8チームがUCLからUELに転戦

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージを3位で終え、UEFAヨーロッパリーグに戦いの舞台を移すのは、ベシクタシュ、コペンハーゲン、レギア、ルドゴレツ、リヨン、メンヘングラットバッハ、ロストフ、トッテナムの8チームに決まった。

Harry Kane (Tottenham)
©Getty Images

UEFAカップ時代に大会を制した経験を持つボルシア・メンヘングラットバッハとトッテナム・ホットスパーを含め、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージを3位で終えてUEFAヨーロッパリーグのラウンド32に回ってくる8チームが決まった。UEL3連覇中だったセビージャはリヨンを抑えてUCLのラウンド16に勝ち進むことになったため、今季は久しぶりに新しいチャンピオンが生まれることになる。

UCLからUEL32に回るチーム
シードチーム:ベシクタシュ(トルコ)、コペンハーゲン(デンマーク)、リヨン(フランス)、トッテナム(イングランド)
ノーシード:メンヘングラットバッハ(ドイツ)、レギア(ポーランド)、ルドゴレツ(ブルガリア)、ロストフ(ロシア)

ラウンド32の組み合わせ抽選では、UCLグループステージ3位の成績上位4チームとUELグループステージを首位で通過した12チームがシード扱いとなる。残りのUCL3位チームとUELグループ2位の12チームはノーシード。同じサッカー協会に所属するクラブ同士が対戦することはない。そのほかの制限については、抽選会の前に確定する。

ラウンド32の組み合わせ抽選会は、12月12日中央欧州標準時13時(日本時間21時)から行われ、UEFA.comの抽選センターでライブストリーミング配信される。