ドルトムント、逆転で準決勝進出

第1戦を落としていたドルトムントだが、ピエール=エメリク・オーバメヤングのハットトリックなどで4-0とホームで快勝。ベンフィカを退けてラウンド16突破を決めた。試合のハイライト映像もこの記事からどうぞ。

Highlights: Aubameyang hat-trick sends Dortmund through

ピエール=エメリク・オーバメヤングのハットトリックなどで第1戦の0-1のビハインドを見事に覆したボルシア・ドルトムントが、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝行きの切符を手に入れた。

ベンフィカが勝利をさらった3週間前のリスボンではPKを失敗し、早い時間帯にベンチに下がっていたオーバメヤングだが、ホームでの第2戦ではそれを償う大活躍を見せた。2試合合計スコアを振り出しに戻す先制点を奪ったのは開始4分。クリスティアン・プリシッチがそらしたボールを頭で押し込んだ。

Pierre-Emerick Aubameyang (Dortmund)
夢のようなスタートを切ったドルトムント©AFP/Getty Images

ベンフィカも反撃し、この日のスコアを同点とするチャンスを何度かつくったものの、いずれもGKロマン・ビュルキが阻止。フランコ・セルビの一撃は、身体を投げ出したウカシュ・ピシュチェクの後頭部に当たって枠を外れた。

その直後、プリシッチがループで巧みにフィニッシュし、ホームのドルトムントが2試合合計でリードを奪う。2分後にはオーバメヤングのこの日2点目も生まれ、勝負は決した。しかしガボン代表のストライカーはこれに満足せず、終盤に3点目を奪ってハットトリックを完成。3週間前とは別人のような輝きを見せた。

Pierre-Emerick Aubameyang (Dortmund)
勝利の喜びに包まれるドルトムントの選手たち©AFP/Getty Images

キープレーヤー:ピエール=エメリク・オーバメヤング(ドルトムント)
リスボンでの第1戦ではPKを失敗し、2度の決定機を逃していたため、チームに対して責任感を感じていたのだろう。4分に先制点を奪って駆け出したオーバメヤングは、明らかに安堵の表情を見せていた。さらに2本、至近距離からのフィニッシュを決めてハットトリックを達成し、欧州最高峰のクラブ大会におけるストライカーとしての実力の高さを証明してみせた。

特別な夜に特別なゴール
プリシッチはGKエデルソンの上を抜く巧みなチップキックで、2試合合計でのスコアをひっくり返す重要なゴールを決めた。あの状況では唯一のフィニッシュの形だった。18歳とは思えない成熟さをすでに見せているプリシッチは、これがUCLでの自身初ゴールだが、間違いなくこの先、その数を増やしていくことだろう。

チャンスを逃さなかったドルトムント
ベンフィカは、あまりにも早い時間帯にリードを奪われたことでルイ・ビトリア監督を怒らせたが、その後の前半はほとんどの時間帯で相手を封じ込めることに成功。後半に向けて期待の持てる内容だった。しかしいざ後半が始まってみると、流れはホームチームのほうに傾く。そしてゴールを狙うあまりベンフィカの陣形が崩れだすと、ドルトムントがたたみかけるように壊滅的な打撃を与えた。