ユナイテッドが辛くも8強入り、シャルケは逆転突破

16日のラウンド16第2戦では、ベシクタシュが前半に退場者を出しながらも突破。シャルケは0-2のビハインドからアウェーゴール差で競り勝ち、マンチェスター・ユナイテッドは辛くもロストフを退けて8強に駒を進めた。各試合のハイライト映像もこちらからどうぞ。

ベシクタシュのライアン・バベルはオリンピアコス戦で2ゴールをマーク
ベシクタシュのライアン・バベルはオリンピアコス戦で2ゴールをマーク ©AFP/Getty Images

16日夜に行われたUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16第2戦では、アヤックス、アンデルレヒト、ベシクタシュ、セルタ、ヘンク、リヨン、マンチェスター・ユナイテッド、シャルケが準々決勝行きを決めた。試合の詳細をチェックし、ハイライト映像を観よう

16日のラウンド16第2戦(詳細は各試合のリンクをクリック)
アヤックス 2-0 コペンハーゲン(2試合合計:3-2)
アンデルレヒト 1-0 アポエル(2試合合計:2-0)
ベシクタシュ 4-1 オリンピアコス(2試合合計:5-2)
ヘンク 1-1 ヘント(2試合合計:6-3)
クラスノダール 0-2 セルタ(2試合合計:1-4)
マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ロストフ(2試合合計:2-1)
メンヘングラットバッハ 2-2 シャルケ(2試合合計:3-3、シャルケがアウェーゴール差で勝利)
ローマ 2-1 リヨン(2試合合計:4-5)

イスタンブールでの一戦はドラマにあふれたものとなり、ベシクタシュがバンサン・アブバカルの退場で51分間を10人で戦いながらオリンピアコスに難なく勝利。そのアブバカルのゴールで先制したホームチームは、欧州カップ戦で2010年8月を最後にゴールのなかったライアン・バベルが2得点を挙げたほか、ジェンク・トスンも1点を追加した。

劣勢から追いついてメンヘングラットバッハを退けたシャルケ
劣勢から追いついてメンヘングラットバッハを退けたシャルケ©Getty Images

一方、シャルケは0-2(2試合合計1-3)のビハインドから追いつき、同じブンデスリーガのメンヘングラットバッハにアウェーゴール差で競り勝った。ラウンド16のもう1つの同国対決ではヘンクが勝利。ヘントは途中出場した17歳のルイ・ベルストラエテがゴールを記録したものの、逆転突破には届かなかった。

アムステルダムでも価値あるゴールが生まれ、アヤックスの好調FWカスペア・ドルベルグがUEFA主催大会におけるクラブの通算600ゴール目を挙げた。

そのほかマンチェスター・ユナイテッドはフアン・マタの1点で競り勝ち、なんとかロストフを抑えて突破。ローマはホームで勝利したものの、第1戦の2-4のビハインドを覆すことはできず、リヨンに準々決勝行きの切符を譲った。アンデルレヒトとセルタは、それぞれアポエルとクラスノダールに手堅く勝利し、特に波乱もなく8強に駒を進めている。