欧州サッカー公式ウェブサイト

1980年 西ドイツが復活優勝

1980年 西ドイツが復活優勝
西ドイツは決勝でベルギーを下した ©Getty Images

1980年 西ドイツが復活優勝

1976年のUEFA欧州選手権の成功を受け、この大会から出場チームが4カ国から8カ国に拡大。イタリアで開催された2度目の大会となった。

出場8チームは2グループに分けられ、各グループの首位チームが直接決勝で戦う方式となった。もう一つの変更点は、開催国チームが予選を免除されたことだ。しかし、FWパオロ・ロッシを出場停止で欠いたビンチェンツォ・ベアルゾット監督率いるイタリアは、イングランド、ベルギー、スペインと同じグループで苦戦を余儀なくされた。

スペインは期待されていなかったものの、イングランドは勢いに乗って予選を突破。しかし、1978年から2年連続で欧州年間最優秀選手に輝いたケビン・キーガンというワールドクラスのストライカーを擁していたイングランドだが、このハンブルガーSVのエースはゴールを挙げることができず、ベルギーとの初戦を1-1で終えた後、イタリアに0-1で敗れて大きな打撃を受けた。初戦でスペインと0-0で引き分けていたイタリアは、ベルギーとも同じスコアで引き分けるにとどまった。この結果、名将ギー・ティス監督に率いられたベルギーが主要大会で初の決勝進出を果たした。

もう一つのグループには、カール・ハインツ・ルンメニゲと20歳のベルント・シュスターを加えて活気を取り戻したドイツが入っていた。ギュンター・ネッツァーの後を継いだ司令塔のシュスターは、世界でもまれに見る逸材と評されていた。「こんな完璧な選手は見たことがないと思う」とは、チームメートだったホルスト・ルベッシュの言葉だ。「ベルントはチームの中でも際立つ才能を持つ選手だった。彼がすべてをつなげた」

ドイツはまずチェコを破り、1976年大会決勝の雪辱を果たす。さらに宿敵オランダを3-2で下し、決勝進出を確定的にした。クラウス・アロフスのハットトリックで3点をリードしながらも終盤に2点を返されたが、逃げ切って2勝目を挙げると、最後はギリシャと0-0で引き分けた。

2位チーム同士による3位決定戦では、イタリアとチェコが対戦。1-1の引き分けに終わった後のPK戦を王者チェコが制した。3位決定戦が行われたのは、この時が最後だった。

決勝は3位決定戦とは対照的に見応えのある試合となり、有利と見られていたドイツが10分にルベッシュのゴールで先制。後半から攻勢を強めたベルギーはPKを獲得し、レネ・バンデレイケンがこれを決めて同点とする。しかし、ドイツは1976年の決勝に続き終盤に得点。今回はこれが決勝点となった。このゴールを決めたのも、脚を骨折したクラウス・フィッシャーの代役として大会に出場していたルベッシュ。ルンメニゲのCKに合わせたヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

最終更新日: 16年3月28日 17.50CET

http://jp.uefa.com/uefaeuro/season=1980/overview/index.html#1980+

1980

イタリア

西ドイツ西ドイツ

豆知識

change
1 / 10

歴史的瞬間

1 / 1
 

大会ベストイレブン

 

出来事

欧州チャンピオンズカップ優勝:ノッティンガム・フォレストFC(1-0 vs ハンブルガーSV)

欧州年間最優秀選手:カール・ハインツ・ルンメニゲ(FCバイエルン・ミュンヘン)

ユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝:ジョニー・ローガン(アイルランド)の『ホワッツ・アナザー・イアー?』

欧州得点王(ゴールデンブーツ賞):エルウィン・ファンデンベルフ(KリールセSK)

ノーベル平和賞:アドルフォ・ペレス・エスキベル(アルゼンチン)、人権擁護活動家

夏季五輪陸上男子100メートル金メダリスト:アラン・ウェルズ(英国)、優勝記録10.25秒

F1年間総合優勝:アラン・ジョーンズ(オーストラリア)、ウィリアムズ所属

アカデミー作品賞映画:『普通の人々』

主な出来事
3月21日: ジミー・カーター大統領が米国のモスクワ五輪不参加を表明。

5月22日: のちに史上最高の売り上げを記録したアーケードゲーム、パックマンが発売。

12月8日: ジョン・レノンが射殺される。

1980年生まれのサッカー関係者
アシュリー・コール、スティーブン・ジェラード、ギョクデニズ・カラデニズ、ロビー・キーン、ディルク・カイト、クリストフ・メッツェルダー、クリスティアン・ポウルセン、トマシュ・ロシツキー、ジョン・テリー、シャビ・エルナンデス