欧州サッカー公式ウェブサイト

UEL優勝チーム、次季UCL出場権を獲得へ

掲載: 2013年5月24日(金), 14.31CET
2015-16シーズン以降、UEFAヨーロッパリーグの優勝チームに次のシーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ出場権が与えられることになった。条件によっては、グループステージからの直接出場も可能になる。
UEL優勝チーム、次季UCL出場権を獲得へ
2015-16シーズン以降は、UEL優勝チームに次のシーズンのUCL出場権が与えられる ©Sportsfile
 
掲載: 2013年5月24日(金), 14.31CET

UEL優勝チーム、次季UCL出場権を獲得へ

2015-16シーズン以降、UEFAヨーロッパリーグの優勝チームに次のシーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ出場権が与えられることになった。条件によっては、グループステージからの直接出場も可能になる。

UEFA理事会は今週ロンドンで開いた理事会で、2015年から2018年にかけての3年サイクルにおけるUEFA主催クラブ大会について、アクセスリストの変更を承認した。

この変更により、UEFAヨーロッパリーグの優勝チームに次のシーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフへの出場権が与えられることになった。さらに、UCL優勝チームが国内リーグでの成績により次シーズンのUCL出場権を獲得した場合、UCLグループステージ出場枠が一つ空くため、UEL優勝チームはUCLグループステージからの出場が可能になる。

UEL優勝チームにUCL出場権が与えられた結果、各サッカー協会のUCL出場チーム数上限は現行の4から5に改められる。

「今季のすばらしい決勝で証明されたように、UEFAヨーロッパリーグのレベルアップは著しい。だが我々としては、すべての参加クラブがこの大会を制したいと思いたくなるような、さらなる動機づけを与えたいと考えた」と、UEFAのミシェル・プラティニ会長は述べている。「優勝チームにUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を与えることで、UEFAヨーロッパリーグがクラブとそのサポーターにとって、いっそう魅力ある大会になると確信している」

第37回UEFA定例総会を終えたあと、プラティニ会長は「UEFA主催大会の将来についてじっくりと考えるのも、UEFA会長としての役目の一つだ」と語った。「我々は、かなり以前から、サッカーファミリーの関係者すべてを交えて議論を始めた。そしてその最終結論が、2日前にUEFAクラブ大会委員会に提出された。この結論は理事会の承認を経て、UEFA加盟の全サッカー協会に提示された。私はヨーロッパリーグの地位向上を望んできたが、今回の決定はサッカーファミリー全体の決断によるものだ」

UEFAのジャンニ・インファンティーノ事務局長も、「これらの変更はヨーロッパリーグの地位向上に大きな効果をもたらすだけでなく、各国リーグにも影響を与えると考えている」と語った。「ヨーロッパリーグがさらに盛り上がり、面白く興味深い大会になれば、(国内リーグの)UEL出場権争いもにわかに盛り上がり、興味深いものとなるだろう」

これ以外のアクセスリストの変更点として、UEFAヨーロッパリーグ出場チームの上限数は、原則として、最大で1サッカー協会あたり3チームまでと改められた。加えて、グループステージから参加するチームの数も増え、上位12のサッカー協会から16チームが出場することになる(現在は上位6つのサッカーチームから6チームが参加している)。

ほかにもUEFA理事会では、商業権を完全に一括管理する範囲を、これまでの決勝トーナメント以降からグループステージ以降に変更する案が承認された。

最終更新日: 13年5月25日 12.01CET

http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1956476.html#uelucl