欧州サッカー公式ウェブサイト

1992年 デンマークが予想外の優勝

1992年 デンマークが予想外の優勝
1992年のUEFA欧州選手権決勝ではデンマークが優勝した ©Getty Images

1992年 デンマークが予想外の優勝

キッチンの改装ができなかったかもしれないが、1992年6月はデンマークが世界中のサッカーファンに鮮烈な記憶を残した1カ月となった。予選敗退を喫したにもかかわらず、本大会開幕直前にユーゴスラビアの代わりに出場が決まったデンマークは、その夏の予定を欧州選手権に改めることになった。

デンマークの優勝が決まった直後、リシャール・モラー・ニールセン監督は次のように語っている。「本来なら自宅に新しいキッチンをあつらえるはずだったが、急遽スウェーデンでプレーすることになった。もうキッチンは片付いたよ。プロに頼んだからね」。自らの専門分野でもプロフェッショナルな仕事に徹したデンマークだが、オフに入っていた選手たちのコンディションは最悪の状態だった。ユーゴスラビアが内戦により出場権を剥奪され、デンマークの代替出場が決まったのは、本大会開幕のわずか2週間前のことだ。

才能あふれる司令塔ミカエル・ラウドルップが出場を辞退したこともあり、デンマークは戦力的にも大きな打撃を受けていた。強豪イングランドとのグループ1初戦を0-0で引き分けたのも無理はない。続く2戦目では、トマス・ブローリン、マーティン・ダーリンという新進気鋭のアタッカーが台頭していた開催国スウェーデンに0-1で敗れた。ところが、3戦目でミシェル・プラティニ監督率いるフランスに2-1で競り勝つ番狂わせを演じ、スウェーデンに次ぐ2位で準決勝に駒を進める。

一方、欧州全土に吹き荒れた変革の嵐は、グループ1と同じくグループ2にも大きな影響を与えた。この大会ではドイツが史上初の東西統一チームを送り込んだほか、ソビエト連邦も独立国家共同体(CIS)という名前で出場している。しかし、このグループを首位で通過したのは、期待の若手FWデニス・ベルカンプを擁する王者オランダだった。まずCIS戦で存在感を発揮したベルカンプは、2位ドイツとの3戦目でゴールを奪い、3-1の勝利に貢献した。

オランダは準決勝でデンマークと対戦。この試合ではベルカンプが再びネットを揺らしたが、ヘンリク・ラーセンの2得点でリードを奪われた末、終了間際にフランク・ライカールトのゴールで辛うじて追いつく。延長戦でも決着がつかずに迎えたPK戦では、1988年大会のヒーロー、マルコ・ファン・バステンのシュートをデンマークのGKペーター・シュマイケルが阻止し、モラー・ニールセン監督のチームを決勝に導いた。

デンマークの勢いは止まらなかった。イエーテボリでの決勝で対戦した相手は、カールハインツ・リードレの2ゴールなどでスウェーデンとの準決勝を3-2で制したドイツだ。デンマークは18分にMFヨン・イェンセンの珍しいゴールで先制すると、キム・ビルフォルトが追加点を奪って勝利を決定的なものとした。ベルティ・フォクツ監督率いるドイツも反撃を試みたが、最後までシュマイケルの牙城を崩すことはできなかった。

最終更新日: 12年5月15日 19.37CET

http://jp.uefa.com/uefaeuro/season=1992/overview/index.html#1992+

1992

スウェーデン

デンマークデンマーク

豆知識

change
1 / 10

歴史的瞬間

1 / 1
 

大会ベストイレブン

SSI Err

出来事

欧州チャンピオンズカップ優勝:FCバルセロナ(1-0 サンプドリアUC)

欧州最優秀選手:マルコ・ファン・バステン(ACミラン)

ユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝:リンダ・マーティン(アイルランド)の『ホワイ・ミー』

欧州得点王(ゴールデンブーツ賞):アリー・マッコイスト(レンジャーズFC)

ノーベル平和賞:リゴベルタ・メンチュウ(グアテマラ)、先住民族の人権活動に従事

夏季五輪陸上男子100メートル金メダリスト:リンフォード・クリスティ(英国)、優勝記録9.96秒

F1年間総合優勝:ナイジェル・マンセル(英国)、ウィリアムズ所属

アカデミー作品賞:『許されざる者』

主な出来事
2月7日: 欧州共同体の12カ国がマーストリヒト条約に調印。

11月4日: 米国の大統領選でビル・クリントンが現職のジョージ・ブッシュ大統領を破って当選。

11月20日: 英王室の居城の一つ、ウィンザー城で大火災。

1992年生まれのサッカー関係者
ダビド・アラバ、ニコライ・ボイレセン、クリスティアン・エリクセン、マリオ・ゲッツェ、バーツラフ・カドレツ、イケル・ムニアイン、ネイマール、ジャック・ウィルシャー