欧州サッカー公式ウェブサイト

2015-16シーズンのUELを記録でみる

掲載: 2016年5月19日(木), 16.05CET
初の3年連続、初の通算5回目の優勝を果たしたセビージャ、本戦最多出場選手となったダニエウ・カリーソ、20年連続で大会に出場したクラブ・ブリュージュなど、今季UEFAヨーロッパリーグで達成された記録をUEFA.comがまとめた。
文: ポール・サッファー
2015-16シーズンのUELを記録でみる
UELの歴代最多出場選手となったセビージャのダニエウ・カリーソ ©Getty Images
 
掲載: 2016年5月19日(木), 16.05CET

2015-16シーズンのUELを記録でみる

初の3年連続、初の通算5回目の優勝を果たしたセビージャ、本戦最多出場選手となったダニエウ・カリーソ、20年連続で大会に出場したクラブ・ブリュージュなど、今季UEFAヨーロッパリーグで達成された記録をUEFA.comがまとめた。

3:セビージャは史上初の大会3連覇を達成。

5:セビージャにとっては、UEFAカップ/UEFAヨーロッパリーグで通算5度目の決勝進出も新記録だったが、さらに優勝5回という歴代最多記録を打ち立てた。次に優勝回数が多いのはリバプール、ユベントス、インテル・ミラノで通算3回。

7:ミッティランは勝ち点7でグループステージを突破。同じ勝ち点でラウンド32進出が決まったのは5チーム目となる。

10グループステージ以降での大会得点王となったのは10点を挙げたアスレティック・クラブのアリツ・アドゥリス

11:セビージャが5回の優勝に要した年数。初参加から初優勝までは49年かかっている。

13:アウクスブルクの出場により、ドイツがUELグループステージに送り込んだクラブ数は歴代最多の13となった(来季はマインツが14番目のクラブになる)

15:リバプールのGKシモン・ミニョレは、グループステージ以降の全15試合に唯一フル出場。

17:決勝でセビージャのケビン・ギャメイロは、後半の開始17秒に同点ゴールを挙げた。

グループステージ6戦全勝チームの仲間入りをしたナポリ

18:ナポリはグループステージを6戦全勝で終えた6番目のチームとなった。得点数は歴代最多の22、失点はわずかに3。2位チームには11ポイント差をつけ、ゼニトが2010-11シーズンに打ち立てた歴代記録に並んだ。

20:クラブ・ブリュージュはUEFAカップ/UELに20年連続の出場を果たし、自己記録を更新。次に多いのは、PAOKの9年連続(1997-98シーズンから2005-06シーズンまで)。

38:スカンデルベウはアルバニアのチームとして初めてUELのグループステージに出場。これで合計38カ国のチームがグループステージに参戦したことになる。

54:セビージャのダニエウ・カリーソは、アウェーでモルデと戦ったラウンド32の第2戦で、UELの本戦通算50試合に出場した初めての選手となった。今季はさらに通算54試合まで記録を伸ばした。

191:今季は全部で191チームが大会に出場。そのうち102チームが予選1回戦から参加し、優勝したセビージャを含めて8チームがUEFAチャンピオンズリーグのグループステージからラウンド32に回ってきた。

1,229:大会での通算ゴール数。693本は予選、536本はグループステージ以降で記録。うち9ゴールは延長戦で決まったものとなっている。

65,190:ボルシア・ドルトムントがオーストリアのボルフスベルクをホームに迎えた予選3回戦の第2戦で記録された、予選での歴代最多観客動員数。

75,180:マンチェスター・ユナイテッドがリバプールをオールド・トラフォードに迎えたラウンド16の第2戦で記録された、UELの歴代最多観客動員数。

6,500,000:セビージャが受け取る優勝賞金(単位はユーロ)。準決勝までのボーナスおよびマーケットプールの分配金も合わせると、賞金の合計は昨季より65%増加する。

6,746,192:予選を含めた全475試合の観戦者数。大会史上最多となった。

最終更新日: 16年5月19日 17.22CET

http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=2366605.html#2015+16uel