって、このスタジアムが理由ではない。トルコでのベシクタシュ戦など、苦戦した試合はいくつかあったが、このチームならホームでもアウェーでも問題なくプレーできる。うちの武器は鋭いカウンターアタックだが、状況に応じて試合をコントロールすることもできる。

先週末の結果
オサスナ 1-3 マドリー(セルヒオ・レオン 33分;ロナウド 24分、イスコ 62分、ルーカス・バスケス 90+3分)
マドリーはスペイン・リーガ最下位のチームを相手に苦戦したものの、クリスチアーノ・ロナウドの今季リーグ戦14ゴール目などで勝ち点3を獲得。単独首位をキープした。

ナポリ 2-0 ジェノア(ジエリンスキ 50分、ジャッケリーニ 68分)
エマヌエレ・ジャッケリーニがナポリでのリーグ戦初ゴールを決めるなど、サッリ監督率いるチームは連続無敗を18試合に伸ばした。

最近の成績(全公式戦、左が直近)
マドリー:勝勝分勝負負
ナポリ:勝勝分勝勝勝

Watch five great Hamšík strikes
ハムシークの名ゴールを観よう

記者の視点:ジョー・ウォーカー(@UEFAcomJoeW
ダニ・カルバハル、マルセロらが復帰し、ジダン監督にとっては良いタイミングでのUCL再開となった。このSBコンビの先発入りはほぼ確実とみられ、18戦無敗のナポリに土をつける上でカギを握る選手となるはずだ。マドリー自体もUCLのホームゲームでは11試合無敗をキープ中で、7シーズン連続での準々決勝進出という実績をさらに伸ばしたいはずだ。

トリビア
マドリーはレオ・ベーンハッカー監督の下、1987-88シーズンの欧州チャンピオンズカップ1回戦でナポリに2試合合計3-1で勝利。両者が過去に顔を合わせたのは、このときの1回しかない。その他の詳細情報は、この試合のマッチバックグラウンドへ