UELラウンド32第1戦のチーム・オブ・ザ・ウィーク

UEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32第1戦のチーム・オブ・ザ・ウィークには、ハットトリックを決めたペアを含め、10クラブの選手が入った。このセレクションに意見のある人は、ハッシュタグ#UELを使って@EuropaLeagueでツイートしよう。

©UEFA.com

我々のセレクションに意見のある方はハッシュタグ#UELを使って@EuropaLeagueでツイートしよう。

GK:アンドレ・オナナ(アヤックス)
カメルーン人GKはレギアにゴールを割らせず、アヤックスの公式戦5試合連続無失点に貢献。

DF:ツィモフェイ・カラチェフ(ロストフ)
堅守を披露したのに加え、巧みなクロスをドミトリ・ポロズに合わせ、ロストフの2点目をアシストした。

DF:ヌマン・チュリュクス(オスマンルスポル)
オリンピアコスをスコアレスドローに抑えたギリシャでのアウェー戦で、主将としてお手本を披露。

DF:ベネディクト・ヘーベデス(シャルケ)
シャルケのUEFAヨーロッパリーグ4試合連続無失点に貢献したほか、シャルケのリードを2点に広げるマックス・マイヤーのゴールもお膳立て。

MF:ルカ・トゥザール(リヨン)
AZの本拠地でレ・ゴーヌ(リヨンの愛称)での初ゴールを挙げ、3点目のアシストも務めた。

MF:フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
メンヘングラットバッハとのアウェー戦で、素晴らしいFKを決めてフィオレンティーナに貴重な1-0の勝利をもたらしている。

MF:ダニエル・ミリチェビッチ
トッテナム戦でヘントの決勝点をアシストしたほか、自身も2度ゴールに迫った。

MF:フランク・アチェンポング(アンデルレヒト)
試合開始後31分までにアチェンポングが挙げた2得点で、アンデルレヒトはゼニトとの第1戦に2-0で快勝。

FW:エディン・ジェコ(ローマ)
ビジャレアルとのアウェー戦で後半にハットトリックを達成。2016-17シーズンのUELで通算8ゴールとして、得点ランキング首位に立った。

FW:ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)
マンチェスター・ユナイテッド加入後初となるハットトリックを記録。サンテティエンヌ戦での得点数は14試合で17に。

FW:アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)
リヨンの10番は見事な2ゴールを決め、直近の12試合で13得点を記録した。