4チームが突破、アドゥリスは大会新の5得点

UEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第4節では、ここまで全勝のシャルケ、シャフタール・ドネツク、ゼニト、さらにアヤックスの4チームがラウンド32行きを確定。アスレティック・クラブのアリツ・アドゥリスは、5-3で勝利した試合でチームの全5ゴールを決めた。試合のハイライトもこの記事からどうぞ。

Nabil Bentaleb (Schalke)
©Getty Images

アヤックス、シャルケ、シャフタール・ドネツク、ゼニトの4チームが一番乗りでUEFAヨーロッパリーグのラウンド32進出を確定。この夜は多くのゴールが生まれ、アスレティック・クラブのアリツ・アドゥリスは5ゴールを挙げて大会記録を更新した。

グループステージ第4節の試合結果(ラインアップ、データなどの詳細は各試合のリンクをクリック)
アヤックス 3-2 セルタ・ビーゴ
アンデルレヒト 6-1 マインツ
アポエル 1-0 ヤング・ボーイズ
アスタナ 1-1 オリンピアコス
アストラ・ジュルジウ 1-1 ビクトリア・プルゼニュ
アスレティック・クラブ 5-3 ヘンク
オーストリア・ウィーン 2-4 ローマ
ブラガ 3-1 コンヤスポル
フェネルバフチェ 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
フィオレンティーナ 3-0 スロバン・リベレツ
ガバラ 1-2 サンテティエンヌ
ヘント 3-5 シャフタール・ドネツク
マッカビ・テルアビブ 0-0 AZアルクマール
ニース 0-2 ザルツブルク
PAOK 0-1 カラバフ
パナシナイコス 0-3 スタンダール・リエージュ
サッスオーロ 2-2 ラピド・ウィーン
シャルケ 2-0 クラスノダール
スパルタ・プラハ 2-0 ハポエル・ベア=シェバ
サウサンプトン 2-1 インテル・ミラノ
ビジャレアル 1-2 オスマンルスポル
ゼニト 2-1 ダンダーク
ゾリャ・ルハンシク 1-1 フェイエノールト
チューリヒ 0-0 ステアウア・ブカレスト

3日の24試合では計77ゴールが生まれたが、2010-11シーズンに記録されたマッチデー別の最多得点記録には4ゴール届かなかった。

シャルケ、シャフタール、ゼニトは揃ってグループ全勝をキープ。ホームでセルタ・ビーゴに3-2と競り勝ったアヤックスも合わせ、4チームがグループ突破を確定した。アヤックスは3週間後のパナシナイコス戦で勝ち点1以上を取れば、グループGの首位通過も決められる。

グループDでは、ゼニトの司令塔ジウリアーノが前後半に1点ずつをマークし、今大会通算5ゴールとした。ミルチェア・ルチェスク監督率いるゼニトは、このジウリアーノの活躍により、雪の振るスタディオン・ペトロフスキーでダンダークに2-1と競り勝った。

Moussa Sow (Fenerbahçe)
見事なゴールを決めたフェネルバフチェのソウ©AFP/Getty Images

ドニエプル・ドニエプロペトロフスクでもプレーしたことがあるジウリアーノと、2016-17シーズンのUEL得点ランキングで一気に首位に並んだのがアスレティックのアドゥリスだ。この日はヘンクに5-3と勝利した試合でPKから3ゴールを挙げるなど、1人でチームの全得点をたたき出した。

ヘントの本拠地に乗り込んだシャフタールは開始20秒で失点する波乱の幕開けとなったが、その後逆転して5-3の勝利。グループHを首位で終えることが決まった。シャルケもクラスノダールを2-0で下し、グループIの首位通過を確定させている。

一方、マンチェスター・ユナイテッドに2-1と競り勝ったフェネルバフチェでは、ムサ・ソウが今大会ベストゴール候補に挙げられそうな見事なゴールをマーク。鮮やかなバイシクルキックでGKダビド・デ・ヘアを破った。

ホームのフェネルバフチェは、さらにイェレマイン・レンスのFKでリードを2点に拡大。ユナイテッドもペナルティーエリア外から素晴らしいゴールを決めたウェイン・ルーニーが見せ場をつくったが、反撃はそこまで。ルーニーはこのゴールにより、ルート・ファン・ニステルローイが保持していたUEFA主催大会でのクラブ最多得点記録38ゴールに並んでいる。

Giuliano (Zenit)
©AFP/Getty Images

Nabil Bentaleb (Schalke)
©Getty Images

Ajax celebrate
©AFP/Getty Images

Jeremain Lens (Fenerbahçe)
©Getty Images

FC Shakhtar celebrate
©AFP