UEL予選、ラウンド別最多出場・得点記録

2017-18シーズンUEFAヨーロッパリーグの予選スタートを控え、UEFA.comではこの時期における大会の記録を振り返ってみた。

2012年、エルフスボリでプレーするステファン・イシザキ
2012年、エルフスボリでプレーするステファン・イシザキ ©Getty Images

UEFAカップ/UEFAヨーロッパリーグ予選最多出場記録*
41試合:ステファン・イシザキ(AIK、エルフスボリ、バレレンガ)
40試合:ヨハン・ラーション(エルフスボリ、ブロンビー)
37試合:ラシャド・A・サジゴフ(ネフチ、カラバフ、ガバラ)
37試合:ラシャド・F・サジゴフ(ネフチ、カイセリスポル、カラバフ)
36試合:アンデルス・スベンソン(エルフスボリ)

UEFAカップ/UEFAヨーロッパリーグ予選最多得点記録*
15点:オマル・エル・ラフィク(ディフェルダンジュ)
13点:ロビー・ウィンターズ(ダンディー・ユナイテッド、アバディーン、ブラン)

チーム別UEFAカップ/UEFAヨーロッパリーグ予選最多出場記録*
60試合:オモニア(キプロス)、ハイデュク・スプリト(クロアチア)
58試合:ディナモ・ミンスク(ベラルーシ)

ラウンド別記録

2014年のガリー・ハミルトン
2014年のガリー・ハミルトン©Sportsfile

予選1回戦
最多出場記録(選手):18試合 - ガリー・ハミルトン(ポータダウン、グレントラン、グレナボン)
最多得点記録:11点 - ロビー・ウィンターズ(ダンディー・ユナイテッド、アバディーン、ブラン)
最多出場記録(クラブ): 18試合 - ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)
最大得点差での勝利:プリンシパト(アンドラ) 0-11 バイキング(ノルウェー)(1999年8月26日、第2戦)
2試合合計スコアで最大得点差での勝利: バイキング 18-0 プリンシパト(1999-2000シーズン)
2016-17シーズン予選1回戦から参戦したチームの最高成績ガバラ(グループステージ敗退)

予選2回戦
最多出場記録(選手):14試合 - ステファン・イシザキ(AIK、エルフスボリ、バレレンガ)、ポビラス・ルクシス(エクラナス、スドゥバ)、アンデルス・スベンソン(エルフスボリ)
最多得点記録:9点 - シュテファン・ホフマン(ラピド・ウィーン)
最多出場記録(クラブ):22試合 - オモニア(キプロス)
最大得点差での勝利:フロリアーナ(マルタ) 0-8 AEKラルナカ(キプロス)(2011年7月14日、第1戦)、ハザル・レンコラン 0-8マッカビ・ハイファ(2013年7月25日、第2戦)
2試合合計スコアで最大得点差での勝利: バスキミ 0-11 マッカビ・ペタティクバ(2005-06シーズン)
2016-17シーズン予選2回戦から参戦したチームの最高成績ヘンク(準々決勝敗退)

2013年、ハイデュクでプレーするマリオ・マロツァ
2013年、ハイデュクでプレーするマリオ・マロツァ©Getty Images

予選3回戦
最多出場記録(選手):12試合 - マリオ・マロツァ(ハイデュク・スプリト)
最多得点記録:7点 - レオニー・クウェウケ(スパルタ・プラハ)
最多出場記録(クラブ):16試合 - ハイデュク・スプリト(クロアチア)
最大得点差での勝利: ツルベナ・ズベズダ 7-0 ベンツピルス(2011年8月4日、第2戦)
2試合合計スコアで最大得点差での勝利: マッカビ・ネタニヤ 1-10 ガラタサライ(2009-10シーズン)
2016-17シーズン予選3回戦から参戦したチームの最高成績ヘント、クラスノダール(ラウンド16敗退)

プレーオフ
最多出場記録(選手):11試合 - ボジェク・ドチュカル(リベレツ、ローゼンボリ、スパルタ・プラハ)、シュテファン・ホフマン(ラピド・ウィーン)
最多得点記録:10点 - マルクス・ベリ(IFKイエーテボリ、ハンブルク、PSV、パナシナイコス)
最多出場記録(クラブ): 14試合 - PAOK(ギリシャ)
最大得点差での勝利: PSV(オランダ) 9-0 ゼタ(モンテネグロ)(2012年8月30日、第2戦)
2試合合計スコアで最大得点差での勝利:PSV(オランダ) 14-0 ゼタ(モンテネグロ)(2012-13シーズン)
2016-17シーズン予選プレーオフから参戦したチームの最高成績 アンデルレヒト(ラウンド16敗退、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦から転戦)

*予備予選および予選1~3回戦、プレーオフを含めたすべての予選を含む