2016-17シーズンUEFAヨーロッパリーグ決勝

ストックホルムは......

  • スウェーデンの首都
  • 欧州で急成長を遂げた地域トップ5の1つ
  • ストックホルム市の人口は約90万人で、ストックホルム県では約226万人

ストックホルム市の中心部は島々から構成されている
ストックホルム市の中心部は島々から構成されている©Getty Images


所在地
ストックホルムはスウェーデン東部に位置する水に囲まれた都市。中心部は西のメーラレン湖、東のバルト海に挟まれた島々から成り立っている。


フレンズ・アレナ

  • いじめ撲滅運動から命名されたこのスタジアムは、隣接するロースンダから国立競技場としての役割を引き継いでいる。
  • スウェーデンがイングランドを迎えた2012年の親善試合で正式オープン。ズラタン・イブラヒモビッチが全4ゴールを挙げる活躍でホームチームを4-2の勝利に導いた。
  • スウェーデンカップ決勝やスウェーデン・バンディ選手権、スカンジナビアFIMスピードウェイ・グランプリ、ユーロビジョン・スウェーデン予選の会場でもある。
  • 男子と女子のFIFAワールドカップおよびUEFA欧州選手権の決勝の開催地となったことがあるのは、ソルナのみ。
  • 開閉式の屋根を備え、収容人数は5万人。


アクセス方法
空路:アーランダ空港には世界の主要都市の大部分からアクセス可能。40km南の市内中心部には電車やバス、車で簡単にたどり着ける(バス運賃は約10ユーロ、タクシー料金は通常50ユーロ未満)。ストックホルムの南西120kmに位置するスカブスタ空港には、格安航空会社(LCC)の便もいくつか発着している。
陸路:スウェーデン北部および南部からは高速道路E4号線、西部およびノルウェーからはE18号線でストックホルムにアクセスできる。スウェーデンの主要都市やオスロ、コペンハーゲンからのバスも出ている。
鉄道:イエーテボリからストックホルムまでは電車で3時間半。マルメ、コペンハーゲン、オスロからは約5時間。
海路:フィンランドのヘルシンキとトゥルク、ロシアのサンクトペテルブルク、そしてエストニアの首都タリンとの間でフェリー便が運航している。


宿泊
ストックホルムにはあらゆるタイプの宿泊施設があり、中心部にも多数のホテルが存在。フレンズ・アレナのすぐ隣にはクオリティー・ホテル・フレンズがある。

スウェーデン国会議事堂
スウェーデン国会議事堂©Getty Images


市内での移動手段
徒歩:市内中心部は歩いて回ることも十分可能。南部のセーデルマルム、西部のクングスホルメン、東部のジュールガルデンなどの地区へ行くには、自転車や公共交通機関を利用するのがいいかもしれない。
バス:バス網は市内全域をカバーしている。
地下鉄:ストックホルムの地下鉄網(トゥネルバーナ)は市内および郊外の各所を結んでいる。
電車:市内中心部からフレンズ・アレナへ行くには通勤用電車がベスト。ストックホルム中央駅からソルナ駅までは10分もかからない。
タクシー:市内の至るところに乗り場があり、走行中の空車を止めることも可能。
自転車:大半の道路には自転車専用レーンが設けられてる。シティーレンタルサイクルサービスを利用でき、市内の数百のポイントでレンタルおよび乗り捨て可能。


観光スポット
文化を満喫するには:市の中心部には王宮や王立オペラ座、市庁舎などの見どころが比較的狭いエリアに集中している。博物館や美術館も数多く、なかでも最も有名なのがバーサ号博物館だ。ここには1628年にストックホルム港に沈没したがその後引き上げられ、1961年に完全復元されたかつての戦艦が展示されている。
雰囲気を満喫するには:ガムラ・スタンと呼ばれる旧市街は13世紀半ばに築かれたストックホルム発祥の地で、中世の面影を残す。ショッピングや食事の選択肢には事欠かず、特にベステルローングガータン通りは賑わいを見せている。王宮もこのエリアにあり、一般公開されている。
新鮮な空気を満喫するには:ストックホルム中心部の東に位置する緑豊かなユールゴーデン島はジョギングやサイクリング愛好家に人気のエリアで、週末にのんびりとランチをとるにも最適な場所だ。グローナルンド遊園地や前述のバーサ号博物館も、このエリアにある。ここでは1628年の処女航海で沈没し、1961年まで水中に沈んでいたバーサ号の威容を見ることができる。同じくユールゴーデン島には、1891年に開設されて以来変わらぬ人気を誇るスカンセン野外博物館があるほか、近年オープンしたABBAミュージアムも人気のスポットだ。


食事
国際都市ストックホルムでは世界中の料理が楽しめる。また、「コルブキオスク」と呼ばれる伝統の屋台では、さまざまな種類のソーセージ(スウェーデン語で“コルブ”)を付け合わせのマッシュポテトと共に味わえる。市の中心部にある食品市場、ヒュートリスハーレンは、こうしたストックホルムならではの美味を試すのに最適な場所だ。

ストックホルムは魅力的な都市
ストックホルムは魅力的な都市©Getty Images


サッカー
サッカーはアイスホッケーを抑えてストックホルムで最も人気の高いスポーツで、AIK、ジュールガルデン、ハマルビーという1部リーグの強豪3クラブが本拠地を置く。ジュールガルデンとハマルビーは市内南部のヨハネショフにあるホームスタジアムを共用。AIKはスウェーデン代表チームのホームでもあるフレンズ・アレナを本拠地としている。

ストックホルムには、下部リーグのクラブながら選手発掘で定評のあるブロンマポイカナも存在する。現在のスウェーデンA代表にも、このクラブが輩出したアルビン・エクダール、ジョン・グイデッティ、ルドビク・アウグスティンソンというストックホルム出身の3選手がいる。


郊外へ
ストックホルムのバルト海に面した地域からは、沿岸にある無数の島や小島に船で渡ることができる。このストックホルム群島の主要タウンがバックスホルムで、市内中心部から40分ほどの距離にある。アウトドア好きな観光客向けに、多くの島ではカヤックなどのボートをレンタルするサービスが用意されている。バックスホルムの反対側に船で向かうと、メーラレン湖畔のドロットニングホルム宮殿に行くこともできる。こちらはベルサイユ宮殿をモデルに作られた王宮で、今もスウェーデンの国王夫妻が住んでいる。


スウェーデン語ミニ会話
ほとんどのスウェーデン人が英語を話すが、役立つフレーズを覚えて、地元の人々を驚かせてみよう。

こんにちは – Hej
ご機嫌いかが? – Hur mår du?
ありがとう – Tack
さようなら – Hejdå
スタジアムはどこですか? – Var ligger stadion?
どちらが勝つと思いますか? – Vilka tror du kommer vinna?
ニートルゲットはどこですか?– Var ligger Nytorget?
(ビールを)1パイント、お願いします – En stor stark tack
今日のチームには誰が出ていますか? – Hur ser dagens laguppställning ut?

ストックホルム中心部の美しい景色
ストックホルム中心部の美しい景色©Thinkstock


1日のプラン
朝食:
ストックホルムの街はカフェには事欠かず、特にサント・エリクスプラン地区のロールストランドガータン周辺に非常に多い。地元の人たちがこよなく愛する朝食メニューは、ライ麦パンにスライスしたゆで卵と“キャビア”を乗せたものだが、スウェーデンでは“キャビア”はすべての魚卵を指す言葉で、まったく高価ではないのでご安心を。
昼食まで:
街のどこにいても、すぐそばに水辺があるのがストックホルムの特徴だ。中心エリアのガムラ・スタンにある王宮から港沿いに進むと、フォトグラフィスカ(写真博物館)に行き当たる。ここで港を行き交う船を見ながら昼食を食べるもよし、あるいは中心部に戻り、スルッセン地区で名物のニシンのサンドイッチを買い求めるのもいいだろう。
午後:
買い物を楽しみたいなら市内中心部のセルゲル広場へ。このエリアにはデパートやショッピングモール、ブティックなどが立ち並んでいる。
夜:ストックホルムで最もにぎわうナイトスポットが、パブやクラブが林立するストゥーレプランだ。もう少し通好みの場所を、という観光客には、セーデルマルム地区にあるニートリエット広場周辺のバーがお勧めだ。
夜食:
深夜に小腹が空いた人向けに、街の至るところにソーセージ屋台が店を出している。また、ハンバーガーやケバブ、ファラフェルなどの屋台も街中ならすぐに見つかるはずだ。


お役立ちリンク集
ビジット・ストックホルム: https://www.visitstockholm.com/
ロンリープラネット: https://www.lonelyplanet.com/sweden/stockholm
アーランダ空港: https://www.swedavia.se/arlanda/
ウィキペディア: https://en.wikipedia.org/wiki/Stockholm
スウェーデン・サッカー協会(SvFF): http://svenskfotboll.se/

2017年UEL決勝チケット:ストックホルム

ストックホルムのフレンズ・アレナで開催される今季UEFAヨーロッパリーグ決勝の国際チケット販売が終了した。
チケット